山口達也の被害者女性は15年前からいた!当時15歳の未成年女性は誰?

週刊新潮より、とんでもないことが発覚しました…。

最近かなり世間を騒がせている山口達也さんのわいせつ行為ですが、なんと!15年前から繰り返されていたんです!!

これはヤバすぎです(;^ω^)

しかも15年前に被害に遭ったリアルな当時15歳だった女性から証言が出て、その内容も明らかになっていきました。

今回は、その15年前に事件や被害のあった女性が誰であったのか、気になったので見ていこうと思います。

スポンサーリンク

山口達也は15年前から常習的にわいせつ行為をしていた!

週刊新潮により、15年前のわいせつ事件についての詳細が明らかになりました。

当時15歳だった女性(仮:田中さん)から話を聞くところ、15年前に宮崎の繁華街で友達と遊んでいたところを山口さんのマネージャーを名乗る男から声をかけられました。

その後ろには、電柱の陰にキャップ姿の山口さんがいました。

田中さんは自分の年齢を言うと、マネージャーの男は「未成年か」と言うだけでした。

目立つからと言われ、田中さんと友達二人はタクシーに乗せられて、山口さんが宿泊している旅館に連れていかれました。

部屋に入ると、すぐに酒盛りが始まって、未成年の田中さんに酒を飲めと勧めてきて、怖かったのでチューハイを飲みました。

その時に、

「DASH村とか、農業とか面倒くさい。正直だりぃよ」

というグチもこぼしていたとのこと。

田中さんがトイレにいこうとすると、山口さんが追いかけてきて抱きしめてきて、キスをしました。

部屋に戻ると、マネージャーの男と友達もいなくなっていて、部屋に二人きりになってしまいました。

その後、山口さんが「いいから」と言って、強要してきたようですが、田中さんは当時男性経験がなかったため、激しく抵抗しました。

スポンサーリンク

ジーパンが破れるほどの抵抗だったそうです。

その日は何事もなかったそうですが、翌日山口さんから実家に誘いの電話がかかってきました。

田中さんは有名人だからという理由や興味から、再び山口さんの旅館の部屋を訪れました。

部屋を訪れると、山口さんは片肘をつきながら居眠りをしており、そばにエロ本が転がっていました。

山口さんが目覚めると、すぐに二人きりにされて、抱きつかれました。

田中さんは「したことがないから」と拒否をしたものの、山口さんが「優しくするから」といって押し切られられました。

感想であるので、多少表現が違ったりしますが、おおまかな内容はこのような感じで、非常に信じられない内容です。

また、15年前からしていたってヤバくないですか??

この山口さんの過去についての詳細は、週刊新潮「5月17日号」に書かれてあるので、こちらをご覧ください!

15年前に被害に遭った女性は誰?

証言をしてくれた勇気ある女性だと思いますが、ここでは詮索しないようにしたいと思います。

ただ、悲しい過去があったことに関しては同情しますし、今証言をしてくださったことに関して感謝したいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コチラの関連記事もチェック!↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

16 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です