ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しでネタバレ5話/2巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しでの最新話5話は2019年10月12日の別冊フレンド2019年11月号に連載されております!

ここでは、きみはかわいい女の子の最新話である5話「鈴木さんの家で」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話「鈴木さんの家で」のネタバレ

フミ

フミは部活で短距離を走るーーーー…今日も1着でゴールだ。

そんなフミにいそいそと女子がタオルを差し出す…すると「ありがとう!」とフミはニコッとはにかんでタオルを受け取るのだった。

それに“きゅ〜〜〜ん”とする女子部員たち…タオルを渡した女の子は、フミに部活あと…とお誘いをしようとする。

しかしフミは裏門から出て行く、あずさとチカを見つけ女の子に「ちょっとごめんね」と言ってその場を去るのだった。

がーん…とする女の子に、ほかの女子部員があきらめなよ…と声をかける。

「朝比奈さんしか見えてないもん深谷くん お似合いすぎるよね 美女とイケメンで幼なじみって」

そうフミはいつでもあざさ一筋ーーーー…それは誰から見てもわかることなのだった。

一方、裏門から出て行ったあずさとチカーーー…

チカの身体にいるあずさは車に乗り、帰路に着こうとする。

一緒に乗って行くわけにもいかないし…とあずさの身体にいるチカは車を送り出すのだった。

車を見送ったチカは自分も引き上げなくちゃ…とその場を去ろうとすると、そこにフミがやってきた。

「ちょっと…いいか?」

フミはすこし深妙な面持ちであずさに問いかけるのだったーーーー…。

フミの追求

車の中、松本マネージャーは今日のファンの騒動について謝った。

今後は学校に協力してもらって対策を考えるとのことだ。

「ーーーところで なんでまた入れかわっちゃったの 心当たりある?」

マネージャーの問いに、掃除道具入れで密着したことを頭に思い浮かべるあずさーーーー…しかしそんなことを言えるはずもなく、「わかんないです!!」とキッパリ言い張るのだった。

車が目的地に到着するーーーー…そこは見覚えのある場所だったーーー…

場面変わって、チカとフミーーーー…

チカはその場を切り抜けようと急いでいる雰囲気を出すが、

「ーーおまえさ 今日ーー変じゃね?」

フミの言葉にチカはドキッとする。

フミは昼間の侵入者相手のあの立ち回り、そんな格闘あずさができたことを不思議に思う。

それにチカといくら親戚だとしても、わかったのは昨日のはず…そのわりに親しすぎるのが疑問だったのだ。

続けて今思えば、ライブに迎えにいったときもフミの家に入ろうととしなかったりとおかしい行動があったーーーー…フミは「あずさ おまえーー何かあるのか?」と疑問をぶつけた。

チカはフミがなかなかカンがよく焦るーーーー…なんとかこの場を乗り切ろうーーー…

「ーーー実は…あの事故のあとーー…ちょっと頭がおかしくて…」

考えたすえに出た言葉がこれだった。

しかしフミは「そんなの今さらだろ」と言うので、チカも思わず心の中で賛同してしまう。

しかし何とか乗り切るために…とペラペラと自分に“後遺症”があるとし、フミを納得させようとするーーーー…なんとかなったか…そうチカが思うと…

「ごめん…っオレ…ずっとあずさの近くにいたっていうのに 気づけなかった…!」

オレのバカヤロウッ…!とフミは壁を叩いた。

フミはこの先は自分を頼って欲しい…とチカに「大丈夫!」とはげまし、送っていくから一緒に帰ろう…と半ば強引に一緒に帰るのだったーーーー…。

お隣の鈴木さん

フミはあずさを家の前まで送り、明日迎えに行くからなーと部屋に入って行った。

それを見届けたチカは、あずさの家ーーー…ではなく、その隣の家へと入って行く。

するとそこにいたのは、あずさとマネージャーだった。

これはマネージャーの計らいで、これだけ近くにいればすぐに対応できるし、完全に元の生活に戻れるまでの拠点にしようというのだ。

ここに住んでいた鈴木さんは、駅近新築一戸建てをちらつかせて出て行ってもらったのだった…。

マネージャーは一通り説明し、家に家族(猫)が待っているから…と帰って行く。

強引な手ではあるけど、実際今役立ってるし…と2人は話す。

あずさの頭の中現在、チカがとうとうお隣さん…これはもうひとつ屋根の下ーーー!!(嘘ではない)と頭の中が盛り上がっていた。

チカは「あ そういえば」とフミがカンがよく、怪しまれたことを伝え、2人の中に注意の認識を共有する。

“ぶるッ”

2人はあるものを感じ、チカはあずさの家へと戻る。

お互い1人になってトイレに入った。

本人の目の前で入るのは、2人とも気が引けていたのだったーーーー…。

1人きり

あずさはトイレを済まし、手を洗うーーーー…ふとあずさは気づいてしまった…今…自分はチカの姿になってからはじめて1人であることをーーーー…。

そう気づいたあずさは写真を撮りまくった。

キス顔、意外性、あこがれのシチュエーションーーーー…やりたい放題だった。

カメラのフォルダを眺めてながら、もう思い残すことはない…とあずさはソファでゴロゴロする…「思い残すこと…」もう一度言葉を反復するあずさはふと、服の中に目がいき、“にちゃぁ…♡”と無気味な笑みをこぼすのだったーーーー…。

チカはというとご飯も食べ、ベットで横になっていた。

そのままうとうと…と眠りにつきそうになるが、いやいや!なじんでどーすんだ!次はいつ戻るんだよッ!と起き上がったその時…

「おフロ入っちゃってー」という母からの言葉…お風呂どうしよう…でも必要だし仕方ない…とうんうん…とうなずくチカ…しかしあることに気づく。

(あいつ風呂どうする気だ!?)

チカは慌てて部屋を出るーーーー…家の扉も親に気づかれないようにそ〜〜っと出て行く…。

“パタン…”

小さく扉が閉まる音ーーーー…ふつうなら誰も気に留めない…しかしフミは、これがあずさが玄関を閉じる音だと気づくのだった。

フミが家の扉を開けると、あずさ(チカ)は鈴木さんの家へと入って行く。

今までそんな親しげな様子もなかったので、フミは疑問に感じるのだった。

お風呂タイム

チカは家に入り、あずさを探すーーーーー…するとお風呂場から声がした。

扉をあけると、そこにはシャンプーハットをかぶって泡だらけのバスタブで写真を撮るあずさがいた。

「キャーッ!?チッチカくん!?何してるんですかっ」とあずさは泡の中に隠れるが、それはチカのセリフだった。

「ってかフロ入っ…まさか ぬ…脱いでんのか!?全部!?」

チカは真っ赤になりながらあずさに問うーーーーー…が、「え?だっておフロですよ?」と“当然じゃん引くわぁ…”みたいな顔をあずさはするのだった…。

チカはお互い様…ということで、自分も戻っておフロに入ってこようと話す。

しかし自分のことは棚にあげ、あずさは全力でこれを止めた。

恥ずかしさもあるが、主な理由は今日の下着が可愛くなかったからだったーーーー…。

チカが自分の体でお風呂に入るのが許せないあずさは、チカに目隠しをさせてあずさが洗うことになる。

さっそくーーーー…とスポンジで胸を擦ろうとすると「ひゃんっ」と可愛い声が出てきた。

ぞわっと…敏感に感じてしまってチカは驚いたのだ。

あずさはふと鏡を見るーーーー…するとそこにはチカが裸の自分に触っている…という光景。

今現在チカは自分…自分が自分を洗っているだけ…でも見た目は完全に、半裸のチカと全裸の自分がおフロでふれあい…ということになる。

“びちゃびちゃびちゃ”

チカは頭にかかるシャワーがぬるいと指摘するーーーー…しかし実はこれ、あずさの血であった…チカは目隠しをしているから気づかないのだった…。

探偵 フミ

一方フミーーーー…あずさ(チカ)が鈴木家に入って行って1時間が経つが出てこないのを、フミは部屋からずっと監視していた。

そんな時扉から出てくるあずさともう1人の人影ーーーー…鈴木さんかと思ったが、そこにいたのはチカだった。

なぜその部屋にチカがいるのか、というかあずさは一体何をしていたのか…色々気になる点はあったが…

(あずさ…髪をほどいてる…え?まさか風呂…?えーーーー)

フミはこの事実に衝撃を受けるのだったーーーーー…。

チカは部屋に戻りねようとするーーーー…

しかしその時、フミがやってきて 外に出るのだった。

「何?どうした?」とチカが聞くと、フミはさっきどこにいたかを問う。

チカは“部屋”だと言うがそれ嘘…そしてそんなことフミも知っている。

フミは鈴木さんの家を指差し「あの部屋から出てきたろ!?」と問い詰める。

しかもその部屋にはチカ(あずさ)もいることをフミは続けて話す。

回覧板をもっていっただけ…とチカはごまかそうとするも“お風呂に入っていたこと”も指摘され、そんなことまで知ってるのか…とチカは動揺する。

「つきあってんのか!?千田誓志と」

チカの両腕を掴み、問いかけるフミーーー…何か焦っている様子だった。

「おかしすぎるだろ 転校してきて…隣の家にいて…そこからあずさが出てきてーーー!!」

まくし立てて話すフミに、「だからそれはーー」と何とかその場を乗り切ろうと言葉を探すチカーーーー…

“グイッ”

「オレは ずっと好きだったのにーーーー!!」

フミはチカの腕をひき、抱き寄せ告白するーーーー…チカ(あずさ)にだ。

チカの頭の中はパニック状態だったーーーー…。

スポンサーリンク

ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話までを無料で読む

ということで、ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話を含めた別冊フレンド2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話の感想・考察

ヲタ⇄ドルの最新話いかがでしたでしょうか!

いやぁ…フミくんこわ〜〜〜〜(⌒-⌒; )笑
変人(あずさ)のことを好きな人も変人(フミ)だった…笑

でも基本的にフミってイケメンなんでしょうね…
モテてるし…(°_°)

まぁ顔が良くて、あずささえいなければ人当たりもいい…ってなんだかあずさと通ずるもんがあるような…

なかなかおもしろいキャラ登場してきた今回…満足です!

しかしフミくんよ…告白したの…実は目の敵にしてるチカなんだぜ…
チカよ…ここをどうやってやり通す…難しすぎる問題ですね(;´д`)

あずさはフミのことなんも考えてなさそうだし…お気の毒…

あずさもチカいっしょくですもんね…
おフロの件はほんとにひどい…(ノД`)

チカも何となく慣れてきてるのがすごいな…これ…

今のところ常識人はチカくんだけよ…!

次号の展開とても気になりますね٩( ‘ω’ )و
たのしみに待ちましょう♪

ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話についてのまとめ!

ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ヲタ⇄ドル 推しが私で私が推しで 5話を含めた別冊フレンド2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください