ゆびさきと恋々ネタバレ3話/1巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

ゆびさきと恋々の最新話3話は2019年9月24日のデザート2019年11月号に連載されております!

ここでは、ゆびさきと恋々の最新話である3話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもゆびさきと恋々3話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ゆびさきと恋々3話のネタバレ

自覚してしまった恋と言う気持ち

自分の逸臣への気持ちが「恋だといい」と気づいてしまった女子大生の

彼から旅の土産をもらったこともあり、友人のりんに校内のカフェテリアで話しかけたい彼女だったが、
他の友人と会話が盛り上がっているのを邪魔したくない。

ためらっていると、雪の幼馴染で手話が仕える桜志が話しかけてきた。

彼の言葉はなぜかいつも棘を感じさせる。

しかし、雪は時々彼の指が弱弱しくなるのを見ると、そこにためらいがある気がするのか、
『本当は心配してくれてる』のではないかと思うのだった。

そんなやりとりを壁際でしていると、雪はいつの間にか近づいていた逸臣とぶつかった。

彼は何気に、雪の頭をワシワシと撫でると、何も言わずに立ち去っていく。

近くに座った逸臣は、手話の会話を続ける二人を眺めていた。

それは桜志も気が付いたが、雪には何も言わない…。

そのうち、りんが雪に気が付いて駆けつけてきた。

やっと雪は、彼女に目的の気持ちを伝えることが出来る。

……逸臣への想いは恋だ、と。

両手で作ったハート型を見て、りんは雪と抱き合って喜んだ。

りんは逸臣がバイトをしているレストランのオーナーの彼の叔父に想いを寄せている。

逸臣も店長も今の所彼女がいないのは、りんがリサーチ済みだ。

大学生の長い春休みを利用して、二人でそれぞぞれで頑張ろうと言うりん。

手話に興味を示し始める逸臣

が、雪は、そもそもその頑張るのスタート地点が解らなかった。

ふつうの人付き合いと言うものさえわからない雪には、初めての恋などどう行動すればいいのか、未知のせかい。

そんな風にためらう雪だったが、カフェテリアで綺麗な女性たちと会話していた逸臣と目が合い、雪が「こんにちは」と手話をする。

と、逸臣は興味を示して、ラインでメッセージを送ってよこした。

近くに寄って、同席の女性たちにもあいさつした雪は、ラインを使って逸臣に、
『手話を覚えたいなら私がいつでも教えます』と伝えるのだった。

レポートを提出する為にその場をあとにする雪を彼らは見送る。

友人のりんはとうぜんとしても、逸臣と話していた感じの良い女性たちも共に手を振ってくれたのが嬉しい雪だった。

自宅では自作の手話ノートを作ろうとする雪だが、母にも絵が下手だと笑われる始末。

それでもそれを手にして、後日雪は再び逸臣のバイト先のレストランを訪れた。

逸臣さんなら大丈夫

レストランについた雪だったが、
雪の方から聞きなれないキーンと言う高い音がしたため、逸臣はそれは何かと質問する。

補聴器はうまくあっていないとハウリングを起こす仕組みだ。

さらに逸臣は、彼女がどれくらい聞こえるものなのかと尋ねる。

彼女にとっては全ての音は混ざっている感じがする。

何の音か、方向も分からない。

そして、補聴器を外すと何も聞こえないのが雪の世界なのだった。

それらが小さなホワイトボーでのやり取りで交わされていたため、同僚が逸臣の遠慮のない態度に青ざめて、代わりに謝罪する。

雪たちの相手をしながらも、そつなくフロアーの仕事をこなす逸臣を、雪は目で追っていた。

雪自身は気にしていないが、自分に興味や好奇心を抱いてもらったことが逆に嬉しかった。

仕事をする彼と目が合った雪は、手作りのつたない手話ノートを彼に手渡す。

パラパラとめくってみたが、結局「直接教えて」と雪に言う逸臣だった。

彼の指は長く、力強くて、何もかもを包み込んでくれそうな手話と感じて、雪は見惚れていた。

彼が真剣に手を動かすのを眺めているうちに、ときめきのせいか下を向いてしまう雪だったが、
逸臣はそんな彼女のあごに手を置き上を向かせる。

自然に顔が赤くなるのを雪は隠せない。

りんが、そのように急な態度は注意した方がいいと告げると、逸臣は謝るが、

雪はホワイトボードに一言…。

『逸臣さんなら大丈夫です』

心臓がドクドクと高鳴り、逸臣に訊かれるのではないかと雪は心配になる。

それは、好きだと解釈されてもおかしくない文章だったが、いまさら訂正も出来ない。

逸臣を見つめる雪を、逸臣もまたまっすぐに見返してきた……。

スポンサーリンク

ゆびさきと恋々3話までを無料で読む

ということで、ゆびさきと恋々3話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ゆびさきと恋々3話を含めたデザート2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ゆびさきと恋々3話の感想・考察

恋と自覚してしまうと、相手のありとあらゆる行動が気になってしまいますよね(*´∀`)

誰と話しているか、どんな雰囲気か、いちいちヤイてはいられなくても、多分そんな心情も、雪には初めてなのでしょう。

もしかすると、それを黒い気持ちとして、受け止めて、これまで知らなかった人間の心にも気づいていくことになる気がします…。

でも、どちらかというと楽天主義っぽい彼女なので、まあ、それほどそこに振り回されたりはしないでしょうが♪

手話ノートは絵が下手すぎて失敗だったようですが、それはそれで結果オーライ。

雪が直接教えることで、またまた逸臣と接近できました!

自分の視界に入らない所からの突然の相手の行動には驚きすぎてしまう雪ですが、逸臣ならOKとか伝えてしまうし…とはいえ、どうせまだ彼は彼女の恋心には気が付かなさそうですけど(T▽T)
ところで、雪の幼馴染の桜志くん。

とげとげしいですが、そもそも彼女のために覚えた手話なのでは?
言い方はどうかと思う点が多々ありますが、彼女が感じているように心配している感じは受けます。

というか…逸臣とは恋のライバルになりそうですね。

ますます楽しみになってきたこの作品。

これからも見逃せません!

ゆびさきと恋々3話についてのまとめ!

ゆびさきと恋々3話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ゆびさきと恋々3話を含めたデザート2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA