蒼穹のアリアドネネタバレ102話(最新話)!考察や感想も!【目指す地】

蒼穹のアリアドネの最新話102話は2020年2月26日の週刊少年サンデー2020年13号に連載されております!

ここでは、蒼穹のアリアドネの最新話である102話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

→週刊少年サンデーネタバレ一覧はこちら(^^)/←

過去のネタバレはこっちだよ♪


→蒼穹のアリアドネネタバレ101話!考察や感想も!【一石二鳥】
→蒼穹のアリアドネネタバレ100話!考察や感想も!【招待地】
→蒼穹のアリアドネネタバレ99話!考察や感想も!【生き残り】

スポンサーリンク

蒼穹のアリアドネ102話のネタバレ

ある場所へ!?

「知った風な口を…きくな!!」

マウ族(男)を説得しようにも聞く耳など持っていない…仲間を庇うために戦闘を続けるラシルでしたが、その裏で残虐なシュレイク一団はマウ族(女)を連れてある場所を目指しているとは知る由もありません。

マウ族(男)はラシル以外のラシル一行の馬車に攻撃をしかけようとしますが、ラシルの機転でここは回避。ラシルも一端身を引きます。

「もちろんこのまま逃がす気はない。グランデアロウ。」

バリバリバリ ゴウ

地面に向かって矢を放つのはマウ族(男)のオーガ。

ガガガ

オーガの放った矢は飛んでいるラシルにヒット。

「ラシル!!!!」

オーガの攻撃をモロにくらったラシルは意識を失いますが、タイミングよくそこにいたのはカグラ
ラシルに何かあった時のためにラシル以外の一行はカグラを残していたのです。

そして、カグラの能力で見事回復するラシル。
ほっと一安心です。

ラシル以外の一行は?

レアナはあいかわらずラシルを心配しています。
自分がラシルなら大丈夫!と言った手前ですが、落ち着きません。

「しかし…マウ族をさらった連中…一体どこへ向かっているんだ?」

この発言に反応したのはポポルハザン
行く先に何か気配があることをもう感じている様です。

「奴らの使うエネルギーの感覚に近い。それが濃く集まる場所がこの先にある。その力を使うものにとっては、おそらく特別な場所…。」

ゴウン ゴウン ゴウン ゴウン…

シュレイク一団は不気味で大きな物音を立ててある場所へ到着。

「ここが誰も足を踏み入れてはならぬマウ族の聖地。グランデロックス【大地神の岩群】だ。」

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ
下に書いたよ~!
スポンサーリンク

蒼穹のアリアドネ102話の感想・考察

「蒼穹のアリアドネ」の最新102話のネタバレはいかがでしたでしょうか(^^)/?

マウ族を最後まで説得しようとするラシルはあいかわらず良い奴すぎて命がいくつあっても足りませんね(笑)
そんなラシルだからこそ仲間がカグラを残したのでしょうけど、カグラいなかったら〇んでたよ、ラシル…(; ・`д・´)

一方で、残虐なシュレイク一団は一足先にマウ族の聖地に到着。
一体ここで何をしようとしてるのでしょうか…?
マウ族(男)も早くしないとマウ族(女)が危ないよ…。

次回の「蒼穹のアリアドネ」もとっても楽しみですね★

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧はこちら(^^)/←

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、蒼穹のアリアドネ102話を含めた週刊少年サンデー2020年13号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください