ドラマ「二つの祖国」は実話? 小栗旬のモデルやロケ地を調査!

スポンサーリンク

二つの祖国は実話?フィクション?

ドラマスペシャル 『二つの祖国』が3月23日(土) 2100分~23時24分 に放送される予定です。

原作「二つの祖国」は山崎豊子氏の小説で、以前はNHKの大河ドラマ「山河燃ゆ」で映像化されたことがありますが、今回は二度目の映像化になります!

二度もドラマ化されるのですからとても興味深く引きつけられる内容のストーリーと言えますね!

「二つの祖国」は実話そのものではありませんが太平洋戦争当時のアメリカの日系人の実話を元にしたといわれています。

そこで今回はドラマをより楽しんで頂けるように「小栗旬さん演じる主人公はどんな実在の人物がモデルとなっているのか?」「どこのロケ地で撮影されたのか?」などを調べてまとめてみました^ ^

小栗旬演じる主人公・ 天羽賢治のモデルは誰?

小栗旬演じる主人公・ 天羽賢治は、実在した伊丹明(いたみあきら)という人物がモデルであると言われているんです!

伊丹氏はアメリカ国籍のカリフォルニア州オークランド生まれで、日本語新聞の『加州毎日』の記者をしていました。  

しかし第二次世界大戦の日米開戦で、賢治の家族をはじめアメリカの日系人たちは収容所生活を強いられることになります。

戦後の極東国際軍事裁判で、伊丹氏はアメリカ側のは通訳モニタとなり日米二つの祖国の間で葛藤し、重圧に苦しみます。

そういった心労が重なったためか、39歳の若さでピストル自殺をしてしまったんです!

時代に翻弄された非業の死に思えてきますよね(´д⊂)

ロケ地について!モデルとなった撮影場所はどこ?

ドラマでは、主人公は ロサンゼルス生まれという設定になっています。

ドラマの舞台背景が太平洋戦争中のアメリカということもあって、ハワイ・ワシントン・ロサンゼルス・ミネソタなどのアメリカ各地を撮影して回ったようです。

またタイ王国・カンチャナブリでもセットを組んでロケが実施されたそうですよ。

カンチャナブリ周辺には戦争関連施設もあちこちにあるそうですから、戦争が時代背景となるドラマのロケ地に適していたのかもしれませんね。

ドラマ「二つの祖国」について

あらすじは?

アメリカ生まれで日系二世の主人公・天羽賢治は、地元ロサンゼルスで日本語新聞社の記者をしていました。

同僚の梛子(なぎこ)に思いを寄せていたものの、梛子の恋人は賢治のカリフォルニア大学時代の同級生・チャーリー田宮だったのです!

あきらめきれず二人の関係に思い悩む賢治でしたが、結局は同じ日系二世の梛子の友だちのエミーと結婚してしまうんです( .. )

そんな賢治たちの日常は日米が敵となって戦う太平洋戦争の勃発で一変します!!

日系人はアメリカの捕虜の扱いを受け、環境の劣悪な日系人強制収容所に送りこまれたんです!

同胞の受難を嘆きながらも、賢治は「早く戦争を終わらせたい」一心で、アメリカ陸軍情報部で日本語能力の求められる仕事をしていきます。

ドラマでは、戦時下で日米「二つの祖国」の間に挟まれ苦悩する賢治の姿が描かれています。

結末がどうなるのか気になりますね!

出演者は誰?

ドラマの出演者は、イケメン実力俳優やベテラン大物俳優がずらりと顔をそろえています^^

  • 天羽賢治役 – 小栗旬
  • 井本梛子 – 多部未華子
  • 天羽エミー – 仲里依紗
  • 天羽忠 – 高良健吾
  • 天羽勇 – 新田真剣佑
  • チャーリー田宮 – ムロツヨシ
  • 井本広子 – 池田エライザ
  • 東條英機 – ビートたけし

ドラマ「二つの祖国」についてまとめ!

・「二つの祖国」は実話を元にした小説がドラマになった!

・小栗旬演じる主人公は実在した日系人新聞記者伊丹明がモデル!

・撮影ははロサンゼルス・ミネソタ等のアメリカ各地とタイのカンチャナブリロケ地で行われた!

・出演者はイケメン実力俳優やベテラン大物俳優などの豪華メンバー!!

というわけで今回は、【ドラマ「二つの祖国」は実話? 小栗旬のモデルやロケ地を調査!】について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

ドラマ「二つの祖国」放送への期待が高まりますね!(*゚▽゚)ノ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です