皆既月食(2018年7月28日)の福岡おすすめスポットはどこ?

皆既月食2018年7月28日に観測されます!

前回は2018年1月31日に観測され、ブルームーンと重なる月で印象的だったので、また見たい!や今度こそは!という方もおられるかもしれませんね!

また、皆既月食や天体観測を存分に楽しみたいと思っていても、都会の方や都心部だと周りの光や騒音で気分に浸れない…という方もいるのではないでしょうか?

ということで今回は、福岡で皆既月食を観測できるおすすめスポットということで、ご紹介していきたいと思います!

それではどうぞご覧ください^^

スポンサーリンク

皆既月食についてのおさらい!

皆既月食とは、太陽からの光によってできた地球の影の中を月が通過するときにみられる現象のことを言います。

太陽、地球、月が一直線に並んだとき、月が地球の陰に完全に入り混込み、普段見ることのない神秘的な色になります。

皆既月食について分かりやすく解説したので、詳細はこちらからご覧ください!↓↓

▶皆既月食とは何か分かりやすく解説!周期についても調べてみた!

また、今回のように皆既食となった月は、「赤銅色」と呼ばれる赤黒い色に見えるのが、また幻想的なんですよね~!

ブルームーンとも呼ばれているのですが、なぜブルームーンは青くないのに、そう言われているのかも調べてみたので、こちらもご覧ください!

▶ブルームーンが青くない理由は何か意味や由来を調査!皆既月食中はなぜ赤いの?

皆既月食(2018年7月28日)の福岡おすすめスポットはどこ?

皆既月食(2018年7月28日)が堪能できる、福岡県内にある、おすすめ穴場スポットなど、最高の景色を見ることができる場所を紹介していきたいと思います!

星の文化館

星の文化館は、福岡県南部と大分県の県境にある村で、人口が少ないため、街の明かりが少なく邪魔な光がなかったり、空気が澄んでいることから、天体観測に適したスポットと言えます。

この場所は、とにかく星や月がくっきり見え、圧倒的なスケールであるため、もう近場の星空スポットでは見れなくなるほどですよ!笑

他にも、口径65㎝の九州最大級の反射望遠鏡があったり、プラネタリウムがあったりと、天体観測の設備も充実しております。

  • 住所
  • 福岡県八女市星野村10828-1

  • アクセス
  • 福岡市から車で、約1時間30分

  • 駐車場
  • 30台

  • 定休日
  • 毎週火曜日(年末年始、祝祭日、春、夏休み期間中は開館)

  • 営業時間
  • 10:30~22:00

  • 入館料
  • 大人:500円
    小学生:300円
    幼児(4~6歳):100円

  • 電話番号
  • 0946-52-3000

  • MAP

さざんか千坊館

このスポットは、福岡市から那珂川町を抜けて、東背振トンネルを出たすぐの場所に道の駅、吉野ヶ里「さざんか千坊館」があります。

周りが山にさえぎられているため、他の光が邪魔をせずに、天体観測または、佐賀平野の広大な景色が一望できます。

昼に来ても間違いない場所ですが、デートスポットとしてはもう間違いなく活躍してくれる場所なんですよね!

  • 住所
  • 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町松隈1710−11

  • アクセス
  • 札幌市から車で、約50分

  • 駐車場
  • 約50台

  • 定休日
  • 第3水曜日

  • 営業時間
  • 9:00~18:00

  • 電話番号
  • 0952-55-6175

  • MAP

米の山展望台

米の山展望台は、福岡県内でもか・な・り有名な夜景の人気スポットとなっており、天体も最高に良い眺めなんですよね!

低い位置から見るのならは、「油山」!高い位置から見るのなら「米の山」となっているくらいで、空全体を一望でき、これ以上ない景色を見せてくれます!

最高の景色はゼッタイお約束できますが、けわしい道なので、運転にはかなりの注意が必要なので、お気を付けください。

  • 住所
  • 福岡県糟屋郡篠栗町若杉

  • アクセス
  • 札幌市から車で、約52分

  • 駐車場
  • 約20台

  • MAP
スポンサーリンク

皆既月食のおすすめ観測グッズはこちら!

ちなみに皆既月食は肉眼で観測することもできますが、双眼鏡や望遠鏡を使うとより鮮明に観察することができます!

ということで、おすすめ観測グッズを紹介します!

下記リンクから画像や詳細がチェックできるので、ぜひ見てみて下さいね^^

まとめ!

皆既月食(2018年7月28日)が堪能できる福岡の場所ついて調べてみましたが、おすすめスポットは以下の通りになります。

  • 星の文化館
  • さざんか千坊館
  • 米の山展望台

こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

▶皆既月食(2018年7月28日)の方角方向やピーク時間は?

▶皆既月食とは何か分かりやすく解説!周期についても調べてみた!

▶ブルームーンが青くない理由は何か意味や由来を調査!皆既月食中はなぜ赤いの?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です