皆既月食(2018年7月28日)の東京おすすめスポットはどこ?

皆既月食2018年7月28日に観測されます!

前回は2018年1月31日に観測され、ブルームーンと重なる月で印象的だったので、また見たい!や今度こそは!という方もおられるかもしれませんね!

また、皆既月食や天体観測を存分に楽しみたいと思っていても、都会の方や都心部だと周りの光や騒音で気分に浸れない…という方もいるのではないでしょうか?

ということで今回は、東京で皆既月食を観測できるおすすめスポットということで、ご紹介していきたいと思います!

それではどうぞご覧ください^^

スポンサーリンク

皆既月食についてのおさらい!

皆既月食とは、太陽からの光によってできた地球の影の中を月が通過するときにみられる現象のことを言います。

太陽、地球、月が一直線に並んだとき、月が地球の陰に完全に入り混込み、普段見ることのない神秘的な色になります。

皆既月食について分かりやすく解説したので、詳細はこちらからご覧ください!↓↓

▶皆既月食とは何か分かりやすく解説!周期についても調べてみた!

また、今回のように皆既食となった月は、「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色に見えるのが、また幻想的なんですよね~!

ブルームーンとも呼ばれているのですが、なぜブルームーンは青くないのに、そう言われているのかも調べてみたので、こちらもご覧ください!

▶ブルームーンが青くない理由は何か意味や由来を調査!皆既月食中はなぜ赤いの?

皆既月食(2018年7月28日)の東京おすすめスポットはどこ?

皆既月食が見られる東京のおすすめスポットをここでは紹介していきたいと思います!

東京というと、あまり天体や皆既月食などが見られるスポットがないように思いますが、大きな公園など、明かりがない場所で、見ると最高の景色で観察することができます。

夢の島公園

夢の島公園は、植物館を一緒に楽しめる場所で、バーベキューやスポーツなどレジャーを満喫することができる施設になっています。

夜に行くため、あまりBBQや植物は関係ないかもしれませんが、昼間は小笠原諸島にある珍しい植物も目にすることができます。

また、芝生が広いので、視界を遮るものは少なく、全身で皆既月食を見ることができますね!

  • 住所
  • 東京都江東区夢の島

  • アクセス
  • 東京メトロ有楽町線・JR「新木場」駅徒歩5分

  • MAP

砧公園

砧公園(きぬたこうえん)は、都心にあるため多方面からのアクセスも容易なスポットとなっています。

公園の中もイベントが常時開催されていたり、昼間は植物鑑賞、夜は天体観測というふうに、自然と触れ合えることができ、リフレッシュすることができます。

四季折々の花が一年中咲いているのも見どころなので、皆既月食とともの楽しんでみてはいかがでしょうか?

  • 住所
  • 東京都世田谷区1

  • アクセス
  • 東急電鉄田園都市線「用賀」駅徒歩20分

  • MAP

善福寺川緑地

善福寺川緑地(ぜんぷくじがわりょくち)は、公園内に小川が流れていて、桜のシーズンになると、毎年お花見客であふれかえっております。

また、テニスコートや運動場もあり、スポーツを楽しむことができる場所としても知られています。

川に架けられた橋の上から見る、夜景は絶景ですよ!

  • 住所
  • 東京都杉並区成田西一丁目30番27号

  • アクセス
  • 京王電鉄井の頭線「西永福」駅徒歩15分

  • MAP

まとめ!

皆既月食(2018年7月28日)が堪能できる東京の場所ついて調べてみましたが、おすすめスポットは以下の通りになります。

  • 夢の島公園
  • 砧公園
  • 善福寺川緑地

こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

▶皆既月食(2018年7月28日)の方角方向やピーク時間は?

▶皆既月食とは何か分かりやすく解説!周期についても調べてみた!

▶ブルームーンが青くない理由は何か意味や由来を調査!皆既月食中はなぜ赤いの?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です