昭和ファンファーレネタバレ34話/6巻(最新話)!考察&感想やあらすじもチェック!【永遠の喪失】

昭和ファンファーレの最新話34話は2019年5月1日のBE LOVE2019年6月号に連載されております!

ここでは、昭和ファンファーレの最新話である34話「永遠の喪失」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても昭和ファンファーレ34話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

昭和ファンファーレ33話までのあらすじ

浅海の子を妊娠した小夜子は、戦地へ赴いた浅海の帰りを待ちわびていた。

ようやく戦争もおわった。

だが、これらかという時に、浅海の戦死の知らせが届いた……。

昭和ファンファーレ34話のネタバレ

戦争は終わった。
だが、浅海は還らぬ人となってしまった———-.。

深い爪痕

終戦により街も平静を取り戻しつつあった。
進駐軍のために、ダンスホールやビアホールでジャズをうたう事も出来るようになった。
戦時中はあれほど禁止されていたものが……。

そんな中、浅海との思い出のサクラホールでの歌の仕事が舞い込んだ。

ふさぐ気持ちに鞭打って、かつてのように美しく着飾り、サクラホールに立つ小夜子。
客は浅海を殺したかもしれないアメリカ兵……。

戦争中の惨劇を思い出さずにはいられない。

ふと見ると、浅海が弾いていたピアノが目に止まる。

思い出のあふれるこの場所は辛すぎる。

歌えない
歌えない・・・!!

泣き崩れ、仕事を投げ出してしまう小夜子だった・・・。

夢の中で、浅海との再会を喜ぶ小夜子に、
浅海は言う。

ごめん 小夜子
楽しかったよ 小夜子

君に 幸いが ありますように

そう言い残し、泡となって浅海は消えてしまった……。

浅海が帰らぬ事実を再確認し、涙が止まらない小夜子だった。

いかに ひさしき ものとかは しる

(あなたが来ないのを嘆き、一人で寝る夜が明けるまでの間は、
どれほど長いものなのか、あなたは知っているだろうか、いや、知らないだろう)

百人一首の歌を思い出す。
そんな小夜子の、心の爪痕は消えない……。

絶望だけが救い・・・

愛する者を失う辛さを、心底味わった小夜子は、
月子に謝罪する。

同じ立場にならないと分からないことがある。
謝る小夜子を、月子は責めはしなかった。

かつて月子が恐れた、悲しい記憶と結びついた蝉の声。

でも、彼女はもうそれも怖くないという。

「(心の)穴はずっとあいたままだけど・・・
そういうものだとわかったから平気」

そう言いながら、悲しみの最中にいる小夜子の側に、かつて小夜子がそうしてくれたように、

「一緒にいてあげる」

そう、月子は小夜子に告げた。

戦後の動乱期の中、浅海の子供を元気に産み落とすことが出来た小夜子。
生活にも工夫を加え、収入を増やそうと頑張っていた。

母はまた歌うことを勧めるが、小夜子は歌えないという。

歌は浅海と共にみた夢。

歌うたびに彼の不在を思い知らされる。

あの夢は浅海と共に消えたのだ。

戦争で、自分を初めて女優として認めてくれた監督も死んだ。
歌だけではなく映画すらも完全に閉ざされた気がする。

いっそ、これ以上ないくらいの絶望を願わずにはいられない小夜子。
苦難こそが、浅海を失った事実から忘れてくれる、
そう信じていた。

希望の予感

そんな日々が続くある日、彼が現れた……。

かつて自分に告白してくれた男性・天良(たから)。

彼もまた死んでるとばかり思っていたのに。
彼は顔に大きな傷をつけながらも、元気そうな面持ちで小夜子に笑いかける。

何も言えない小夜子。

ただただ、苦境の波だけを望んで、何が来てももういいと必死で気を張って生きてきたのに……。

黙り込む小夜子の様子に、天良はいう。

「ああ あんた ずいぶん気ィ張ってたんだなァ

「よし 肩の力ァぬけ!
帰ってきたぜェ?」

そう言って、彼女の肩を軽く叩く天良に促され、小夜子もやっと涙と共に笑顔がこぼれる。

「よかった 本当に」

この時、すこしだけ 救われた気がする小夜子だった。

スポンサーリンク

 

昭和ファンファーレ34話までを無料で読む

ということで、昭和ファンファーレ34話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、昭和ファンファーレ34話を含めたBE LOVE2019年5月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

昭和ファンファーレ34話の感想・考察

戦争で愛する者を失って、子供のためにだけなんとか正気を保っているような小夜子の様子が辛いですね……。

浅海の喪失を忘れるためにだけ、苦難を望むという姿勢は、完全に心を病んでいます。
幼子のためには、決して良いことではありませんが、それほどの悲しみということでしょう。
それでも彼女の救いは、月子はじめ周りに人が居る事です。

今回は、重い空気が支配した回でした。

次回は天良も戻り、これからまた最後のどんでん返しの予感がします。

次回フィーナーレのようなので、ぜひ今回の分もU-NEXTで予習をおススメします^^

昭和ファンファーレ☆34話についてのまとめ!

昭和ファンファーレ34話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、昭和ファンファーレ34話を含めたBE LOVE2019年5月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA