【天 天和通りの快男児】の阿久津役の永岡卓也ってどんな人?出演ドラマもチェック!

【天 天和通りの快男児】でテレビドラマや舞台などで活躍中の永岡卓也さんが阿久津役で出演します!

永岡卓也さんは地元の先輩に誘われて自主制作映画に参加したことがきっかけで俳優になったそうです。

今回はそんな永岡卓也さんについてまとめてみました!

スポンサーリンク

永岡卓也ってどんな人?

永岡卓也のプロフィール

・生年月日:1985年5月31日
・出身地:長野県
・身長:184cm
・血液型:B型
・職業:俳優
・ジャンル:舞台、テレビドラマ、映画
・活動開始:2008年〜

永岡卓也の経歴

スタイル抜群で黒縁メガネがトレードマークの永岡卓也さん、趣味は写真で特技はバスケットボールとギターとのことです。

身長もあるので、バスケットボールなんかはとても有利な感じがしますよね笑

俳優になったのは地元の先輩に誘われて自主制作映画に参加したことがきっかけだそうです!

モデルとして仕事を始め、2008年4月にPureBOYSというバンドメンバーに加入し、その際に眼鏡を着用することとなりそれ以降は黒縁メガネがトレードマークとなるのです!

ちなみに、バンドは2012年の10月27日解散に解散しております。

2015年8月をもって10年間所属していたヒラタオフィスを退社し、2016年3月2日にTwitterにてアービングに所属した事を発表した。

永岡卓也の出演ドラマ

執事喫茶にお帰りなさいませ - 桜庭 役

都内のとある閑静な住宅街にある執事喫茶「コモンローズ」では、執事の黒美崎の指示の下、新人フットマンの小田切、鳴羽、桜庭、繭乃が帰ってくるお嬢様たちにお仕えしております。

本作品は優雅な執事喫茶を舞台に、お嬢様や旦那様、お坊ちゃまとして至福の時を過ごす、若者たちのさまざまなドラマが巻き起こります。

永岡卓也さんは我の強いツンデレキャラのフットマンを演じ、劇中では鳴羽をライバル視してい役での登場になっております!

ジョーカー 許されざる捜査官 - 轟泰樹 役

物語お主人公は神奈川県警捜査一課・強行犯係4班班長の伊達一義。彼は昼間はお人好しな性格だが、夜になると一変、制裁者として法の目を逃れる凶悪犯を社会から完全隔離することで鉄槌を下し、様々な凶悪事件の被害者遺族を苦悩から解放するのであった。

永岡卓也さんは伊達一義さんんが所属する神奈川県警捜査一課・強行犯係4班に所属しており、巡査部長役として登場しております!

ラストマネー -愛の値段- - 田中裕樹 役

舞台となる清和生命は1日に約3500件の保険金支払請求があり、平均49億円の保険金が毎日支払われている。

査定部では死亡診断書や事故状況報告書をチェックし必要ならリサーチ会社に詳しい調査を依頼しその報告により支払いの有無を判断し、営業開始時間から午後5時までお客さんの死亡保険金問い合わせに対応しているのです。

キャッチコピーは「これが、“生命保険”の正体。」。そんな中、永岡卓也さんは業務を毎日こなす清和生命の保険査定員としての登場となります!

スポンサーリンク

阿久津ってどんな役?

本作は麻雀や賭博を題材とした作品で人気の福本伸行作品で、義理人情に篤い勝負師の天貴史と、繊細で率眼を得意とする青年、井川ひろゆきを中心に物語が展開されます。

序盤は麻雀よりも人情話が重視されており、物語が進むにつれ裏社会の人間も登場し手に汗握る勝負がくり広げられるようになります。

永岡卓也さんは山陰の打ち手として登場し、決勝まで残る実力の持ち主です。実は東西戦では唯一人無敗を貫いた男なのです!

西のツモ和了作戦で天や赤木にもダメージを残した高い雀力を持ち、主要キャラに比べて地味ながらも完璧に近い麻雀で一度たりとも振り込まなかったにも関わらず、三井が敗退の拒否により役満和了の親被りで敗退する。

まとめ

舞台やドラマ、そしてバンドといった多くのジャンルで活躍している永岡卓也さん。自身の実力でここまであがってきているまさに名俳優さんですよね。

しかも、新たしいことに挑戦し続けているその姿勢は見ていて見習いたくなるくらいです!

今回は麻雀の世界に飛び込んできました!新しいジャンルでの永岡卓也さんの演技に注目です!

ドラマ『天 天和通りの快男児』を今すぐ見る方法はコチラ!↓↓

コチラの関連記事もどうぞ!↓↓

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です