傘寿まり子ネタバレ61話/11巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

傘寿まり子の最新話61話は2019年8月1日のBE LOVE2019年9月号に連載されております!

ここでは、傘寿まり子の最新話である61話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても傘寿まり子61話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

傘寿まり子61話のネタバレ

10分前

蝶子のサイン会へと訪れた佐野ーーーーーー…

「虎ノ門出版の者ですが」
佐野は書店員に声をかけ、編集者を装い蝶子の元へ訪れるフリをしれ中にサイン会場へと入り込もうとする。

「失礼ですが お名刺をいただけますか?」

佐野は嘘をついているため名刺はない…、名刺を切らしていると言い中に入る術をまた再考するのだったーーーー…。

蝶子はというと控え室で、ヘアセットをしてもらっていた。

イベント開始まであと10分なのだが、蝶子はプンスカとしている…。

それは自分が企画した、進藤との結婚式ができなかったためだ。

まり子はこれをなだめるが…

「『だって』も『そって』もないっっ!!」

あまりにも蝶子のうじうじが続いたので、切れるのだった。

まり子は蝶子は今日一番会いたいのは進藤なのか!?と聞くと、少し拗ねたように「……読者…」と答える蝶子。

その読者がたくさんつめかけて、蝶子に会えるのを今か今かと待っている…会場中は蝶子さんと相思相愛の人だらけですよ!といって蝶子のテンションをあげるよう試みるまり子なのであった。

ところかわって進藤、友人のため…そしてまり子に頼まれたこともあり、蝶子のサイン会場へと訪れた。

花を持ってきていた進藤だが、すでに立派な花台があった。

「お花を持ってきたんですが」と店員に声をかけるも、店員も「花台がすごくて…」とどうしようもない様子…なので、進藤は花を持ったまま立ち去った。

そして店員は気づいてしまった…いまやってきたのが進藤 薫ということを…

ニアミス

「い 今 会場に 進藤薫先生いらっしゃいました!!」

進藤に気づいた店員は、蝶子がいる控え室に慌てた様子で報告にくる。

「OH MY ハニー」と蝶子は一瞬でテンション爆上げ…必死で蝶子のテンションを上げようとしていたまり子は『このタイミング…!?』と気が抜けるのだった。

進藤に会いたい蝶子は、控え室を抜け出し進藤の元にいこうと店に出ようよするが…サイン会前にそれはいかんだろ…とまり子と店員は必死で止めるのであった…。

ーーーー…そのころ進藤はというと本を物色していた。

そこには本棚をひとつ隔てた先に佐野もいるのだった。

「ええ〜〜〜トラブル!?今から!?書店のイベント始まる時間だよ…整理券がムダになっちゃうじゃなん」

佐野はもったえない…と電話している男性に声をかける…その整理券を譲ってくれないかと。

そん男性と話している佐野の後ろを進藤は通るーーー…2人はニアミスするんどあった。

トークイベント開始

進藤に会いたがる蝶子を抑え、店員とまり子は『ライフ・イズ・ワルツ』発売記念イベントをなんとか始める。

蝶子のファン達は店員の司会が始まると、まだかまだかと蝶子の登場を待ちわびるーー…そんな様子を見た蝶子はノリノリで登壇するのだった。

まり子も蝶子の横に座り観客をみるーーーー…すると佐野がそこにいることに気づくのだった。

この場には進藤もいるーーーー…2人が会っちゃうのはまずいのではないか…とまり子は不安になるのだった。

心配事もあったが、イベントは進んでいくーーーー…

蝶子はデビュー当時の話をしたり、目指している小説の理想の形について話す。

恋愛とか日々のできごとの中で、みんなが思ってて言葉にできないことを形にすることが理想だと話す蝶子。

蝶子の若い頃…正直今の根の部分も、純文学こそが真の文学というものがある。

「でもいいの みんなの愛の数の多さで、あたいの小説も文化になるの…愛を獲得したものが『勝ち』よ」

この言葉に観客らは盛り上がりをみせるのだった。

ジャンケン大会

トークイベントでジャンケン大会が行われる。

優勝者には蝶子愛用のポーチにサインを入れてプレゼントとのことだった。

まり子はこのすきに…と進藤を会場の外に出そうと試みる。

買った負けたで盛り上がる観客らに、進藤探しに手こずるまり子…

するとジャンケンの最後勝ち残った二人が、進藤と佐野になるのだった。

なんで二人ともちゃんとジャンケンに参加してるんだ…とまり子の顔は真っ青。

最後の対決はお客様同士の対決ーーーー…進藤と佐野は向かい合ってジャンケンをする…しかしなかなか決着がつかないのだった。

「すみません やっぱり辞退します」

おしらく場の空気で参加した進藤は辞退をし席に着く…すると佐野も「辞退します!!」と声を大にして発言し座ってしまうのだったーーーー…。

トークイベントの前半もおわり、休憩が挟まれる。

まり子はようやくここで進藤に声をかけることができた…佐野のことも確認するが進藤の近くにはいないようだった。

「新刊発売おめでとう」

佐野は蝶子に庭の花を集めたブーケを渡す。

蝶子はこれを喜び、制作した結婚式のDVDを見たかを進藤に聞くが…進藤は見なかったことにしておくと話した。

「わざわざ結婚せんでも お互い達者でいれば 友達ではいられる それじゃ不服か?」

蝶子は進藤の言葉になんだか切なくなり、もらったブーケの花をむしゃむしゃし始める。

これに驚いた進藤は、花は種類によっては毒になるかもしれないと危険を知らせた。

昔進藤がそういうネタを書こうとしたことがあり、知っていたのだ。

その話に聞き覚えを感じたまり子ーーーーーー…

そんな時佐野がまり子たちの元へと冷たい目をして歩いてきた。

“ぞぞぞぞ”とまり子は身の毛もよだつのだったーーーーー…。

出会い

進藤が蝶子にはなしている内容を聞き、『昔同じことがあった』と感じる佐野…

(お前の何気なさが ボクを突き落とす 何度も 何度も)

佐野は昭和40年代のことを思い出すのだったーーーーー…

この頃佐野は自身が書いた『エスペランチスト』が『新青文』に載り、これが一級品で佐野の周りの人達は噂をしていた。

そんな時森崎から『新青文』といえば…と新しく小説研究会に入会した進藤の短編の話をする。

森崎は初めてにしてはなかなか傑作…と話すが、佐野は読んでいなかった。

「それより」と佐野は森崎に、カドヤの『クリーム』パンを買ってきたかと聞く。

しかし森崎が買ってきたのは『ジャム』と『バター』…しかし佐野は『クリーム』を断固として譲らない態度をとりので森崎はパン屋に再び走っていくのだった…。

そんな森崎が走っていく方向にパンのフチを食べてる男がいた。

貧乏くさいな…と佐野は思っていたが、その男が進藤と知ると…気になり新青文に載ってた作品を読むのだった。

(ふ ふうん…まあ文章は悪くない…な…しかし、よく読むと ストーリーが平凡だし、登場人物が地味だ)

見た目どおりあかぬけない短編…今時もっと新しくてハツラツとした小説を書くやつは沢山いるし…じき埋もれると考える佐野なのだった。

動かす人

小説研究会に佐野は原稿があがったと新作を持ち込む。

それを読んだほかの部員たち…言葉にできない素敵な作品を書く佐野に羨望の眼差しを向けるのだった。

(ボクは上にいる みんなより上にいる ボクにはみんなが見渡せるがみんなにはボクしか見えない)

佐野は学生運動をしている人らに目を向け、やみくもにがなっているだけで世の中は帰れない…もっと別の方法があるだろうと考える。

暴力的にふるまったって、自分の体のまわりの空気を動かすだけじゃないか…それは動物と同じ。

もっと才能があれば…もっと頭を使えば…大きな意識だってかんたんに動かせるだろうに…とも考えるのだった。

そんなある日、佐野のことを見かけた進藤は話しかけてきた。

進藤はこの間の『エスペランチスト』がすごくよかったと伝え…

「よかったらペンフレンドにならないか」と誘う。

身の程知らずだな…と佐野はそのお願いを断るが進藤は残念そうにはしなかった。

「君みたいな人が文学界を動かすんだろうな 次回作楽しみにしてるね」

進藤自身の嘘偽りのないであろう言葉ーーーーー…

しかしこの後佐野は進藤に叩き落とされるーーーーー…しかしこの時はまだ知らないのだった。

スポンサーリンク

傘寿まり子61話までを無料で読む

ということで、傘寿まり子61話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、傘寿まり子61話を含めたBE LOVE2019年9月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

傘寿まり子61話の感想・考察

ついに佐野と進藤の再開ーーーーー…!!
っといても喋ったわけではないのですが…いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

進藤は自分の育てた庭の花をもってくるあたり、粋な男性だな〜って感じました…マイペースだけど素敵…蝶子さんがお熱なのもわかっちゃうな…笑

ジャンケン大会…二人して流れに身をまかせ参加しちゃうとは…。
佐野も…ポーチが欲しかったわけではないでしょうし…ね?( ͡° ͜ʖ ͡°)
え、欲しかったとか……ないよね…?笑

ここで二人は久しぶりに顔をあわせたわけですが…進藤は気づいてるんですかね?
反応がなくわかりません…。

しかしなんの反応もない…といのも佐野的には面白くない…さらに憎さを冗長させるような感じがします…(⌒-⌒; )

過去編に入りましたが、佐野は進藤に叩き落とされる…って言ってますね…。

あれですかね、進藤が“君みたいな人が文学界を動かす”って言ってたのに、実際動かしたのは進藤で…佐野のことを小馬鹿にしたような言葉と受け取った…とかですかね?

真相は来月にわかりそうなので気になります…楽しみに待ちましょう!

さいごに…佐野の若かりし頃はめちゃくちゃイケメンでした…(*゚▽゚*)
性格さえよけりゃ…申し分なかったのになぁ…笑

傘寿まり子61話についてのまとめ!

傘寿まり子61話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、傘寿まり子61話を含めたBE LOVE2019年9月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA