【天 天和通りの快男児】の三井役の金子昇ってどんな人?出演ドラマもチェック!

【天 天和通りの快男児】でスポーツNo’1決定戦やテレビドラマなどで活躍中の金子昇さんが三井役で出演します!

運動神経の良さや演技だけではなく、学生時代はビートルズなどのコピーバンドとして活動していたそうです!

羨ましいことに、まさに万能なのではないでしょうか!今回はそんな多彩な金子昇さんについてまとめてみました!

スポンサーリンク

金子昇ってどんな人?

金子昇のプロフィール

生年月日:1974年10月18日
出身地:長崎県長崎市
身長:178cm
血液型:O型
職業:俳優
ジャンル:舞台、テレビドラマ、映画
活動開始:1999年〜

金子昇の経歴

学生時代にビートルズなどのコピーバンドをしていたのだが、その頃にビートルズを題材にした映画『バック・ビート』を観て俳優業に興味を持ったそうです!

その時に映画好きでもあったことから俳優になることを決意し、大学卒業後は東京の企業に勤めながら演技のレッスンも受けておりました。

しかし、大阪へ転勤になってしまったことによりレッスンを受けられなくなったため、退社してアルバイトをしながら本格的に俳優の道へと進みました!

デビューは1999年の『女医』(読売テレビ)でドラマデビューし、さらには『百獣戦隊ガオレンジャー』に出演をしております!

出演時は多忙であったが、それ以前は仕事がなくアルバイト中心の生活を送っていたため、撮影でスケジュールが埋まっていることに喜びを感じていたといいます。充実した仕事っていうのは、やはりいいものですよね笑

金子昇の出演ドラマ

百獣戦隊ガオレンジャー - 獅子走 / ガオレッド(声) 役 主演

金子昇さんはガオレンジャーのリーダー、レッドとして登場します!

物語は21世紀を迎えた世界は環境汚染・生態系の異常・人間関係の疲弊化により、地球の生命力が減少しつつある設定となっております。それにより発生した邪気が具現化し、オルグと呼ばれる邪悪な鬼の一族が出現したのです!

ある日獅子走はガオレンジャーの4人に連れて行かれ空に浮かぶ天空島アニマリウムで、パワーアニマルという大地の精霊である正義の野獣たちのリーダー・ガオライオンに出会う。

こうして彼は、パワーアニマルに選ばれしネオ・シャーマンの戦士ガオレンジャーの5人目にしてガオライオンに選ばれたリーダー・ガオレッドとなる!

YAOH〜やおう〜 - 一ノ瀬優 役

北海道から上京してきた的場遼介が新宿・歌舞伎町を舞台に様々な対決をしていくホストの物語。夜のネオン街を舞台におりなすホスト達のストーリー。

仲間のホスト達、ライバルのホスト達との戦いや女達との恋模様など、勧善懲悪で現実の夜の世界をやや誇張しているものの、努力・友情・勝利・恋愛など漫画ならではの要素をふんだんに取り入れた作品です。

金子昇はホストクラブ「ドンファン」のNo.1、「歌舞伎町四天王」の一人として目的のためなら手段を選ばない危険な男として登場します!

鉄道捜査官 - 立花広太郎 役

架空の捜査部署である「警視庁鉄道捜査隊東京駅分駐所刑事課」に所属する花村ら刑事の活動を描く物語です。

金子昇は鉄道捜査官として、シリーズ途中で久我に代わる新人として登場です!

美人相手になるとフットワークが軽く、事件に関わる女性とデートしたりいい雰囲気になることが多い、女の子が大好きな役ですね笑

スポンサーリンク

三井ってどんな役?

本作は麻雀や賭博を題材とした作品で人気の福本伸行作品で、義理人情に篤い勝負師の天貴史と、繊細で率眼を得意とする青年、井川ひろゆきを中心に物語が展開されます。

序盤は麻雀よりも人情話が重視されており、物語が進むにつれ裏社会の人間も登場し手に汗握る勝負がくり広げられるようになります。

金子昇さんが演じる三井とは原田率いる西側の雀士で相当な実力者であるが赤木の闘牌に翻弄されてしまう。

更に相手の役満を味方への差し込みで潰そうにも自身の脱落を拒んだことで、四暗刻の成立を許し、阿久津ともども脱落してしまいます。

まとめ

スポーツ万能でイケメンである金子昇さん!レンジャーを経て様々な役に挑戦しておりますね。スポーツNo’1決定戦でみたことある方も多いのではないでしょうか。

いつも全力で体を張って頑張っている金子昇さん、今回は麻雀の世界に飛び込んできました!金子昇さんのキャラクターでどのような演技をみせてくれるのか、楽しみですね!

ドラマ『天 天和通りの快男児』を今すぐ見る方法はコチラ!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です