痴情の接吻ネタバレ7話/2巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

痴情の接吻の最新話第6話は2019年6月6日のプチコミック 2019年7月号に連載されております!

ここでは、痴情の接吻の最新話である第7話「キミの部屋で一晩なんて///」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても痴情の接吻 第7話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

痴情の接吻 第7話までのあらすじ

高校の同級生・上条と同居中の和華。上条に「好き」と迫られ続け、遂に彼の気持ちに応える。でも何もしてこない彼に不安を感じ、想いをぶつけると…!?

人物紹介

柏木和華(かしわぎわか)本が好きな図書館司書。
上条(かみじょう)柏木が好き。柏木の高校時代の同級生。

痴情の接吻 第7話「キミの部屋で一晩なんて///」のネタバレ

上条の部屋


.

.
手を取られ上条の部屋に入る
.

上条「柏木?どうしたの?適当にくつろいでいいよ」

柏木「あ、うん」(柏木「なんか緊張する」)

初めて上条の部屋に入った 

柏木「…上条の部屋って物少ないのね」

上条「ここにあったTVはリビングへ移したからね、余計にそう感じるかも。僕は基本、必要最小限の物の中で生活するほうがラクなんだ」

柏木「そういえば上条って、ここに引っこしてきた時も片づけるのが早かった…」

本[痴人の愛]を見つける

柏木「ちょっと…持ってたくせに図書館に借りにきたわね」

上条「バレたか」

柏木「バレたかじゃないわよ、ったくもう(抱きしめられる)___この本結構古くない?」

上条「うん、高校生の頃に買ったから」

柏木「あ、10年前?どうりで…」

上条「ドイツ行く前に持ってた本はほとんど処分したけどね。今は本読むのも電子書籍で読むし」

(柏木「もったいない…(手を握られる)気持ちいいな」)

上条「でもこの本は処分できなかったんだ。柏木との大切な思い出の本だったから」

上条の手が 私の手を優しく包み込んで 気持ちいい__

上条「柏木のことが好きだ

(柏木が寝る)

気持ちのいい朝

上条「おはよう柏木、朝食できてるよ。よく眠れたみたいで良かったね」

柏木「ご、ごめん、私昨日上条のベット占領して寝ちゃって。おまけにごはんまで。起こしてくれれば良かったのに…」

上条「僕は今日休みだけど柏木は仕事だし、そっとしておいたほうがいいかなと思って。それに起こしたら起こしたで何もせずにいる自信なかったし。それでも良かった?」

柏木「な、何言ってんのよ朝っぱらから。私、早く準備しないと、寝ぐせがひどいから一度洗いたいし」

上条「あ。僕がなんとかしようか?これでどう?寝ぐせを生かしてまとめたけど」

(柏木「かわいい」) 柏木「…誰かにしてたことがあるの?」

上条「ないけど、前に会社の人と昼休憩中に編みこみの動画見る機会があってさ、これぐらいならできるなと思って」

柏木「…相変わらず器用ね……」

上条「今日休みなら良かったのに、このまま一緒にいたかったな。柏木。いってきますのキスとか」

柏木「するわけないでしょ。じゃあ、いってくるね」

.

柏木「上条」

ちゅ(柏木が上条にほっぺにキス)

柏木「できるだけ早く帰ってくるわ」

上条「やられた…メガネ曇った不意打ちすぎるだろ」

凍てつく寒さが続く2月の朝なのに 今日はこころなしか いつもより空気が暖かく感じる

いつもと違う

曙市立図書館
.

女1「かわいいわね。いつもより髪凝ってるじゃない、何かあった?」

柏木「え?いえ、昨日は全く何も。そういえば、おかげさまで定員いっぱいになりました。図書館イベントの”古典に触れる”参加者数が数値目標に届くか不安でしたけど」

女1「良かったわね」

なんだかそわそわする 上条はどうなんだろう

.

.

バラバラバラ

(柏木「わ~~~~~、ミゾレ降ってきたっ。傘持ってきてないのに。ここのところ天気良かったから油断してた」)

上条&柏木「あ」

上条「食材買いに出かけたら帰り道に降られてさ。身体冷えただろ、柏木先お風呂入って。その間にこれ片づけとくから」

柏木「いいわよ上条から」

上条「じゃあこの際一緒に」

柏木「嫌よ」

.

.

柏木「お先に」

上条「温まった?鍋の用意できてるからいつでも食べれるよ。僕もお風呂入ってくる」

柏木「…上条。お風呂あがったら私の部屋に来てくれる?」

ブオオブオオオオオオ(ドライヤーの音)

上条「…柏木、僕いつも自然乾燥だしわざわざドライヤーしなくていいのに」

柏木「いいの!これは私の気持ちの問題なの」

今日はかわいく髪をまとめてくれたし 朝も夜もごはん作ってくれたし

柏木「そういえば、昨日上条とどんな話してたっけ?私途中で寝ちゃったでしょ」

上条「純文学って意外と官能的というか、性描写すごいの結構あるとか。いつか僕ともこういうことしたいとか言ってたよ」

柏木「え…そんなこと言うわけないでしょ、何からかってんの」

上条「だってさーからかいたくもなるよ。柏木のこと好きだって言ったのに寝ちゃうから

柏木「お…覚えてないし…」

上条「じゃあ仕切り直し。好きだよ。好きだ。柏木が好きだ」

柏木「…そんなに…言わなくても、もうわかっ…」

(深いキスを繰り返す)

柏木「…っ。か、上条…」

上条「…嫌?」

柏木「い…嫌じゃない…けど」

上条「けど?」

柏木「大丈夫、ちょっと…緊張してるだけ。だから続けて

上条「ずっと好きだった__

.
.

男「____曙市立図書館のイベント?」

教授「うんすっかり忘れててねえ、ちょっと資料まとめといてよ」

男「もーまたですか教授、僕もヒマじゃないんですよ。教授が面倒なこと全部ふるから…。ん?“柏木和華__”

.
.

(上条と柏木がベットにて抱き合う)

.
続く

スポンサーリンク

痴情の接吻 第7話までを無料で読む

ということで、痴情の接吻 第7話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、痴情の接吻 第7話を含めたプチコミック 2019年7月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

痴情の接吻 第7話の感想・考察

柏木の上条への想いや対応が変わってきましたね!今までならない口調や顔なんかも見られしてる感じになってきました^^全て上条の計算通りなら少し怖いですね(汗)
最後に出てきた男は一体どこの誰なのでしょうか…?柏木を知っていたようですが…次回以降の登場ですねっ。
次回8話もお楽しみに!!

痴情の接吻 第7話についてのまとめ!

痴情の接吻 第7話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、痴情の接吻 第7話を含めたプチコミック 2019年7月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA