約束のネバーランドネタバレ135話(最新話)!考察や感想も!

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

約束のネバーランドの最新話135話は2019年週刊少年ジャンプ26号に連載されております!

ここでは、約束のネバーランドの最新話である135話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても約束のネバーランド 135話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

約束のネバーランド135話までのあらすじ

砂漠のような大地、果てしない空間。
大人になってしまったレイは、孤独な旅を続けていた。

エマ…おいエマ…!  そうか…もういないのか…

呼びかけるもかつて共に歩んできたエマの返事はない
今がいつかも、自分が誰かもわからなくなってしまったレイ。

それでも、“七つの壁”への旅は未だ果てしなく―――。

約束のネバーランド135話のネタバレ

ノーマンの頼み

物語りは一旦レイ側の話を離れて、ノーマン側へと移ります。

ドンとギルダはノーマンからある頼みごとをされました。

かつてエマたちと共に森で出会ったムジカソンジュという鬼を探してほしいというのです。

ドンは真剣な面持ちでノーマンに尋ねます。

「でも2年も前だぞ どうやって…」

ノーマンは地図を広げます。

「彼らが通りそうな場所をリストアップした」

そう話すノーマンは穏やかな顔つきで二人にお願いをします。

ノーマンの天才的な推理力のもと、ドンの行動力・ギルダの慎重さを合わせれば、無理ではない話のようにも思えます。
加えてドンとギルダは2年前、ムジカらと懇意にもしていました。

「彼らを見つけだしてほしい、誰よりも早く」

ラートリー家や王家から保護する目的だとノーマンは言いますが、ドンとギルダはどうも懐疑的です。

ムジカとソンジュという特殊な鬼

ここで一旦、ムジカとソンジュという特殊な鬼についてご説明させてください。

元来、鬼というものは人間を食べなければ知能やその形状を維持することができない生き物であると考えられていました。

その証拠に知識を失い退化・形状変化の道を辿ってしまった存在がいます。

それが森にいる”野生鬼“たちです。

ノーマンの作戦では、現存する農場をすべて破壊し鬼達の人肉の供給源を完全に経つことができれば、鬼たちを少しずつ退化させてゆけるというのが大筋の作戦でした。

ですがここで、そのノーマンの作戦を根底から覆してしまうような存在が現れるわけです。

それが、エマたちがかつて森の中で出会ったソンジュムジカという2人の鬼。

彼らは宗教上の理由から、天然物の人肉しか食べることができません。
つまり農場で育てられた人間を食べることはできないというわけです。
しかし彼らは、天然ものが根絶されている隔離された鬼の世界で、人間を食べられない状況でも、退化や形状変化をすることなく知性を保った姿で森を旅していたのです。

この2匹の鬼はノーマンにとっては完全なイレギュラー
作戦の妨げとなる厄介な存在でした。

ノーマンの狙い

そんな中ノーマンから依頼される”ソンジュとムジカ探し

ノーマンの狙いは明白です。ドンとギルダも馬鹿ではありません。

さらに、ノーマンのことです。
ドンとギルダが自分の思惑の本意に気付いてることも承知のはず。

互いの腹の内を知りながらも、ドンとギルダはムジカたちを探す旅にでることにしました。

犬使い・アイシェ

そしてソンジュとムジカ探しの旅に護衛として同行することになったのは、3匹の犬と、どこか虚ろな瞳をした少女でした。

褐色の肌のその少女の名はアイシェ

ドンとギルダが話しかけてもそっぽを向いて取り合おうとはしませんでした。

どうやら気を許す仲になるつもりはない様子。

話によれば元々は鬼に飼われていた過去を持つ少女で、話しをすることはできないそうです。

狙撃の腕も一流で、犬3匹を従えて探索範囲や追跡にも長けるアイシェ…。

ドンとギルダはこのアイシェがただの自分達の護衛ではないことに勘づきます。

大人になってしまったレイと…

一方ラストではレイ側へと一瞬スポットが向けられます。

大人になりボロボロの姿で何処とも分からぬ場所をさ迷い歩くレイ。

そしてなんとその手には、赤ん坊を抱いているではありませんか…!

しかもその赤ん坊には、どことなくエマの面影が…!?

スポンサーリンク

約束のネバーランド135話までを無料で読む

ということで、約束のネバーランド135話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、約束のネバーランド135話を含めた2019年26号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

約束のネバーランド135話の感想・考察

行方のわからなくなっていたエマでしたが、まさかまさかの赤ん坊の姿でレイと共に生存しておりました!

しかしここで疑問が浮かびます。
なぜ共に行動していたにも関わらず、レイは大人に、エマは子供にと別々の現象が起きてしまったのでしょう…?

前回は「二人があまりにも迷路の中を彷徨いすぎて、レイは大人になってしまった。エマとは逸れてしまったか、エマはあるいはもうすでに…」なんて考察が読者の間で飛び交っていたわけなのですが…。

これはどうやら”時間を操る何らかの現象”が二人を襲ったようですね。
現実世界ではそれほど時間は経過していないのかもしれません。
探し人である”あの小鬼”は、「あそぼうよ」といってエマとレイをこの大迷宮へと誘いました。
その小鬼のイタズラ?遊んでいるつもり?なのでしょうか…。
真相はまだまだハッキリとはわかりません。

そして同時進行が始まったドンとギルダ側のエピソード。
ソンジュとムジカは無事見つかるのでしょうか。
また見つかった先でアイシェの手から二人を守ることはできるのか…。

それぞれの目的・思惑が飛び交う見逃せない展開になってまいりました!

約束のネバーランド135話についてのまとめ!

約束のネバーランド135話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、約束のネバーランド135話を含めた週刊少年ジャンプ2019年26号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA