センゴク権兵衛ネタバレ140話(最新話)!考察や感想も!【川渡し】

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

センゴク権兵衛の最新話140話は2019年6月10日の週刊ヤングマガジン2019年28号に連載されております!

ここでは、センゴク権兵衛の最新話である140話「川渡し」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもセンゴク権兵衛 140話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

センゴク権兵衛140話までのあらすじ

秀吉は小田原城を包囲するも城兵の士気が高く、
力攻めするよりほかなしと考えますが、山中城の被害を鑑みると
うかつに手を出せません。
そこで、状況を打開すべく家康は自ら力攻めを買って出ます。
家康は官兵衛に城攻めの策を問い、官兵衛は八方から
攻めかかり混乱したところを衝く”ヤマイヌの計”を案じますが、
これは家康の思惑とも一致したものでした。
権兵衛は官兵衛と一緒に諸将を説いて回り、池田隊、堀隊の協力を
取り付けることに成功。
家康は5月朔日の夜に作戦を決行することを宣言します。

センゴク権兵衛140話「川渡し」のネタバレ

ルイス・フロイスの評


「関白の兵達は遠隔地の長旅で衰弱し兵糧の不満を告げていた
 僅か数ヵ月での城の陥落は考えられず
 冬に入れば積雪により包囲不能に陥り
 退却を余儀なくされるに違いなかった
 しかも
 退却の折こそ北条軍の待望の刻であり
 関白勢を壊滅せしむ魂胆であった・・・」

北条は小田原城の支城と虎口群を利用した追撃戦を得意としていました。
小田原城を囲む敵に対し支城網および虎口群がゲリラ的に急襲し
敵が攻めあぐねて退却する後背を衝くというものでした。

是は上杉謙信や武田信玄との戦いの中で培われ、北条軍の
血肉となっている戦術で特段の指揮がなくても敵の追撃を
可能としていました。
つまり、小田原城に一度攻めかかればもはや退くことは
許されないのでした。

堀隊の目付役

「お呼びで」
権兵衛は家康の陣に呼ばれます。
本多正信はヤマイヌの計を今夜未明に決行する旨を説明し、
第一陣の堀隊が書状を取り次いだものの当人と面会して
いないことを問い質します。

徳川家は豊臣家諸将の信を得ておらず、堀隊の裏切りが
万に一つでもありえないとは言えない状況でした。

「もし万一
 堀殿の裏切りがあったらば
 仙石殿
 腹を切るお覚悟は?」

正信は静かに凄みを効かせて聞きますが、権兵衛はあっさりと
承知します。

「・・・
 堀殿のために死ぬと?」

権兵衛の様子に家康も不思議そうに尋ねます。

権兵衛は、堀が「巧く美しく働く」という自身の美学を最重視
しており、美学に反する裏切り行為はしないと確信しているようです。

その言葉に家康も納得し、権兵衛に堀隊の横目(目付)の役割を
仰せつけるのでした。

自陣に戻った権兵衛はさっそく堀隊の目付役を仰せつかったことを
話します。
「陣借り牢人から今や目付じゃぞ
 縁きとるの~」

そう言って、権兵衛は高野山の連中から貰った陣羽織を取り出します。
陣羽織には無数の鈴が付いています。
権兵衛は目立って良いと自慢しますが、目立つと闇夜でも鉄砲に
狙われると家臣たちは言います。

それには権兵衛も着ることを躊躇いますが、こうなったら着て
しまえと盛り上がる家臣団に無理やり着せられてしまいます。

淡路の海賊

「ヤマイヌの計」第一陣となる堀秀政の陣に仙石隊も着陣し、
眼下の早川、その先の攻撃目標である早川虎口を睨みます。

「西果ての川で沈んで
 東国の川から這い上がる
 この早川を蘇りの川にするんじゃ」

権兵衛は川を見下ろして言います。
鈴の陣羽織も着ています。

五月朔日は新月の闇夜となり、また大潮のため海嘯の恐れが
あります。
「大将殿
 大将殿
 てゆうかいかに早川を渡るんで?」

森村は大潮に満潮が重なるため仕寄りの地そのものが水没
すると言います。

それについても権兵衛は手を打ってあり、淡路イチバンの
海賊に書状を送ってあると言います。
「奴にゃあ
 ちょいと『貸し』があるんじゃ」

すると向こうから荒くれもの風の一団が姿を現します。
「よぉ」
頭領と思しき男が軽く手を上げて挨拶をします。
そしておもむろに権兵衛を殴ります。

「む
 ぐぅ」

たまらずダウンする権兵衛。
陣羽織もジャランと音を立てます。

「借りぁ
 返したぜ
 船に乗せてやらぁ」

仙石隊
是より早川を渡らんとす

スポンサーリンク

センゴク権兵衛140話までを無料で読む

ということで、センゴク権兵衛140話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、センゴク権兵衛140話を含めた週刊ヤングマガジン2019年28号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

センゴク権兵衛140話の感想・考察

今回は開戦前夜、意気のあがる仙石隊の様子と、縁がまた1つつながって
いく様子が描かれました。
堀秀政が裏切ることが無いことを、その人物観から確信しているところは
権兵衛の本領発揮といった感じがします。
どうも権兵衛にはその人がやりたいこと、好むことを見抜く力があるように
思えます。
また、菅達長が協力に現れるなどこれまでの縁がますます繋がってきていますね。

ルイス・フロイスの評によると、豊臣方が圧倒的に不利と見られている中、
どのような戦いが展開されるのでしょうか。
ヤマイヌの計をも看破する北条はどのように対抗するのでしょうか。
次号も楽しみです!

センゴク権兵衛140話についてのまとめ!

センゴク権兵衛140話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、センゴク権兵衛140話を含めた週刊ヤングマガジン2019年28号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA