清少納言と申しますネタバレ3話/1巻!最新話の感想&あらすじもチェック

清少納言と申しますの最新話3話は2019年10月1日のBE・LOVE2019年11月号に連載されております!

ここでは、清少納言と申しますの最新話である3話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても清少納言と申します3話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

清少納言と申します3話のネタバレ

妻が男と知った朝…

則光は、朝陽の気配に目が覚めた。

日課の走り込みのためにもぞもぞと起きだし、烏帽子を探し始めて、やっと気が付いた。

ここは自分の部屋ではない、と。

そしてすぐそばから、人の大きなあくびが聞こえる。

「よく眠れたぁ?だんなさま♡」

そこには、彼の妻・なぎ子の姿があった……。

 

則光の実家、橘邸では姉の光子が一晩帰らなかった弟を心配して一睡もできずにいた。

則光の妻が、どんなに美しかろうが男だという事実を彼女は知っていたからだ。

そのため、なんとか弟から離縁を言い渡す流れに持ち込むように画策したのに、彼が帰ってこなかった理由を考え、悶々とする光子。

考えても仕方がない。

彼女は朝の支度を整えると、すぐになぎ子の屋敷へ向かうため、牛車を準備させるのだった。

 

一方、体は男のなぎ子と一夜を共にした則光は、なぎ子の前で酷く落ち込んでいた。

しかし、ジィ…と見つめる先にいるなぎ子は、男と分かっていても美しい。

ひげも生えていない。

彼女が“彼”だとは思いたくない則光は、「あれは夢…!やはりなぎ子は女…!」と口走るも、なぎ子に「わー馬鹿。知ってたけど」とすぐさま否定される始末。

「則光はあたしは無理ってこと」と明るく言うなぎ子は、彼の方から離縁するなら早い方が良いだろうと言い残して、一人寝所を出て行った。

超美青年・実方の登場!

なぎ子の屋敷に急ぎたい光子だったが、彼女が乗る牛車はぬかるみにハマって動けずにいた。

身動きできず、牛も興奮気味のようで、牛飼童がなだめている声が聞こえる。

すると、もう一人、聞きなれぬ男性の声がしてきた。

彼は動けずにいるそのメスの牛の足の怪我に気づいて、
「どうか彼女を休ませてやっておくれ」とまるで人間の女性に接する優しさで牛を労わっていた。

どうも貴族であるらしい男を、光子は御簾を少し開いて覗き見る。

とそこには、彼を取り巻くように光の粒が転がってでもいるように輝かんばかりの美男子が立っていた!

ズギュウ♡

光子の心は高鳴り、両目にはもう彼しか映っていない…‥。

男であれ女であれ

なぎ子の屋敷の寝所では、まだ彼女(彼)と話したい則光がとどまっていた。

とそこへ、なぎ子の従者の一人夏夜が止めるのも聞かずに二人の客が押し寄せた!

則光の姉の光子と、見知らぬ美青年に驚く則光だったが、光子がその青年を紹介してくれた。

異常に美しい彼の名は、藤原実方(ふじはらさねかた)

なぎ子の清原家と藤原家は代々旧知の仲だ。

なぎ子とも幼馴染だと言う彼は、衝撃的なことを告げた。

「将来を誓い合った婚約者(いいなづけ)だ」と。

そんな事実があることを知らぬ、光子と則光は大いに驚く。

実方はと言えば、則光がなぎ子の夫になったと知って、明言はしなかったが何故このような男と…と落胆する始末。

光子は光子で、自分がときめいた相手が、弟をたぶらかしたなぎ子の婚約者だと知り、余計に憤慨していた。

「則光!あなた彼女の正体を知りましたね」

と弟に確認すると、離縁して実家の橘家へ戻るようにと促した。

彼女は嘘に嘘を重ねている。

他にも秘密があるかもしれない。

そう言う姉に、しかし則光は反論した。

「なぎ子はそんな女ではない」
それを聞いた実方も、言葉に乗ってきた。

「あれは女ではない だが男でもない」

ただ天がきまぐれに作りし“美しきもの”なのだ、と。

則光は、なぎ子を良く知る実方に彼女の昔の話を請うた。

彼は、自分は天邪鬼だから嘘も言うかもしれないと前置きして語った……。

なぎ子は生まれついてのお姫様だったが、今の姿になったのには、姉の影響があると語る。

性別や年齢を超えて、なぎ子を美しいとほめちぎる実方が、則光に問いかける。

「妻が男とわかってなお、夫婦で居続けることは出来るのですか?」と。

「あのーーー」

その答えを聞く前に、すでに少し前から部屋の外についていたなぎ子が、いたたまれずに声をかけてきた。

久しぶりに会った実方が、夫と義理の姉を混乱させていることに、憤り、彼の嘘を訂正するなぎ子。

実方の婚約者はあくまでなぎ子の姉であり、その姉はもうこの世に居ない。

彼女の墓参りには出遅れたからと、亡き姉の好きだった桐の花を、代わりになぎ子に差し出す実方。

女性に調子の良いことばかり言う彼だが、その行為は珍しく真心のように感じられた……。

スポンサーリンク

清少納言と申します3話までを無料で読む

ということで、清少納言と申します3話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、清少納言と申します3話を含めたBE・LOVE2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

清少納言と申します3話の感想・考察

前回のラストに現れた美男子の正体が分かりました!!!

父か?兄か?と疑った彼でしたが、藤原実方…かの『源氏物語』の光源氏のモデルと言われている人物でした。

まさに、モデルと言われて納得のキラキラ描写には脱帽します!

そして、NTR(寝取られ)属性ではなく、“寝取り“属性と言う厄介な性格(笑)

これはものに動じないなぎ子でも手を焼きそうですね~(゜ロ゜)

そんな彼に、光子は一目惚れ!

まあ、本当に言葉通り光り輝く男性ですので、大概の女性はイチコロでしょう(T▽T)

彼が、(嘘とはいえ)なぎ子の婚約者と知って、弟のこともあり、かなり怒り心頭だった模様。

嘘と分かっても、義理の妹が実は男の事実は変わらず、光子のなぎ子撲滅作戦はまだ続行する模様です!

しかし、肝心の則光は、まだ悩んでいる模様…。

なぎ子が美しいのは今も認めていて、彼女(彼)の心も嫌いではない様子…(*´∀`)

これは……ますます次回も見逃せません!

そしてラストページで振られた“運命の出会い”とは、誰にとっての運命で、何が起きるのか…?!
次回も楽しみです!!

清少納言と申します3話についてのまとめ!

清少納言と申します3話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、清少納言と申します3話を含めたBE・LOVE2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA