執事たちの沈黙ネタバレ38話/10巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

執事たちの沈黙の最新話38話は2019年8月24日のCheese2019年10月号に連載されております!

ここでは、執事たちの沈黙の最新話である38話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても執事たちの沈黙38話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

執事たちの沈黙38話のネタバレ

一晩たち…

鳥の囀りで椿は目を覚ますーーーー…すると義経が寝そべりながら「…はよ」と挨拶をしてくれた。

そしてまだ早いから寝てろ…と椿を胸に引き寄せ、寝てしまうのだった。

寝ている義経に「昨日のえっち激しかったしお疲れなのね」と呟きながら写真を撮る椿。

そんな時義経が寝返りをうち、布団がズレるーーーーー…

そしたら義経が寝ているのにも関わらず、義茸がたっていることに驚く椿。

そしてまじまじと見て一言…。

「昔 ハワイの海底で見たナマコみたい…」

“ピピピピピピ”

5時になり、義経のアラームが鳴り響く。

義経が体を起こすとーーーーー…なぜか椿が自分の義茸にリボンをつけていた。

椿曰くかわいくしたら愛せると思ったらしい。

「人のチンコにかわいさなんか求めんな!!」と訳のわからないことを言う椿に、義経はゲンコツするのだったーーーーー…。

愛し合う2人

ろくでもないことばっかり思いついて…と義経は呆れ顔。

「昨日のしおらしさはどこいった」

そう義経は椿の頭を撫でる。

昨日は義経の家族にお付き合いを反対されたことがショックだった椿…でも自分たちの不滅の愛があれば大丈夫!と考えるようにしたのだ。

カオルは愛の伝道師…自分たち世界中の誰よりも愛し合ってると、きちんと話せば伝わると椿はやる気。

そしてなんだか愛を語り合いたくなってきた椿は『おたがいの好きなところ』の言い合いっこしようと言うが、義経はまっぴらごめん。

そんな義経に素直になるとこだ、とかだいたいね…と椿はプンスカするが…

「あいにく これがおまえの惚れた男だよ」

そう言って椿を押し倒し、ネクタイで両手を結び…お仕置きだといってエッチに突入するのだったーーーーー…。

カオルと義経と椿

義経は使用済みのゴミを捨てようと外に出るーーーー…するとそこにはカオルがいた。

「なぜいる!?」という義経の叫びを聞き、椿も外に出る。

3人は向かいあうーーーーーー…まだ何かあるのかと義経は圧をかける。

カオルは昨夜のことを一晩中ここで考えたと話す…そして考えた結果、

「私は 君たちのことを信じたいと思った」

ずいぶんな心境の変化に驚く義経。

カオルは続けて…未成年と付き合うことに感情だけでは通らない現実はあるとするも、義経が誰かのために怒る姿を初めてみたのが決めてだったそう。

義経がカオルのことを大事にしてるのが、カオルにとく伝わったのだ。

「こんなバカの世話 好き好んでやるの俺くらいなもんですよ」

義経はそう言って椿の肩にそっと手を添える。

一連の流れがとても嬉しい椿は、「ふつつか者ですがどうか細い目で見守ってください!」と長い目と間違いながらも、挨拶をするのだった。

極悪人

義経は椿の朝食にホットケーキをつくる…それをまだ帰っていないカオルも一緒に食べるのだった。

カオルは椿に付き合ってどれくらいなのかと質問する。

「義経さんとは つき合ってもうすぐ1年です♡」と嬉しそうに答える椿に、アイデアノートを持ち出しカオルは続けて記念日の計画についてのことを聞く。

椿としてはカップルフォトはマストと話す。

ゴンドラに乗ってピンクのスモークの中に365ほんのバラに囲まれて愛を形に残す。

ゴンドラのレンタルはたったの●●万円…節約家の義経でもいいんじゃないかな…と椿は話すが、それを後ろで聞いていた義経は死んだ目をしていた。

「…お嬢様 私にとってはお嬢さまと過ごす毎日が記念日ですよ」

そう優しい眼差しでお茶を出す義経。

今更特別な記念日など必要ないと椿を後ろから抱きしめる義経ーーーー…「で…でも でも」とまだ少しゴネる椿に、「もう一押しか…」と小さく呟く義経。

義経は外にあるバラを一本きり、椿に差し出し甘い言葉をかける。

それに椿はクラッときてしまうーーーーーー…

「だまされるな椿ちゃん!!奴の目をよく見るんだ!!」

ハッとした椿は義経の目をよく見る…と、そこには一年記念日をめんどくさがって椿を丸めようとしている極悪人の目があった。

椿はわなわなとし…大切な記念日をめんどくさいなんてどんな神経してんだ!!と叫ぶ。

椿とカオルは「わーわー」と人の気持ちわからないや、もっとカオルの作品でもよんで心の勉強をしないなど言われるので…

「うるせぇーーっっこのダブルバカ!!」

そうブチキレる義経なのだった。

めんどくさい…けど

義経は仕事終わり、いつものバーでぐちぐち文句を言う。

「記念日ねぇ…気持ちなんか形にしなくてもわかんだろ」

それなのにめんどくさい…と呟く義経にマスターは、

「そう言いながら さっきから彼女の話ばっかりじゃん」

そう指摘され少し青ざめる義経はお会計を置き、店を後にする。

マスターはそんな義経が昔よりいい顔をしていると感じた。

お金だって千円だけだが、置いていくのは珍しい…自分が彼女の話ばっかりしているのに相当動揺したのであろう。

義経は店をでて、記念日なんもしないことにしょんぼりする椿の顔が思い浮かぶのだったーーーー…。

椿は自室で口を開けば『めんどくさい』ばかり言う義経に怒りを表していた。

「一年記念日はふたりの出会いに感謝する大切な日なのよ」

寂しそうに呟く椿のスマホに着信が入るーーーー…それは義経だった。

『…おまえがやりてぇって言ったんだからな 覚悟しとけ』

電話から聞こえる義経の言葉に、椿はトキメキが隠せないのであったーーー…。

スポンサーリンク

執事たちの沈黙38話までを無料で読む

ということで、執事たちの沈黙38話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、執事たちの沈黙38話を含めたCheese2019年10月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

執事たちの沈黙38話の感想・考察

今回執事たちの沈黙は表紙&巻頭カラーととても豪華でした!
どちらも素敵カラーで、是非みなさんの目にも触れていただきたい…そう思わせる仕上がりです( ´∀`)♡

そして今回も話は前に進みながらも爆笑部分が多いこと…笑

義茸にリボンをつける椿やばすぎます…笑
義茸がああなってたのは…いわゆる朝●ちでしょう…が椿お嬢さまそこまではわからないのかな…(⌒-⌒; )

そしてカオルは障害になるかーーー…!?と思いきや、案外そんなこともなく、ちゃんと義経のことをわかった上で判断されてるのがよきポイントでした!

その後の義経のめんどくさいによる極悪人顔には笑いました…。
いつも通りすぎる…けど今回は少し違いましたね♪

椿によってどんどん可愛らしくなる義経よきです…。
次回どんなサプライズが待っているのか!?

予想の斜め上にいってしまいそうなのでとても楽しみです♪( ´θ`)

執事たちの沈黙38話についてのまとめ!

執事たちの沈黙38話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、執事たちの沈黙38話を含めたCheese2019年10月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA