【天 天和通りの快男児】2話あらすじネタバレ!内容や感想もチェック!(10月10日放送分)

2018年10月スタートの秋ドラマがはじまり、10月3日深夜1時35分から「天 天和通りの快男児」が始まり、第2話が放送されました!

第1話では心理学を応用し麻雀をする井川とイカサマを駆使して戦った天。井川は天との勝負に負けはしたものの、その腕を見込まれて代打ちをすることになります。

しかし、対戦相手に再び天が加わり、井川は劣勢の状態へと追い込まれてしまいます!

それでは、ドラマ「天 天和通りの快男児」第2話のあらすじ、ネタバレ、感想などについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ「天 天和通りの快男児」のあらすじは?

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆき(古川雄輝)は、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷五朗)と出会う。

天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。

やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげる(吉田栄作)や関西屈指の現役最強の雀士・原田克美(的場浩司)、僧我三威(でんでん)らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。

麻雀を通して、男たちの命をかけた圧倒的な心理戦を熱く描く。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/ten/story/01.html

ドラマ「天 天和通りの快男児」2話のネタバレは?

勝ち越しをされ追い込まれた怖いお兄さんと井川。天達の作戦が読めず苦戦をしていたところ、井川が天達の様子の変化に気付きます。

その微妙な変化を見逃さなかった井川はその後勝負を振り出しに戻す展開へと持っていくのです。

状況が芳しくないと悟った天が休憩をとり、おじさんに「なぜ勝ちを焦るんだ?」ときく。おじさんは「少しでも自分の手でなんとかしたくて」と心の内を明かします。

「何度も言うが同じ打ち方を徹底してくれ」という天はに対しおじさんは言い訳をします。

天は「勘違いずるな。中途半端な考えは命取りになる」と釘を刺すのです。

「人は希望によってあらゆるものを手にしていく。人生の大半はそれでいい。

だがギャンブルは逆だ。むしろ希望によってすべて失う。あんたの人生を俺に預けろ」と言い放ちます。

一方そのころ、井川は天のイカサマに警戒するよう念入りに打ち合わせをしています。

ここからが、本当の勝負所になっていくのです。

勝負が再開し、天は頭を使って疲れたので大福とお茶を出すように要求します。

天がイカサマをしないよう見張っているが、天は大福を食べている。と、次の瞬間に停電が発生します。

この停電に乗じてイカサマをした可能性があるからノーカウントにすると言い出した怖いお兄さんに対し、

天は「言い切ってくれ」とイカサマしたと断定するのか、しないのかはっきりしろと言います。

「イカサマと断定した場合は自分の手が九蓮宝燈じゃなかった場合、権利書は無条件で貰う。

もし断定してイカサマをしていたら好きにしろ」と提案します。

しかし、井川がすかさずイカサマはしていないと発言をします。

その理由はイカサマをしたのであれば大福の粉がついているはずだが、その粉がないため、イカサマはしていないと判断したのです。

しかし、天はダブル役満を出し、「俺達の勝ちだ」といい勝利を収めるのです。

権利書を受け取った天はおじさんに権利書を渡し、その場を去るのです。

天に再び敗れた井川は、その腕を見込まれてもう一戦代打ちを依頼され、井川はこのままでは終われないとその代打ちを受け入れます。

一行は勝負場であるる古い倉庫へ移動し、中には冴えない男が待っていた。

しかし、いざ勝負をしてみると井川はその男に勝てず、連勝をされてしまいます。

イカサマをしている素振りも見えず、ただただ不思議に思っていたところ、男が「種明かしをしましょか?」を言ってきたのです。

男は井川が目で追っていた牌を見て、手の内を判断していたというのです。

絶体絶命となったその時、「面白そうな勝負やってるな、兄さん。俺も混ぜてくれよ」と天が現れたのです。

ドラマ「天 天和通りの快男児」2話について世間の感想や評価は?

ドラマ「天 天和通りの快男児」2話について世間の感想や評価は?

ということで、【天 天和通りの快男児】第2話のあらすじ、ネタバレ、感想について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

天と井川の勝負は今回も天が勝利を収めました。

以前自分がだまされたイカサマを警戒するあまり、他のイカサマにハマってしまった井川!

しかし、次回は天と井川が共闘する流れになりそうですね!どんな勝負になるのか、第3話も見逃せません!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です