山口真帆のマンション場所はどこ?なぜ犯人は寮を特定できた?

女性アイドルグループ「NGT48」の山口真帆さんが、2018年12月に被害に遭った暴行事件が最近話題になっています。

このようなストーカーのような被害は後を絶たないのですが、SNSなどネットが発達した時代に歯止めをかけるのは厳しそうな感じがしますよね~。

可愛い山口真帆さんなのですが、今回犯人は山口真帆さんが住んでいるマンションを特定できたわけなんですが、どのような経緯で知ることができたのか気になりませんか??

マンションの場所をリークしたのは、内部犯だったという可能性もでてきているようですが、イマイチ分かりません・・・。

ということで今回は、山口真帆さんの事件についてや、マンション場所について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

山口真帆のマンションはどこ?寮の場所は?

さて、山口真帆さんのマンション寮が特定され、その場所で暴行をされたということが明らかになりました。

幸い、山口真帆さんに怪我などはなく、犯人に口を抑えられただけで、すぐに運営に電話し、警察が駆け付けたとのことで、まずは安心しました。

もし、最悪レ〇プなど、暴行をされたとしてたトラウマになって、山口真帆さんのアイドル人生が終わってしまうということも考えられましたよね。

そして、気になるのは山口真帆さんがそんなセキュリティの甘いところに住んでいたのか、ということ。

だって、有名なアイドルグループが誰でも入れるところにいたら、そんな事件が起きるのは、ぶっちゃけこのご時世あるような気がします笑

山口真帆さんのマンション寮を調べてみたところ、具体的な場所は分かりませんでした。。。

まぁ露呈していたら、それこそ問題なので当たり前ですね笑

ただ、ネット上の情報をもとにすると、

  • 新潟県の高級マンション
  • 1フロア一括で借りている
  • オートロック
  • 24時間管理人はいない

ということになります。

ということは、他のメンバーにバレなければ、自宅のマンションに誰でも連れ込めるということですね。

まぁリスクが大きすぎるので誰もしないと思いますが笑

1フロア一括だとしても、いざアイドルグループが住んでいるマンションが同じだと確かにソワソワしますね^^

でもまぁ~マナーとして、知っていたとしても話しかけないようにしますが。。。

また、今回の事件より、事件のあったマンションを引き払い、新しく探すようなので、安心ですね^^

スポンサーリンク

山口真帆のマンションをなぜ犯人は特定できたのか?

次に、なぜ犯人は山口真帆のマンションを特定できたのか、というところです。

正直、僕はアイドルに疎いため、どのようにして特定したのか気になりますし、身内が暴露しないとそんな簡単に分からないと思うんですよね。

身内にしろ、外部の人にしろ、それこそリスキーですし。

調べてみると、女性セブンにて、真相が明らかになってきました。

今回、逮捕されたのは、無職男性Aと大学生Bなのですが、有名なファングループ所属していて、そのつながりで元々アイドルと仲が良かったそうです。

また、犯人は太オタと呼ばれていて、グループに多額をつぎこんだり、選挙対策委員会というものを作り、推しメンを選挙の上位に来るようサポートしていました。

イケメンもいたせいか、メンバーからもよく知られていたのですが、2018年4月からイベントにこなくなりました。

それは一部メンバーと直接連絡をとっていたのではないかと噂されてたので、そこからマンションの住所を割り出していったとも考えられますね~

そして、驚くべきなのが、この犯人二人はマンションの住所を特定するだけでなく、なんと2018年4月から、山口真帆さんが住んでいるマンションに住み始めたそうです。

え・・・?

2018年ってジャストやんw

というか気持ち悪すぎでしょ。。。

犯人の二人は暴行容疑で逮捕されましたが、その後不起訴になりました。

山口真帆さん含めアイドルの人達は、結構これ怖いと思うんですよね。

だって、またやるかもしれない犯人がそこまでお咎めもなく、野放しになっているってことですからね。

まだまだ分からないところもあるので、分かり次第追記していこうと思います。

山口真帆事件についてのまとめ

  • 自宅マンションの場所は不明だが、いたって普通の住居。
  • オートロックはあるものの、管理人が常駐していない。
  • 犯人は直接連絡をとっていた可能性が高い。
  • 山口真帆の自宅マンションに住んでいた。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA