皆既月食(2018年7月28日)の横浜おすすめスポットはどこ?

皆既月食2018年7月28日に観測されます!

前回は2018年1月31日に観測され、ブルームーンと重なる月で印象的だったので、また見たい!や今度こそは!という方もおられるかもしれませんね!

また、皆既月食や天体観測を存分に楽しみたいと思っていても、都会の方や都心部だと周りの光や騒音で気分に浸れない…という方もいるのではないでしょうか?

ということで今回は、横浜で皆既月食を観測できるおすすめスポットということで、ご紹介していきたいと思います!

それではどうぞご覧ください^^

スポンサーリンク

皆既月食についてのおさらい!

皆既月食とは、太陽からの光によってできた地球の影の中を月が通過するときにみられる現象のことを言います。

太陽、地球、月が一直線に並んだとき、月が地球の陰に完全に入り混込み、普段見ることのない神秘的な色になります。

皆既月食について分かりやすく解説したので、詳細はこちらからご覧ください!↓↓

▶皆既月食とは何か分かりやすく解説!周期についても調べてみた!

また、今回のように皆既食となった月は、「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色に見えるのが、また幻想的なんですよね~!

ブルームーンとも呼ばれているのですが、なぜブルームーンは青くないのに、そう言われているのかも調べてみたので、こちらもご覧ください!

▶ブルームーンが青くない理由は何か意味や由来を調査!皆既月食中はなぜ赤いの?

皆既月食(2018年7月28日)の横浜おすすめスポットはどこ?

皆既月食(2018年7月28日)が堪能できる、横浜市や神奈川県内にある、おすすめ穴場スポットなど、最高の景色を見ることができる場所を紹介していきたいと思います!

湘南海岸公園

横浜と言えば、まず湘南海岸公園で、鵠沼(くげぬま)海岸と片瀬海岸に沿って伸びるています。

ヤシの木がある芝生広場やボードウォークがほか、地下駐車場やイタリアンレストランも備えてあるので、散歩としてもいろんなところが見られますよね!

何より広いので、そこまで周りに人に気を遣わずに、ゆっくりできるところが、デートスポットとしても人気の理由だと思われます。

特に、今回は天体観測がメインなので、なるべく他の光がない暗いところを他の人よりも早めにチョイスしましょう!

  • 住所
  • 神奈川県藤沢市鵠沼海岸1丁目17-3

  • アクセス
  • 横浜市から車で、約45分

  • MAP

港南台南公園

公園つながりで、コチラも人気のスポットとなっているため、多くの人が天体観測される日には、混みあうことが予想されます。

特に、最近ではポケモンGOで、この場所を知った人も多いと思うので、こちらも光が当たらない場所をお早めに取ることをおススメします!

  • 住所
  • 神奈川県横浜市港南区港南台6丁目8

  • アクセス
  • 札幌市から車で、約20分

  • MAP

ヤビツ峠

ヤビツ峠は、まわりが真っ暗でザ・天体観測の人気のスポットとなっています。

しかし、駐車場が約20台しか停められないことから、ちょっと早めに行き、場所どりが必要な場所となっています。

天体観測ファンの中でも、おススメの場所なので、ぜひ一度は訪れてみてはいかがでしょうか??

  • 住所
  • 神奈川県秦野市寺山

  • アクセス
  • 札幌市から車で、約1時間20分

  • MAP
スポンサーリンク

皆既月食のおすすめ観測グッズはこちら!

ちなみに皆既月食は肉眼で観測することもできますが、双眼鏡や望遠鏡を使うとより鮮明に観察することができます!

ということで、おすすめ観測グッズを紹介します!

下記リンクから画像や詳細がチェックできるので、ぜひ見てみて下さいね^^

まとめ!

皆既月食(2018年7月28日)が堪能できる横浜の場所ついて調べてみましたが、おすすめスポットは以下の通りになります。

  • 湘南海岸公園
  • 港南台南公園
  • ヤビツ峠

こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

▶皆既月食(2018年7月28日)の方角方向やピーク時間は?

▶皆既月食とは何か分かりやすく解説!周期についても調べてみた!

▶ブルームーンが青くない理由は何か意味や由来を調査!皆既月食中はなぜ赤いの?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です