進撃の巨人ネタバレ116話(最新話)!考察や感想も!【天地】

進撃の巨人の最新話116話は2019年4月9日の別冊少年マガジン2019年5月号に連載されております!

ここでは、進撃の巨人の最新話である116話「天地」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても進撃の巨人 116話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

進撃の巨人116話「天地」のネタバレ

ピークの潜入

シガンシナ区、イェーガー派が制圧している建物の中。
ガビが捕らわれている部屋には、衛兵を刺殺したピークが拳銃をエレンに向けていました。

調査兵団員になりすまし潜入していたピークは、一瞬でエレンを撃ち殺せると脅します。

しかしピークらマーレ軍の目的が、エレンの持つ「始祖の巨人」の捕獲であることを見透かしているエレン。

エレンを撃てない事を認めたピークですが、エレンの「始祖の巨人」の力でマーレを倒せないかと寝返りを匂わせました。

104期同期生らの状況

一方、同建物内の広い牢の一室には、104期同期兵のジャン・コニー・ミカサ・アルミン、サシャの家族、ニコロなどが捉えられていました。

室内のスートーブを使っていれたお茶を飲みつつ、コニーがアルミンに超大型巨人の能力を使用した脱獄の可否を問います。

しかしアルミンは巨人化する際に皆とその付近一帯を吹き飛ばすとして、それは出来ないと答えました。

次にジャンがアルミンに対し、何故エレンとの面会時に二人が殴り合う事になったのかと質問します。

アルミンはエレンがミカサを言葉で傷つけたからと答え、そんなエレンをコニーは冷めた目で昔と変わってしまったと吐き捨てます。

しかしジャンは、そうしたエレンの言動に何らかの意図があるのではないかと推察しました。

そこへオニャンコポンとグリーズを引き連れたイェレナが姿を現しました。

ジャンはイェレナに対し、ジークの描いた一連の計画通りにパラディ島を掌握したことの皮肉を言います。

そしてマーレの義勇兵だったイェレナらの目的は、マーレに対する復讐にあったのだろうと非難しました。

こうしたやりとりの中、牢の中のニコロを侮辱する発言をしたグリーズをイェレナがいきなり射殺します。

そして自らの目的は、世界中を救う事になるジークの「安楽死計画」の遂行だと述べます。

ピークとエレンの駆け引き

ガビの牢内ではピークがエレンに、「始祖の巨人」の力以外に全世界に対抗する術があるのかを問います。

そしてピークの望みはマーレの収容所にいる実父の救出、マーレ打倒であり、そのためならエレンに協力すると述べました。

このピークの発言を聞いたガビは、ピークもマーレを裏切るのかと小銃の銃口を向けます。

しかしピークは、巨人化できる自分達ユミルの民はいずれ全世界から抹殺される運命だとして寝返りを正当化しました。

エレンは指に傷を付けいつでも巨人化出来る体勢で、裏切るのなら証拠を見せろとピークに迫ります。

そして建物屋上から、侵入しているマーレの部隊の位置を教えると答えました。

イェレナによる安楽死計画の公表

イェレナは、104期同期らにジークの「安楽死計画」の概要を伝えました。

それはエルディア人に今後子供が生まれないよう「始祖の巨人」の力を行使し、エルディア人の自然消滅によって巨人そのものを世界から無くすという計画でした。

合点のいかないジャンに、イェレナはジークとエレンの兄弟が歴史に名を残す「神」に等しき存在になると語ります。

そこまで聞いたアルミンはその内容に感激したとしてイェレナに同意しますが、そこへピークが侵入していたとの報せが入りました。

ピークの推察

ピークが巨人化出来ないようガビと手枷で繋がせたエレンは、二人を伴って建物屋上へと移動しています。

ガビはそのさなか、ファルコの安否をエレンに問います。

エレンはファルコもジークの脊髄液入りのワインを摂取してしまったと答え、これにピークはイェーガー派のクーデター成功に納得しました。

そしてジークの脊髄液にどうしてそんな力があるのかに話が及び、ピークは理由は知らないと答えます。

しかしジークはこれまでずっと嘘を重ねていたようだと述べ、ジークの能力と「始祖の巨人」との関連性を感じている様子です。

そして屋上に着いたエレンらは、先に来ていたイェレナと合流、イェレナはピークを信用できないと言いエレンも同意しました。

マーレ軍の奇襲

建物屋上の端まで歩いたピークとガビに向かって、再びすぐに巨人化出来るように身近らの指に傷を付けたエレンは敵の位置を指し示せと命じます。
震えるガビを一瞬優しい目で見たピークは、エレンを指さして敵はそこだと言いました。

そしてガビを抱えてピークが横に飛んだその瞬間、エレンの足下から口を大きく開けた「顎の巨人」が姿を現します。

不意を突かれたエレンは両足を食いちぎられながらも何とかその攻撃を躱すと、巨人化していきます。

「顎の巨人」の手のひらに守られたガビとピークでしたが、ガビはピークの真意を尋ねます。

ピークは空を見るようガビを促しました。

そこにはマーレ軍の5隻の飛行船の姿が有り、ピークはマーレ国は信じられないが、共に戦ってきた仲間は信じていると語ります。

飛行船の中にはマガト隊長・ライナー・コルトの姿が有り、巨人化したエレンを視認し一斉攻撃をしかけようと・・・?

スポンサーリンク

進撃の巨人116話までを無料で読む

ということで、進撃の巨人116話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、進撃の巨人116話を含めた週刊2019年5月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

進撃の巨人116話の感想・考察

先ずはパラディ島シガンシナ区の兵団施設に潜入し、エレンに銃口を向けたピークの動きが激しい回でした。

エレンを脅すも、エレンが「始祖の巨人」を保有している限り単純に殺すことは出来ないと強気にでられると、次は父親を持ち出して裏切るかのうような言動をみせました。

ガビですら真意が掴めず、裏切り者になるのかと思いきや、やはりそんなことはなく上空にきたマガト隊長らにエレンの位置を知らせる働きをしました。

興味深いのはマーレ側にはジーク自身が秘匿している、フリッツ王家の血筋故に自身の脊髄液を飲ませることで「無垢の巨人」にした者たちを操れるという特性にピークが勘付いている点です。

エレンとジークの動き次第では、次回以降に本当にマーレを裏切ることに繋がりそうな点になる予感がしました。

進撃の巨人116話についてのまとめ!

進撃の巨人116話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、進撃の巨人116話を含めた週刊2019年5月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です