約束のネバーランドネタバレ134話(最新話)!考察や感想も!

約束のネバーランドの最新話134話は週刊少年ジャンプ2019年24号に連載されております!

ここでは、約束のネバーランドの最新話である134話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても約束のネバーランド 134話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

約束のネバーランド134話までのあらすじ

「人間は鬼を狩らない。だから鬼も人間を狩らない。」
                お互い世界を棲みわけよう」

そうして二つの世界を結ぶ扉は閉ざされ、「二度と行き来はできない」という約束が鬼と人間の間で交わされた。
しかし鬼たちは人間を食べなければ知能がどんどん退化していってしまう…。

そこで作られたのが食用の人間を管理・養殖するための「農園」

食用児だったエマたちは、自分たちの自由を手に入れるため、農園を脱走に成功。

「二度と行き来はできない」という鬼と人間の間に結ばれた約束を打ち破るべく、「七つの壁」と呼ばれる場所へ続く扉へ入るが…。

扉の向こうには、かつてエマたちが育てられ、脱走をしたグライスフィールドハウス。
しかしその場所はグレイスフィールドに似て否なる世界でした。

その中で二人を襲う奇妙な現象の数々に遭遇します。
骸骨化したママと兄弟たち。天地がちぐはぐになる空間。
翻弄されるエマとレイ。

しかしその先である人物と再会することに。
それは、かつてクヴィティダラで出会ったあの時の小さな鬼で……?

約束のネバーランド134話のネタバレ

「もう わけが わかんねぇ…
  ここはどこだ 今は何年(いつ)だ
     エマ…おいエマ…!

          そうか…もういないのか」

一人、大人になってしまったレイ

砂漠のような大地。そこに刺さる無数の風車。
ぽつんと置かれた衣装タンス---。

レイは、そんな奇妙な空間を、ボロボロの姿で彷徨っていました。

(あれからどれだけの時間が経ったのだろう)

彷徨うレイの姿は、背が伸び、大人の身長になっています。
しかし顔を上げたレイの顔は、やつれ、皺だらけ…

レイ「俺は誰だ?」

自分が誰かもわからなくなってしまったレイ…。

奇妙な空間の中で7つの壁を探すうちに、とてつもない月日が経ち、レイは迷宮の中で大人になってしまったのでしょうか。

一人彷徨い歩き「エマはもういない」と発言している所から、エマとは逸れてしまったのでしょうか。あるいはエマはもう…?
現段階では何も定かにはなりません…。

回想:シェルターの中へ…

場面は変わって、前回のシェルターらしき穴へと2人が入っていくシーンへ切り替わります。

何をどうすれば道が開かれるのか不明ですが、ここで出てくるのが、かつてエマたちが手に入れた「七つの壁場所が記された暗号」、手がかりは今のところこれしかありません。

この謎を解き明かせば、きっと「あの子」に会える。
エマはそう発言し、手がかりを元に2人は先へ進もうとします。

【暗号】
クヴィティダラの竜の目で 昼と夜を探すべし
まず北へ10里  つぎに東へ10里
つぎに南へ10里  つぎに西へ10里
天へ10里 地へ10里
砂の間(はざま)で矢が止まり 
日が東へ沈むとき地が哭(な)き壁は現れる
彼と我らを隔(わか)つもの 即ち七つの壁なり

しかし、10里進もうにもここはシェルターの中です。
おまけに天地もなく、引力を無視した無茶苦茶で奇妙な空間です。

エマ「天井を歩いているみたい」

同じドアを通っても同じ部屋に出ることができない難攻不落の迷宮のような構造。
エマは、たくさんあるドアたちは、開け閉めごとに違う部屋に繋がるのでは?推測します。

2人はひるまず先へ進もうとします。

進んだ先にあったものは

ここでシーンは砂漠のような場所をさ迷い歩く、大人のレイの回想へ移ります。

レイたちは本当にできると思っていました。
この迷宮の謎を解き明かしてクリアすることができると、そう思っていました。

迷宮を打ち負かすことが、その闇を打ち負かすことが、本当にできると高をくくっていました…。

しかし現実は……。

今回はここまでとなりました。
続きがとても気になるところですが、「約束のネバーランド」次回は休載になります。
再会は26号の予定です。

約束のネバーランド134話までを無料で読む

ということで、約束のネバーランド134話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、約束のネバーランド134話を含めた2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

約束のネバーランド134話の感想・考察

突如始まったレイの大人パート!
やつれ、皺だらけになったレイ…一体どれほどの月日をこの場所で彷徨い歩いたのでしょうか…レイは本当に年をとってしまうほどの年月をこの場所で過ごしてしまったのでしょうか…。
そして親友・エマの行方は…!?
この施設へ入ったとき、エマとレイは不覚にも一瞬離れ離れになってしまいました。
そのことから考えるに、二人はただ離れ離れになってしまっただけで、エマはどこかで生きている…読者としてはそう信じたいところですが…果たして真相は一体…!?

約束のネバーランド134話についてのまとめ!

約束のネバーランド134話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、約束のネバーランド134話を含めた週刊少年ジャンプ2019年24号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA