【SUITS(スーツ)】3話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月15日放送分)

2018年10月スタートの秋ドラマがはじまり、10月8日21時から「SUITS/スーツ」が始まりました!

織田 裕二さんが10年ぶりに「月9ドラマ」主演の「織田 裕二さん×中島 裕翔さん」がお送りする、スタイリッシュな弁護士ドラマ第3話が22日に放送され、アメリカで大ヒット中のドラマシリーズ『SUITS』を原作とした弁護士ドラマです。

それでは、ドラマ「SUITS/スーツ」第3話のあらすじ、ネタバレ、感想などについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ』についてのあらすじは?

【SUITS/スーツ】はエリート敏腕弁護士、甲斐正午と司法予備試験を高2でパスした天才フリーター鈴木大貴が法廷に挑むスピーディでスタイリッシュなリーガルドラマ。

甲斐は日本の四大弁護士事務所「幸村・上杉法律事務所」で働く優秀な人物ながら傲慢で勝利のためなら違法行為ギリギリの手段も用いて、

そんな甲斐のことを心配した上司は、昇進の条件として若手弁護士を雇うことにした。

偶然やってきたのが驚異的な記憶能力を持つ優秀な頭脳で犯罪行為に手を染め、介護施設に入らなくてはならない祖母の為に大金を必要としていた鈴木大貴だった。

その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴の採用を決め、「幸村・上杉法律事務所」で一緒に働くことになるドラマの第3話について紹介させてもらいます。

ドラマ『SUITS/スーツ』3話についてのあらすじは?

甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー『KAMIYA』を訪れていた。

KAMIYAでは、娘の静佳と取締役の安樂孝志が葬儀を巡ってもめ、臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌だった。

そのころ大輔は、蟹江貢弁護士に声をかけられ、世界的人気ゲームを手がけるBPMのCEOである藤ヶ谷と接触することになり、

有名ゲームプレイヤーである大輔は、藤ヶ谷と意気投合し、仲良くなった。

甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していて甲斐は、

取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが……。

KAMIYAに関する資料を叩き込めと大貴に指示し、目的は「KAMIYAの新社長を会社から追い出す」ことだった。

そんな中、安樂の顧問弁護士に蟹江が任命され甲斐は新社長阻止のため岡林を説得しに向かい、大輔とともに岡林を乗り気にさせることに成功する。

取締役会へ出席するも、幸村の作戦により安樂の社長就任が決定し追い込まれたが、前社長との約束を守りたい甲斐は、

KAMIYAの会議へと出向きゲームメーカー『BPM』からの買収の話を静佳が応じるつもりであることなどを話し、みんなが困惑したところで岡林に決意表明させた。

スピーチは成功し、藤ヶ谷は甲斐と大貴に顧問弁護士を頼むのだった。

ドラマ『SUITS/スーツ』3話について世間の感想や評価は?

ドラマ『SUITS/スーツ』3話についてまとめ!

甲斐と大貴!いいコンビになってきましたね。ますます二人から目が離せません!!

甲斐は今まで報酬第一で動いているという様な印象が強かったですが、先代社長との約束を守るため、先代社長がまだ生きている内から

勝手に東南アジアに工場移転の話を裏で進めていた安樂を次期社長にする訳にはいかないと奮闘していました。

甲斐の意外に情が厚い一面を見ることが出来き、これからの甲斐の変わっていく姿も気になります!

ドラマ『SUITS』を今すぐ見たい方はコチラ!↓↓

こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

ネタバレをチェック!世間の感想や意見も気になる!↓↓
第1話
▶【SUITS(スーツ)】1話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック!(10月8日放送分)

第2話
▶【SUITS(スーツ)】2話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月15日放送分)

第3話
▶【SUITS(スーツ)】3話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月15日放送分)

第4話
▶【SUITS(スーツ)】4話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (10月29日放送分)

第5話
▶【SUITS(スーツ)】5話のあらすじネタバレ!内容や感想もチェック! (11月5日放送分)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です