テセウスの船ネタバレ88話(最新話)!考察や感想も!【どこにも行くな】

テセウスの船の最新話88話は2019年6月20日の週刊モーニング2019年29号に連載されております!

ここでは、テセウスの船の最新話である88話「どこにも行くな」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもテセウスの船88話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

テセウスの船88話「どこにも行くな」のネタバレ

雨音に紛れる殺人者を阻む者

全ては雨音にかき消され、まるで字幕の無いサイレントムービーのように静かに、進んでいた。

雨音に紛れて、ソレは佐野巡査に近づいていた。

大人のみきおである今は加藤信也と名乗るその男が、後ろに回した右手にはナイフを携えながら。

土砂降りの雨の中、彼がさす傘が地面に落ちた。

加藤は両手にナイフを構え、勢いよく佐野に駆け寄る!

一人の少女がそれに気づき声に出し、指さす。

それにつられて同僚の警官も少女が指さした方向にに目をやった。

子供のみきおは、笑みを浮かべてそれを眺めていた。

加藤と佐野の視線が絡む。

今まさに、加藤が佐野を貫こうとした瞬間、思いがけない人物が割って入った!!

驚く二人。

加藤の見つめる先には、胸の中央を刺し貫かれてた心が茫然と立っていた。

「し・・・心さん・・・!」

佐野が声を吐き出す。

「どうしてここに・・・!」

加藤も信じられないと言うように目を瞠る。

加藤が火をつけた山小屋は勢いよく、炎に包まれていた。

なんとか動けるようになった心は膝で壁を壊し、そんな状況から逃れようとするが、火の勢いが強すぎる!

火に焼かれ、木造の山小屋は不気味な音を上げていた。

バキッバキッ
ギシッギシッギシッ

額から血を流し、熱さに悲鳴を上げながら、それでも心は生き伸び、逃れ、ここに辿り着いたのだ。

そして、自らの父を守り、凶刃に貫かれてかろうじて立っていた。

「お前の・・・殺人の証拠だ・・・」

加藤に近づき、佐野巡査は、彼が逃げられないように自分と彼の手に手錠をかけた。

「これで・・・終わりだ・・・加・・・・・・」

ゼエゼエと、なんとか声を出した心だったが、ついに、くず折れた・・・。

それに佐野が気をとられた隙に、加藤は心からナイフを抜き、再び佐野に刃をふるおうとした!!

佐野巡査は躊躇なく、二発の弾がんを加藤に放った!

「確実に」犯人をしとめるための二発。

それは間違いなく、加藤を打ち抜いた。

気が付いた者だけが、固唾をのんで見守る中、ついに世界に音が戻る。

心を息子と認める佐野

バシャッ

撃たれた加藤が倒れ、誰かが叫ぶ。

「救急車!救急車を呼び戻せ!」

子供のみきおは茫然とそれらを眺めていた・・・・・。

悲鳴、雨の音、そして佐野が心を呼ぶ声がする。

「心さん!心さん!」

心は何かを言いたそうだ。

だが言葉にならない。

なんとか持ち上げられた血だらけの心の手を、佐野は強く握りしめる。

「もう大丈夫だ・・・
約束だべ?
温泉に行くぞ
家族みんなで」

「もうどこにも行くな・・・
ここにいればいい」

「俺の話を聞いてくれ 心・・・」

佐野は心の手を両手で握りしめて、強く言う。

「お前は俺の子だ!」
「俺の息子だ!!」

佐野の目からは涙があふれていた。

その言葉を聞いて見開かれていた心が目を閉じた・・・。

死ぬなと、親より先に死ぬなと叫ぶ佐野の声が、ふりしきる雨よりも強く響いていた・・・・・・。

 

時は流れ、2017年。

「田村心 平成元年6月24日 享年28歳」

そう書かれた墓標の前で、6月の雨の中、傘を差しながらたたずむ数人の人影があった・・・・・・。

スポンサーリンク

テセウスの船88話までを無料で読む

ということで、テセウスの船88話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、テセウスの船88話を含めた週刊モーニング2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

テセウスの船88話の感想・考察

前回からの流れとは言え、ヤマ場らしい表現が満載の回でした!(°д°)

始まりから中盤以上まで、「雨にかき消される」形で音は排除され、絵だけで見せる演出

読者としては、絵に集中するしかない状況が作り出されます。

そこから生まれる強い緊張感に、冷や汗が出る気さえしました。

そして、前回まったく姿を現さず、安否が気遣われた心が、とんでもない形で現れます!

自らの父親をかばい、凶刃に刺し貫かれてしまった心・・・・・・。

そのやり方でしか、もう加藤を止めることが出来ないと踏んだのでしょうが、どれだけの覚悟があったことか。

いえ、彼はその前から覚悟をしている節はありました。

居場所はないのだと語っていた言葉が、思い出されます。

それらの彼の思い、行動、すべてが父親の佐野は、最後にやっと理解できたかもしれません。

どうしようもなく、哀しく切ない・・・・・・(._.)

最後のページでは「田村心」は死んだことになっていました。
が、この2017年の心が次回ではでるのではないでしょうか。

どんな結末が準備されているのか。

これほどのドラマ、映像化されないはずがありません!!!

8巻の帯で発表される「何か」があるといううわさがありましたが、
本誌でもついに発表されました。

ドラマ化決定です!

そして、次回、ついに最終回です。

ドラマともども見逃せませんね!!!(≧∇≦)

テセウスの船88話についてのまとめ!

テセウスの船88話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、テセウスの船88話を含めた週刊モーニング2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です