ザファブルネタバレ237話(最新話)!考察や感想も!【父親の男…。】

ザ・ファブル の最新話237話は2019年10月28日の週刊ヤングマガジン2019年48号に連載されております!

ここでは、ザ・ファブル の最新話である237話「父親の男…。」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもザ・ファブル 237話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ザ・ファブル 237話「父親の男…。」のネタバレ

出勤

今日から誰も殺めぬ“ふつう”の朝ーーー…アザミはオクトパスの出勤する。

アザミの出勤に、田高田社長は危篤のおばさんが大丈夫か心配するので、アザミはなんとか持ちこたえたと答える。

そんなアザミに社長は休みをあげた際、危篤なのに笑顔で応対したことを申し訳なさそうにした。

「「おはようございます」」

アザミに続いて出勤する、アキラとミサキーーー…ミサキは眼鏡のないアザミに、思わず突っ込んでしまうのだった。

「アザミに仕事あるぞ〜〜イラストの〜〜」

社長からそう言われ、嬉しそな声をだすアザミ。

整骨院の腰痛のイラスト依頼で、アザミのなんとも言えないタッチのイラストが合うかな…という、社長の判断だった。

二つ返事で引き受けるアザミに、アキラは「よかったなー」と応援する。

仕事を開始するオクトパスの社員たちーーー…、社長は静かにアキラとミサキを交互に眺めるのだったーーーーー…。

出発は今夜の夜

「これで全部ーーあとは捨てといていいから〜〜」

ヨウコがまとめた荷物は小さいダンボール2つ。

出発は今日の夜ーーーー…、ユーカリは急すぎる別れに驚くが、ヨウコはアキラに何か考えがあり、そうしたいんだろう…と話す。

そしてヨウコはハムスターのオーイのこと、それに真黒組への家賃をちゃんと払うことをお願いする。

オーイのことは、エサをあげるだけじゃない…ちゃんとかわいがるのだ、真黒組は海老原ともちゃんと話をつけているのだから…、とユーカリに念を押すのだった。

ユーカリは「わかってるよー」と了承し、ヨウコらの旅はどこに行って、何で移動をするのかを問うが、それもアキラまかせだ…と、ヨウコ自身は知らなかった。

アキラはスゴいやつだがそういう所は頼りないからユーカリは少し心配ーーー…しかし、『だからこそ』ヨウコがついていくーーー…それにこれはボスの最後の命令なのだ。

ヨウコの出発に、ユーカリは寂しさを覚えることを呟く。

それはヨウコを妹みたいに感じていたからーーーー…しかしそれにヨウコは「え゛っ!?」と驚く…それはヨウコ自身がユーカリのことを弟っぽいと感じていたからなのだったーーーー…。

報告

マツは海老原に細かい経緯を伝えるため会いにいくーーーー…。

二郎は身分のわかりそうな物は取り上げ、場所が場所だからテントにそのまま置いているとも伝えるマツ。

しばらくは誰も中で人が死んでるとは思わない、という考えからだ。

そして山岡が仕込んだGPSーーー…それは二郎の靴の中にあり、シャーペンの芯のようにほそく小型なもので、恐らく山岡が二郎の寝ている間に注射器で仕込んだのでは…とマツは推測する。

もちろんこれは一般的には出まわってないーーー…、しかしあと10年もしたらこれが当たり前のサイズになるかもしれない…と推測するのだった。

『俺もあんたももっと先の先を考えないといけない 常人が理解し難いーー…そいつらに鼻で笑われるくらいのな』

ボスは小型の盗聴器を眺めながら、ボスの言葉を思い出すのだったーーーー…。

そして海老原はマツに、二郎は今いる部屋で毒を作り組長を殺した‥そして己も山で死んだーーーー…「あとはおまえやー」とマツをじっと見る…。

マツの顔には冷や汗ーーー…海老原は懐から銃をだすマツに向けるーーーー…

「山岡に娘を人質に取られー脅されてようがこっちは関係ない 俺達はヤクザや 親を殺されて黙ってろってのは無理なんや〜〜〜」 

海老原は組としてのケジメはコレしかない…と話し、マツも「……すまない…」と言い、それを受け入れようとするーーーー…

“カチッ”

ビクッとするマツだったが、銃弾は出なかった。

「心臓に一発ーー叩かれたような衝撃やーー血が吹き出して眠くなるように意識が遠のいていくーー……マツはここで死んだーー…」

マツは死んでいない…しかし海老原、そして高橋も『マツは死んだ』と話すのだった。

海老原はヨウコから連絡があり、マツの事について念を押されていたーーー…佐藤兄妹には借りがたくさんあり、海老原は不本意だが、借りはちゃんと返すーーーー…ヤクザだからだ。

「闇商人のマツは死んだーー娘のことへ帰れ ただの父親としてーー」

マツに背をむけて話す海老原ーーー…マツは涙し、「はい…」と答えるのだった。

スポンサーリンク

ザ・ファブル 237話までを無料で読む

ということで、ザ・ファブル 237話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ザ・ファブル 237話を含めた週刊ヤングマガジン2019年48号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ザ・ファブル 237話の感想・考察

ザ・ファブル の最新話いかがでしたでしょうか!

前半は『ふつう』の人として生きていく、アザミたちの始まりのシーンでした。

なんとも社長はいい人ですよねぇ…( ´∀`)
なんとなく空気の読めないときはありますが…笑

人をちゃんとみて、人を思いやれる…そんな社長のもとで、働くことができるのはいいですよね。
アザミ…そしてユーカリには頑張ってほしいです。

そしてヨウコとユーカリ…地味にこのコンビ好きなんですよね♪( ´θ`)
少しバカっぽい…じゃないけど…会話のテンポが好きです。

それにお互い『弟』『妹』っぽいって思ってたとこ…、結局2人とも年下感がいなめないところがでましたね…(°_°)笑

そして怪人に支配されていたマツーーーー…、体よく操られてきた悲しき罪人の最後ーーーー…。

どうか娘さんと、“ふつう”に生きていってほしいです。
涙を流すマツーーー…相当覚悟はしていたでしょう。

どうかこれからは娘さんの側で、生きていってほしいな…と素直に思いました。

次回のファブルは『お別れの男…。』です!
アキラとお別れ…ということですかね…(;´д`)

ミサキにはどう別れを告げるのかーーー…必見です!

ザ・ファブル 237話についてのまとめ!

ザ・ファブル 237話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ザ・ファブル 237話を含めた週刊ヤングマガジン2019年48号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください