痴情の接吻ネタバレ6話/2巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

痴情の接吻の最新話第6話は2019年5月8日のプチコミック 2019年6月号に連載されております!

ここでは、痴情の接吻の最新話である第6話「おつき合いしたくなくない?」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても痴情の接吻 第6話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

痴情の接吻 第6話までのあらすじ

学生のころ理由もなく上条からキスをされた柏木は彼を警戒。「これ以上関わらない__ 」そう決めていたのに、同居することに!?柏木は彼の誕生日をきっかけに上条の気持ち「好きだ」にこたえることに…

人物紹介

柏木和華(かしわぎわか)本が好きな図書館司書。
上条(かみじょう)柏木が好き。柏木の高校時代の同級生。

痴情の接吻 第6話「おつき合いしたくなくない?」のネタバレ

柏木の思い込み

もう ただの同居人じゃない  私 上条とつき合うことに なったんだ

上条「柏木ってさ、見た目がアレじゃないごはんも作れたんだね」

柏木「し…失礼ね、私だってその気になればキセキ的にできる時があるのよ」

上条「ぷっ、キセキなんだ?」

…そうだ 同意の上でつき合うことになった現在 お互いいい大人だし 上条からしてみればもうなにも遠慮もないわけで___

.
脳内イメージ
上条「この流れでヤらなくてどうするの?せっかくドイツから帰ってきたのに」
.

いよいよ……!?

上条「ごちそうさま。柏木が買ってきてくれた誕生日ケーキ食べようか、コーヒー入れるよ」

コーヒー!! こんな夜に…それってアレか “今夜は寝させないよ♡“的な……!?

上条「ここのケーキ美味しいね」

柏木「そ…そうね…」

いつだ? いつ来る? いつ_____  うわ……!

上条「__早く乾かしたほうがいいよ」

柏木「へっ?」

上条「髪、カゼひくから。本に夢中になりすぎて夜更かししないようにね。おやすみ」

アレ?

(柏木「なんだ…しないんだ…。__て、別に期待してたわけじゃなくて!!待ち構えて損したいうか」)

つき合おうかって言ったあとあんなに喜んでたくせに あんなに今まで好き好きアピールしてきたくせに
何!?

柏木の杞憂

市立図書館
.

柏木「はあ~はあ~」

女1「どうしたんですか柏木さん、朝からため息ばかりついて」

女2「カウンターでは笑顔!利用者に対して感じ悪いわよ」

柏木「そ、そうですね…」

女2「何かあったの?」

柏木「や…別に…」

さすがに言えない 何かあったのならともかく 何もなかったんだし
でもアレから朝方まで本を読んじゃって

(柏木「完全に寝不足…」)

女3「あのー本ありがとうございました」

柏木「返却ですね」

本[キツネにからかわれた太郎]

女3「次はなに読むー?」

ひょっとして私 昨日の夜はからかわれた…?

(上条「待ちかまえちゃっておもしろいなーからかいがいがある…」)

か…考えすぎよね

(柏木「笑顔笑顔」)

女4「すみません、この本借りたいんですけど」

柏木「はい」

本[もう男にはだまされない]

もしかして そもそも好きというのはウソで騙されてる………?

(上条「僕の目的は柏木じゃない。柏木の持ってるプレミア本の数々…」)

もしそうだとしたら

女1「柏木さんアレ!」

柏木「え?上条……!?」

上条「近くで打ち合わせがあったんだ、これ差し入れ皆さんと分けて」

女1「わー♡あけぼの堂のだー」

女2「さすがイケメン…ニヤニヤ」

柏木「差し入れって…どうしてまた急に…。後でまた色々言われる」

上条「ついでに彼女に会いにきたんだけど迷惑だった?」

彼女….!

女1.2「いつの間に…キャー」

女2「柏木さん昼休憩でしょ、ほら早く行って!」

.

.

柏木「____びっくりした!別にわざわざ来なくても帰ったら会うのに…」

上条「うんそうだけどさ、顔が見たくなったんだ。朝もすれ違って会えなかったし」

柏木「よくそういうの言えるわよね上条って…///」

上条「あ照れてる」

柏木「照れてないッ」

…なんだ 変に勘ぐってたけど 思い過ごしだったのかもしれない

柏木「そろそろ戻るわ、差し入れありがとう」

上条「柏木。なんか疲れてる?目が赤い」

柏木「あ。ちょっと寝不足なだけ、昨日あれから本を読んでしまって」

あ キスされる___

上条「そろそろ僕も行くよ、職場の皆さんによろしくね」

柏木「あ…うん…」

てっきりするのかと思ったのに 昨日といい 待ち構えてた私が バカみたいじゃない!?

好きのベクトル


.

上条「___え、もう夜 晩ごはん食べたの?昨日は柏木が頑張って作ってくれたし、今日は僕がはりきって作ろう思ってたのに」

柏木「別にいいわよそんなの。お風呂も済ませたし自分の部屋で休むわ」

もう待ち構えてるもんか

(柏木「やっぱり本は私を裏切らない」)

上条「柏木、まだ起きてるよねちょっといい?」

柏木「…何?」

上条「ホットミルク」

柏木「え私に?」

上条「ほら柏木、昼間に寝不足だって言ってただろ。飲めばきっとリラックスできて寝つきやすくなるよ」

これって今日もとっとと寝ろってこと? 上条ってほんとに私のこと好きなの?

上条「じゃあおやすみ」

ゴクゴクゴク

柏木「か。上条の部屋に行ってもいい?」

上条「どうしたの?」

柏木「ちゃんと話がしたくて…だってつき合うことになったのに、上条、な…何も…してこないし…」

上条「何かしてほしかったんだ?」

柏木「フザけないで!私の気も知らないで」

上条「フザけてないよ。僕はただ、柏木にもっと僕のこと想ってほしかっただけだ」

柏木「…え?」

上条「柏木、僕が前に言ったこと覚えてる?」

“恋愛する気になってもらう“  “僕のことを好きになってもらう“

上条「柏木が僕と恋愛する気になったことは嬉しいよ___でも。まだそれほど僕のこと好きじゃないよね」

え…

柏木「そんなこと___…。好きじゃなかったら、私からキ…キスなんかしないわよ…」

上条「でも柏木と僕とじゃ’好き’の温度差がありすぎる。僕は柏木に会いたくてドイツから帰ってきたんだ。柏木への想いは狂気に近い_______谷崎の『痴人の愛』のようにね。だから見たかったんだ。柏木が僕のことで一喜一憂してるところ。ごめんね」

柏木「何嬉しそうに謝ってんのよっ、そんなことで私を振り回すなんて~~~~」

上条「わかってないなあ。僕をここまでにさせてるのは。柏木だよ」

.
手を取られ上条の部屋に入る
.

柏木「上条____」

続く

スポンサーリンク

痴情の接吻 第6話までを無料で読む

ということで、痴情の接吻 第6話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、痴情の接吻 第6話を含めたプチコミック 2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

痴情の接吻 第6話の感想・考察

上条にはドキドキさせられますね///柏木がやっとその気になったのに、からかうなんてもの大人のいい恋愛な気がしてなりません。
次回は上条の部屋に入っていった2人がどうなるのかからですね。
第7話もお楽しみに!!

痴情の接吻 第6話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、痴情の接吻 第6話を含めたプチコミック 2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です