センゴク権兵衛ネタバレ142話(最新話)!考察や感想も!【闇夜の仕寄り作り】

センゴク権兵衛の最新話142話は2019年7月1日の週刊ヤングマガジン2019年31号に連載されております!

ここでは、センゴク権兵衛の最新話である142話「闇夜の仕寄り作り」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもセンゴク権兵衛 142話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

センゴク権兵衛142話「闇夜の仕寄り作り」のネタバレ

両軍、闇夜の駆け引き

丑の刻 満潮、周囲は新月の闇夜、風は海へ吹く陸風、風下の仕寄り作りの喧騒は波風にかき消され、連夜の威嚇射撃の音にも慣れた北条兵には「何事もなき夜」の如く思われた。

城外から聞こえる鉄砲の音に、城兵達は夜襲かと騒めきますが、大潮の日に早川を渡ってくるはずはないと落ち着きを取り戻します。

しかし、夜襲を看破している北条氏直は、敵の夜襲の目印になるからと城壁の上の篝火を放置してはおきません。

城兵達は自軍の監視にも支障があると言いますが、氏直は味方は監視するものではなく信じるものだとして全ての篝火を消させます。

場所は変わって池田隊の陣。

突如消された篝火に、ただことではないと池田隊は動揺します。

「何事にやあらん!? 第一部隊の報は」

伊木清兵衛忠次は尋ねますが、まだ伝令は届いていません。

この状況に清兵衛は、小牧・長久手の合戦と同じニオイがすると言います。

「此度の夜襲、北条に看破されたやもしれませぬ・・・」

照政は第一陣の仕寄りが不出来なら、夜襲を断念しなければならないだろうと呟くのでした。

当てずっぽうの威嚇射撃

「・・・大将ッ 敵の篝火が消えとりまさっ」

篝火が消えたことに仙石隊も気が付きます。

「そろそろ潮止めじゃッ。仕寄りも楽ンなるッ。このまま続けるしかねェッ」

まだ敵の襲撃を受けたわけではないため、権兵衛は仕寄りの続行を指示しますが、そこへ突如銃声が響き渡りました。

「隠れぇっ!!!」

全員一斉に仕寄りの陰に隠れますが、鳴り響く銃声に気付かれたと動揺を隠せません。

「落ち着きな。勘でわかんだろ! 当てずっぽうの威嚇だ。田宮ですらわかるこったぜ。」

物陰から何者かが権兵衛に言い聞かせる声がしました。

権兵衛は確かにその通りだと隊を落ち着かせようとします。

「おんしらっ。落ち着けっ。当てずっぽうの威嚇じゃ。勘でわからんか!!田宮でもわかるぞ!」

そしてビビっているのは敵も同じ状況であるから、仕寄りを続けるよう兵を鼓舞するのでした。

一方城壁の上では火花で船の形が見え、眼前に仕寄りが作られていることがバレてしまいます。

そこへ現れたのは早川虎口持口番の笠原正厳。

城兵たちは仕寄りが作られていることを報告し、威嚇射撃を続けるか、それとも急襲するか指示を仰ぎますが、正厳は父と評定するとして帰っていきます。

城兵達は弾薬が勿体ないと威嚇射撃を止めて、明け方の敵の攻撃に備えることにし、再び夜の静けさが戻りました。

仕寄り完成、権兵衛にもたらされる報せ

寅の刻前 引き潮。

「出来ッ 致しやしたぁ!!」

ついに仕寄りが完成し、沸き立つ陣営に権兵衛は必死に鎮めようとします。

「増員来るまで安心すな! 備えいっ 明け方に敵が来るかもしれんぞ」

そんな折、有明の堀直政のところへ何やら報告がもたらされます。

「・・・然らば、仙石殿にお伝え申す」

報告を終えた伝令はその足で仙石隊の元へ行こうとしますが、直政はそれを制して言いました。

「待て、ここは手前自ら伝える・・・。」

その顔には明らかに焦りが見えます。

幸先良いはずだった権兵衛にもたらされる報せとは!?

スポンサーリンク

センゴク権兵衛142話までを無料で読む

ということで、センゴク権兵衛142話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、センゴク権兵衛142話を含めた週刊ヤングマガジン2019年31号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

センゴク権兵衛142話の感想・考察

闇夜の仕寄り作りをめぐり、北条方と豊臣方の駆け引きが描かれた回となりました。

まずは夜襲を看破した北条が篝火を消させますが、北条側も敵兵を確認したわけではなく当てずっぽうに威嚇射撃するくらいしか手はありません。

権兵衛たちもそれが単なる威嚇であることを見抜き、ついには仕寄りを完成させます。

しかし、控えている堀隊、池田隊には夜襲が看過されたことに少なからず動揺している様子で、このままではヤマイヌの計が危ういものになる予感がします。

その一方で、北条方の笠原正厳も何やら腹に一物ありそうな様子で、どちらの陣営から見てもひと波乱ありそうですね。

果たして、権兵衛たちは首尾よくヤマイヌの計を始めることができるのでしょうか。

そして堀直政から権兵衛にもたらされた報せとは一体どのようなものだったのでしょうか。

これは次号が気になりますね!

センゴク権兵衛142話についてのまとめ!

センゴク権兵衛142話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、センゴク権兵衛142話を含めた週刊ヤングマガジン2019年31号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA