黙祷の時間は15秒?今日(東日本大震災)や広島は何秒?

黙祷と言えば、祈りをささげることですが、実際どれくらいお祈りを捧げればよいかわかりませんよね〜?^^

また、今日(東日本大震災)や広島原爆は黙祷の時間が何秒くらいなのか気になりました!

ということで今回は、黙祷の時間について

  • 15秒ってホント?
  • 今日(東日本大震災)は?
  • 広島原爆は?

などを中心に見ていきたいと思います!

それではどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

黙祷の時間が15秒ってホント?

黙祷の時間ってどれくらいなのか調べてみると、具体的な決まりがあるのか気になります。

しかし、はっきりとした時間は決まっておらず、黙祷時間はだいたい1分が目安のようです。

15秒でも目をつぶると長いのですが、ちょっと短いんですよね^^

最低でも黙祷は30秒間〜が適正な時間のようです!

今日(東日本大震災)は広島原爆の日は何秒?正しいやり方は?

今日(東日本大震災)や広島、長崎の平和式典、終戦記念日の式典、阪神や中越の震災の追悼式典でも1分間の黙祷がされています。

また、黙祷は仏教・神教などさまざまな宗教に関係なく祈ることができるので、世界共通なんですよね!

黙祷の正しいやり方は?意味は?

黙祷をやったことがある人はほとんどだと思いますが、学校などでは教えてくれないですし、そこまで自分で調べないですもんね^^

黙祷は、その名の通り「黙って祈ること」で、当たり前ですが「声を出さないで動かさないで」やらなければなりません。

本来の意味は、神や死者との会話で、無言であなたの気持ちを祈りにささげることですが、黙祷をすることで自分の気持ちを見つめ直して、考えを整理することでもあるんですよね。

黙祷の本当の意味や目的を知って、今後もしていきたいと思いました。

黙祷の時間についてのまとめ

黙祷の時間について調べてみましたが、まとめは以下の通りになります!

  • 15秒は長いようで、実は短い。
  • 式典などでは、だいたい1分間で、最短でも30秒から。

最後までお読み頂きましたありがとうございました!m(_ _)m

どうぞ他の記事もごゆっくりとお読みくださいませ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です