センゴク権兵衛ネタバレ141話(最新話)!考察や感想も!【早川に臨む】

センゴク権兵衛の最新話141話は2019年6月17日の週刊ヤングマガジン2019年29号に連載されております!

ここでは、センゴク権兵衛の最新話である141話「早川に臨む」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもセンゴク権兵衛 141話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

センゴク権兵衛141話「早川に臨む」のネタバレ

早川渡河の評定

「石礫を転ばし その響き 震雷に彷彿たるより早川と呼ぶ」(地誌より)

権兵衛ら小田原城早川虎口に臨み、早川渡河の評定を開きます。

そこへ付近の物見をしていた伊賀衆 仁江が現れます。

仁江は物見をして得た情報がある様子ですが、権兵衛には先立つものがありません。

そこで、仁江と権兵衛、伊予水軍の菅平右衛門の3人は堀隊のもとへ向かいます。

3人を出迎えたのは家臣の堀監物でした。

堀秀政の姿が見えないことを権兵衛は尋ねますが、監物は牢人である身分をわきまえるよう諭します。

そして心配せずとも出馬はする旨を伝えます。

「然らば物見のご報告をば」

評定の出席者が揃ったところで仁江が口を開きます。

今夜は大潮で深夜の満潮時には、半月前の大潮の時と同じく、仕寄りの予定地は草摺あたりまで水没し、朝には水が完全に引くだろうと言います。

それを踏まえ、平右衛門と監物は、深夜に陸風で海に出て、上げ潮で川に侵入して仕寄りを作り、引き潮の明け方までに仕寄りを完成させる「一夜仕寄りの計」を案じます。

権兵衛の覚悟

「懸念は坐礁だが・・・ 果たして闇夜の潮入りに船の制御能うかね?」

監物は平右衛門に尋ねます。

権兵衛は強気ですが、平右衛門はやってみないと分からないと言います。

また、渡河能力は兵五百が限界で、仕寄り完成後に漸次増員することとなります。

「よっしゃ良ェか! ヤマイヌの計は出鼻で失敗したら他の隊が続かん・・・。要は台無しじゃ。ともすりゃ豊臣・徳川の間にヒビが入るかもしれん。」

作戦がまとまったところで、権兵衛が緒戦の重大さを説き、一瞬考えてその時は自分が責任を負えば良いと笑って言います。

「とかくおんしらの力を信じとるぞ!!」

気軽に言ってのけた権兵衛ですが、内心覚悟は決まっているようです。

「いつか来るこういう時に、全てを背負う覚悟をするために、七千九百度も参ってきたんじゃ。今度は逃げん。」

早川に侵入開始!

五月朔日 宵、ついに作戦が開始されます。

星明りだけを頼りに船に乗り込む権兵衛たちですが、ちょっと波風が強いようです。

仕寄り部隊は堀隊三百 それに加わる牢人百数十 そして目付の仙石隊三十騎の計五百騎。

相模湾から早川へ侵入します。

同時に、池田、黒田各隊のもとへ渡河開始の報が届きます。

官兵衛はすぐに徳川家康のもとにも知らせるよう言います。

報告を聞いた家康は一言「大儀」とのみ言います。

場面は再び船の上になります。

闇夜の中進む権兵衛たち。

ズン

突如、大きな衝撃がして船が止まります。

「やい、平右衛門オトコ。もしや坐礁か!?」

権兵衛が聞きます。

「へっ、坐礁ってこたあよぉーッ。ここが陸ってことでいいんじゃねぇか!?」

平右衛門は篝火の位置から、このあたりが仕寄りの場所だろうと言います。

また権兵衛の勘も同様にこの辺りだと言っているようです。

「よっしゃ。仕寄り掛かれぇ。」

漢たちが一斉に降りて仕寄り作りに取り掛かります。

スポンサーリンク

センゴク権兵衛141話までを無料で読む

ということで、センゴク権兵衛141話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、センゴク権兵衛141話を含めた週刊ヤングマガジン2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

センゴク権兵衛141話の感想・考察

ヤマイヌの計の緒戦となる早川虎口における作戦が明らかになり、また権兵衛の覚悟が語られる回となりました。

干満の差を利用して、夜中のうちに水没地に仕寄りを作るというのは、かなりぶっ飛んだ作戦なんじゃないでしょうか。

朝になったら目の前に敵陣ができてたら守備側もびっくりですよね。

とは言え、北条も今夜動きがあることを察知しているので、これにどう対処するのかが見物です。

また、権兵衛の口からこの作戦の全てに責任を負う覚悟が語られます。

一見してひょうひょうとしているように見える権兵衛ですが、今度は逃げないという強い決意を持っていることが伺えます。

果たして権兵衛はこの覚悟の通り武功を上げ、汚名を雪ぐことができるのでしょうか。

小田原城編は熱くなること間違いなしですね。

センゴク権兵衛141話についてのまとめ!

センゴク権兵衛141話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、センゴク権兵衛141話を含めた週刊ヤングマガジン2019年29号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA