ヴォイチェフシュチェスニーの年俸推移を調査!移籍金が驚愕!

ロシアワールドカップが間もなく開催されますが、徐々に期待が高まってきましたよね~!

日本代表が予選リーグで戦う国の一つで、最も強敵なのは、ポーランド代表!

FIFAランキング10位というので、日本の60位と比べると、試合する前から厳しい展開になるのが容易に検討がつきます(;^ω^)

ただ、どのような選手がいて誰が要注意人物であるかというと、その一人がGKのヴォイチェフシュチェスニー選手。

なんと!この選手身長が195cmもあるんです・・・手ごわすぎでしょ笑

ということで今回は、ヴォイチェフシュチェスニーがどのような人物であるのか、年俸や移籍についてなど見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ヴォイチェフシュチェスニーの移籍について!

年俸の前に、まずはヴォイチェフシュチェスニーの移籍先についてですが、これまでこちらのクラブチームに所属してきました。

  • 2004-2005 アグリコラ・ワルシャワ(ポーランド)
  • 2005-2006 レギア・ワルシャワ(ポーランド)
  • 2006-2009 アーセナルアカデミー(イングランド)
  • 2009-2017 アーセナル(イングランド)
  • 2009-2010 ブレントフォード(ロンドン)
  • 2015-2017 ローマ(イタリア)
  • 2017~ ユヴェントス(イタリア)

2009年からプロデビューし、2009年~2017年まではアーセナルに所属するものの、レンタル移籍でブレントフォードとローマに所属していました。

その後、2017年7月にユヴェントスに2021年までの移籍が決定しました。

移籍金はいくら?

ヴォイチェフシュチェスニーはアーセナルと契約をしていましたが、ユヴェントスに移籍した際の移籍金が約1,220万ユーロ(約15億円)でした。

15億円ってすごいですよねw

そこまでしてヴォイチェフシュチェスニーを獲得したかったというので、すごい貢献度の高い選手であることが分かりますよね~。

スポンサーリンク

ヴォイチェフシュチェスニーの年俸はいくら?

さて、気になるヴォイチェフシュチェスニーの年俸ですが、調べてみると2012年で208万スターリング・ポンド(推定20億円)・・・。

まぢで?w

有名クラブチームの正GKってこんなに年俸もらえるんですね^^

しかも今から6年も前なので、当然今はもっと年俸が高いと考えると、推定30億円はもらっていそうですよね~。

残念ながら、年俸推移については有力な情報はありませんでしたが、28歳でこれだけもらっていたとなると、若い時から相当な年俸をもらっていたことも予想できそうです笑

身長が195cmのキーパーっていうだけでかなり安心できますし、相手が得点しにくくなるのは分かりきってますからね~。

ヴォイチェフシュチェスニーについてのまとめ!

  • アーセナルにずっと所属していたものの、2017年にユヴェントスに移籍。
  • ユヴェントスに移籍した際、約15億円の移籍金が発生。
  • 2012年の年俸は推定20億円であるため、現在はそれ以上と予想。

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です