私たちはどうかしてるネタバレ49話/11巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

私たちはどうかしてるの最新49話は2019年8月1日のBE LOVE2019年9月号に連載されております!

ここでは、私たちはどうかしてるの最新話である49話「勇気と罠」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても私たちはどうかしてる49話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

私たちはどうかしてる49話「勇気と罠」のネタバレ

負けない

「どうして……あなたがここに……」

七桜がこの場に訪れたことに驚く女将…、七桜は構わず溝口議員との関係を常連客や世間の人たちが知ったらどう思うのかを問う。

「信用第一の光月庵さんが」

七桜は女将に近づき言葉を突きつけるーーーー…女将は一瞬顔が歪んだがすぐに元に戻す。

「七桜さん うちね もうすぐ長谷屋さんと親戚になるの」

女将は七桜には想像もつかないだろうけど、世の中には黒を白にできる人がいると話し、椿との子を栞が妊娠したことを告げるのだった。

「さあ どういてちょうだい」と七桜のことを撥ねとばす女将…その拍子に置いてある花瓶にあたり落として割れてしまうのだった。

その場を立ち去ろうとする女将と大旦那ーーー…辛そうな顔ををする七桜だったが“グ…”と拳を握り、めげずに立ち向かう。

「でも 私が光月庵の正式な跡継ぎなのは変わらない……い……樹さんの本当の子供は私です」

真っすぐな目を七桜に向けられ女将は気に食わなそう。

女将は七桜の顔に唾をはきかけ、「おまえもかならずあの女と同じ目にあわせてやる」と言葉を吐き捨てていくのだったーーーー…。

強い想い

女将が大旦那を連れ帰ってきたことに、椿は驚く。

女将にだって家族なんだから情がある…「それだけよ」と椿に話すが、正気のないお大旦那をみながら椿は思うことがあるようだったーーー…。

ところかわって七桜ーーー…DNA父子鑑定報告書を見ながらいろんな事を考える。

椿に子供ができても関係ない…それに椿と栞はもともと結婚するはずだった…。

それより自分の考えることべきことは大旦那と会う事。

いま怯んだら女将の思うつぼ…ママの夢も叶えられない、椿を自由にすることもできないまま終わってしまうーーーーそんなの七桜は嫌だった。

(今度こそ 私は大切なものを守る)

そう強く想う七桜だったーーーーー…。

捜索

七桜は固い決意のもと、光月庵に訪れ厨房にはいり、ここで本当にいろんなことがあった…と感傷にひたる。

七桜と椿は「こみち」に渡す和菓子をお互い試食しながら、確認をする。

椿は一点ゆがんでいるものを見つけ、直すために七桜に押さえてもらうよう頼む。

2人は小さい和菓子の上に手を近づけあう…直すことに集中する椿の顔を七桜は眺めるーーーー…『椿との子供よ』という女将の言葉を思い出しながら。

そんなとき椿が顔をあげ2人は目があうーーー…七桜はそれをすぐにそらしてしまうのだった。

そんなとき椿に大口の注文がしたいと電話が入る。

これはおそらく多喜川が七桜のためにしてくれたことだ。

七桜は品物も渡したから…といって椿に挨拶をし光月庵をで、母屋のほうへと赴く。

大旦那のことを探す七桜…あの状態の大旦那に話してもなにもわからないかもしれないーーーー…でもきっかけがあれば何かがかわるかもしれない…そんな淡い期待を込め必死で探す。

“ガタッ“

七桜の後ろで音がなり、はっとして後ろを振り返るーーーー…するとそこには栞がいるのだった。

七桜のお願い

対面した2人ーーーー…七桜はこの場にいるのはお手洗いを借りるためだと嘘をつく。

なんだかお互い気まずそう…栞は「失礼します」とその場を何事もないように立ち去ろうとするーーーーー…のを七桜は引き止めた。

「椿さんに……目の治療をするように言ってください……」

七桜は栞に、園遊会が終わってからじゃなくいますぐ、手遅れになるまえに椿が病院に行ってくれるように栞から頼んで欲しいとお願いをする。

栞ははじめなんのことを言っているのかわからなかったが、思い当たる節があることを思い出す。

七桜は続けて、火に油を注ぐだけだから自分には無理…

「栞さんなら 椿さんの子供を産む栞さんが説得するならきっと聞いてくれる」

七桜と椿が近づけば憎しみ合うだけだから…と七桜は栞の腕を掴み必至に乞う。

「お願い…お願いです」

七桜が光月庵を奪っても椿には支えがある…きっと幸せになれるから…と涙ながらに七桜はお願いをする。

しかし栞のこたえは『私には無理』というものだった。

七桜は栞の腕をはなし、急にそんなお願いをしたことを謝りその場を離れるのだったーーー…。

あんの入っていないおまんじゅう

ひとりになった栞は、七桜がおそらく椿に話してもらったわけではなく目のことを気づいたことに…まだ椿のことを想っているのだろう…と気づく。

(なのに どうして…)

そんな疑問で頭がいっぱいになろうとしたとき…

「ちょっといい?」と城島が栞を呼び止めた。

城島は栞に食べて欲しいものがありといっておまんじゅうを出した。

それはあんが入ってないおまんじゅう『軽羹』というものだった

あん入りより生地をもっちりさせられ、小さい子には虫歯を心配してあんなしを選ぶ人が多いと城島は話す。

「あんたが小さいとき食べたのって本当に外れのまんじゅうだったか?」

外からみただけでは…中にどんな愛情がつまっててもわからない、と城島は栞の過去の嫌な出来事を掬うようなことを話してくれた。

おまんじゅうを手にのせながら、自分はいつも『愛してほしい』『認めてほしい』と求めるばかりだと思う栞ーーー…ふとさっきの七桜のことを思い出す。

(私にもまだ 好きな人のためにできることがあるかもしれない…)

栞は勇気を出し言えなかったこと…椿に3年前のあの火事の時椿は七桜との約束を守ろうとしたことを椿に告げるのだった。

樹のこども

七桜は大旦那をみつけ近くーーーー…七桜の手には『七桜へ』と書かれた封筒があった。

大旦那の前に行き「あ……あの……」と話しかける七桜…

「『さくら』なのか?」

大旦那は七桜がほんとうに樹の子供なのか…と七桜の腕を掴みといかける。

「ほ…ん……」

しかし大旦那はそのまま力尽きたように倒れてしまうーーーーー…息をしていなかった。

そんなとき椿が大旦那の部屋へとやってくるのだった…。

スポンサーリンク

私たちはどうかしてる49話までを無料で読む

ということで、私たちはどうかしてる49話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、私たちはどうかしてる49話を含めたBE LOVE2019年9月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

私たちはどうかしてる49話の感想・考察

50話ももう目前の49話いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

ついに大旦那にあうため、覚悟をきめた七桜でしたが……
まさかの大旦那死亡ーーーーー……!!?
しかもその場に椿もあらわれるというタイミング……(ノД`)

椿はそれを見て果たして何を思うのかーーー……そしてラスト一瞬だけ“ニィ”と笑って筆を進める女将が写ったのですが…果たしてそれはどういうことーーーー…!?

と気になることが満載でした٩( ‘ω’ )و
次回は連載50回ということもあり、巻頭カラーでの登場です!
怒濤の展開にワクワクします♪

そして今回怒濤の展開で癒しが…と思ったのですが、栞と城島のくだりはよかったですね!
いつも栞に当たりがキツかった城島でしたが…ナイス!!

栞のお父さんは姉妹全員平等に愛していた…そう思います。
栞もそれに気づけたんじゃないかな?

案外城島・栞のコンビはいいな、と感じました(*゚▽゚*)♡笑

私たちはどうかしてる49話についてのまとめ!

私たちはどうかしてる49話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、私たちはどうかしてる49話を含めたBE LOVE2019年9月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA