放置少女にハマってるよ♪

サターンリターンネタバレ26話(最新話)!考察や感想も!

サターンリターンの最新話26話は2020年3月23日の週刊ビッグコミックスピリッツ 2020年17号に連載されております!

ここでは、サターンリターンの最新話である26話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→サターンリターンネタバレ25話!考察や感想も!

→サターンリターンネタバレ24話!考察や感想も!

スポンサーリンク

サターンリターン26話のネタバレ

企画書

小出は一旦東京の自宅へ帰り、パソコンに向かってせっせと企画書を作っていた。

『「午睡の国』に続く話題必須。加治理津子・最新連載企画!!転落の女作家が8人の女の性を暴く!!』

この見だしでどんどん書き進めていった。

そんな小出にまきは大阪行ったり東京戻ったり忙しなさ過ぎじゃん…と話しかけると、小出は今やっているのは“せわしなさ”にピリオドを打つ天啓だと話す。

上手くいけば加治りつ子と8人の女の子の闇を心置きなく…東京に戻らずとも深堀りできると小出は嬉しそうに言うが、まき的には100%デメリットだった。

だいたいまきからしたら、理津子はアオイって男とヤッてて、しかも一方的に粘着して自爆した挙げ句恨んでる…ということに引いた。

「妹がキレるのは無理ないよ。質問の答えになってないし。」

理津子がえみに『加治さんにとってお兄ちゃんの知って何』と聞かれた時、過去の中島との出来事を包み隠さず話した…が質問の答えにはなっていなかった。

理津子の問いにえみは答えになってないし、普通に好きになったそっちの都合でしかないし、兄は悪くない…と返す。

そしてえみはもう一度誰が兄を殺したのか…と問いかける。

「……アオイを、殺したのは…私?」

そう呟く理津子にえみは「そう」と言うーーー…中島もそういえば『お前が俺を殺した。』なんて言ったっけーーー…そんなことを理津子は夢の中で思い出すのだったーーー…。

お酒を飲みながら…

理津子が目を覚ますと目の前にはえみが寝ていた。

「あ〜ごめん起こしてもーた?」

イマイチ状況が理解できていなさそうな理津子に美優は謝るーーー…ここは美優の家だった。

なぜえみもここにいるかというと、カラオケの後『帰りたく』ない…とごねたからだ。

結局理津子も一緒に行くことになったのだが、美優はこんな狭い部屋で寝にくいのではないか…と心配するが、理津子的には泊めてくれるだけありがたかった。

アオイのことだけじゃなくて夫・一史とも色々あって、こっちのほうが居心地がよかったのだ。

「したらちょっと飲む?部屋着のキャバ嬢と家飲み。」

そう言って美優と理津子はお酒を手にとるーー…美優はさっきのカラオケの話、えみはキレていたけど自分は面白かったと話し出す。

自分が知ってるアオイっぽくて、全然知らないアオイっぽくもある…それがアオイと付き合った女の分、この世にあるんだなぁ…と実感したからだ。

美優は男と軽い付き合い方しかしてないし、女を売りにしてキャバしてるけど…アオイやハヤトを見てたら、自分は本当は男になりたかったのだと思う。

ハヤトはアオイを嫌いにはならない…美優がアオイとヤってるの知っても。

女は浮気されたら女にキレるけど、男は浮気相手の男を許すーー…美優はそういうのを何回も見てきた…と話すのだったーーー…。

プロポーズ相手の1人

そんな時えみが「う〜ん…」と寝返りを打つのでびっくりする美優らであったが、えみはそのまま寝続けたようだった。

気を取り直して美優は話し出す。

「えみちゃんには侮辱かもしれれへんけど、アオイはアンタに小説で書かれて嬉しかったと思う。」

美優は人ってどういう形でも、誰かの特別になりたい所がある…ただそうなりたくて色んな事やって、失敗して恨まれたり離れたり…アオイだってきっとそう思って生きてきただろうから…と話した。

そんな時“ピロンピロン”と携帯の音がなる…美優と理津子が自分のではない…と確認した時、えみが背を向けたまま「お兄ちゃんの。」と言って中島の携帯を取り出した。

「お兄ちゃんのプロポーズに、また返信来た。」

それは『横川しおり』という女からで、返事はNOで二度と連絡しないで…とのことだった。

横川しおりが誰なんだ…とえみと理津子がなっていると、美優は「よこかわ…よこかわ…」とブツブツ呟き、彼女のことを思い出すのだった。

横川しおりーー…彼女はアオイとこの部屋内見した時の不動産の女の人だった。

美優は名刺もらった人は忘れない…トップキャバ嬢の特技が生かされるのだったーーーー…。

文学ってなんだよ

横川しおりのことを理津子は小出にも伝える。

小出は一人でもやればできるじゃないか…と感心しつつ、自分も一晩寝ずに考えた秘策に必ずOKをもらう!と気合の気持ちを伝えた。

そんなに上手くいくものか…と理津子は心配そうだったが、小出はやる気ーーー…それは企画が通れば小出もいつでも大阪に行けるし、なんなら取材費だって出るからだ。

こんなに小出がやる気なのは、熱海の時に書いた理津子の文章が素晴らしかったから…それは『午睡の国』を超える…と感じているのだったーーー…。

小出は編集部へと行き、企画書を読んでもらう。

女小説家を不能にし、謎の自殺を遂げた『悪い男』と、彼と交わった8人の女たちの生と性を徹底的に過激取材!!

女の悦び!転落!全てはその男の悪運か?加治りつ子の作家人生を賭けた熱狂ルポが今文学の壁をぶっ壊す!?

ーーー…という企画書なのだが、編集長に加治りつ子をゴシップライターに転職させる気か!?と一蹴されてしまった。

文芸もっぺん見つめ直せ…と編集長は逆立ちでもして出直して来いーーー…といので、小出は編集部前の廊下で逆立ちをする。

「小出さんですか?初めまして。加治理津子の夫、野田といいます。」

そんな時現れたのは一史ーーー…その目的とは!?

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

サターンリターン26話の感想・考察

サターンリターンの最新話いかがでしたでしょうか?

今回はなんだか小出かわいい回でした( ´∀`)w

理津子と電話している時、一緒にスタバらしき飲み物のんで口に泡つけてたり…逆立ちしろって言われて本当にしてたり…ツボですw

そんな頑張る小出ですがうまくいきません…。
でも小出の感性は悪くないような気がするんですよね…だから理津子はきっといい文章を書いた…と思っています。

だからそれをどう活かすか…きっとあると思うんですよね。
それが彼女たちの歩く道標…ではないけど、動き出すきっかけになってくれたらな…なんて思ったりします。

次回の掲載は22・23号とのこと!
1ヶ月後…ですかね…(⌒-⌒; )…先だ。

一史が何しに来たか…ってめちゃくちゃきになるところですが…たのしみに待ちましょう♪

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊ビッグコミックスピリッツの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊ビッグコミックスピリッツの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊ビッグコミックススピリッツネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、サターンリターン26話を含めた週刊ビッグコミックスピリッツ 2020年17号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください