この漫画は全巻買うとおいくら?

龍と苺ネタバレ27話(最新話)!考察や感想も!【説教】

柳と苺の最新話27話は2020年12月9日の週刊少年サンデー2021年2・3号に連載されております!

ここでは、龍と苺の最新話である27話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→龍と苺ネタバレ26話!考察や感想も!【頂点】

スポンサーリンク

龍と苺27話のネタバレ

予選突破

苺は勝利を重ね予選通過となる。

今日の対局後は昼食後に1勝1敗同士が対局して勝った者が同じく決勝トーナメントへ……そしてその試合が終わったら決勝トーナメントの1回戦だけ本日に行う。

予選リーグ表の前にはアマ竜王初の女性参加者3人が揃っていた……参加者ではないがリリと一緒にいるスズは女で地域代表……苺と月子にどんな苦労があったのか話を聞きたいと内心思う。

しかしリリがいきなり知らない人と砕けた話をするのは無理そう……それに昼食後すぐに対局があるので今は余計なことをしないでおこうと昼食をリリと取りに行く。

月子も誰かに声をかけることなくその場を去っていった。

宮村先生は自分たちも…と苺と昼食を取りに行こうとするが、苺は部屋に戻ると言い出す。

どうして…と先生は尋ねるので、苺はわかるでしょ……とトイレだと察してもらい先生には先にレストランに行ってもらうのだった。

しかし実際苺は部屋に戻る気はないーーー…「さて!」と言ってある場所に向かうのだったーーーー…。

それぞれの昼食

係の人2人は参加者リストと2回戦までの勝敗が書かれた紙を見て話をする。

上だや塚原…有名ドコロは順当に残っていて、女の子たちも現在残っている。

1人は女の時代がきましたかね……というが、言っても今回はアマの大会だからどうだろうかともう1人は首を傾げる。

特にあの竜王にヤジを飛ばした赤髪の女…なんてのは竜王の凄さすら感じられないみたいだから所詮女は女……口調からそんな雰囲気が感じられるのだったーーー…。

リリとすずはマクドナルドで昼食をとる。

マクドは東京も徳島も変わらない……リリはほっと一息をついた。

夜行バスで一晩かけてやってきたのに危うく午前で帰るところだった……けど落ち着いてさしたら勝てることがわかっただろう…と、すずはリリを諭す。

苺との対局も落ち着いたらきっと勝てたはず。

竜王とのやり合いにリリがビビってしまっただけだろうとすずは話すが、リリはもちろんそれもあるけど苺が“強い“と話す。

しかしこれにすずはリリの方が強いと断言してくれる。

さっき苺に負けるまではここ1年リリは人とやって1回も負けたことがない……そんな人間なかなかいないのだ。

とにかく次!相手は富山のおっさん……田舎具合は徳島と変わらないしと次の試合へと意気込むのだったーーーー…。

月子はスタバで一服し、弟との電話で2勝したことを伝える。

その電話で月子は苺も出ていて当たりはしなかったものの二勝したことを弟に告げる。

でも今日明日は苺のことを気にしてられない……月子には負けられない理由があるからだーーーー…。

宮村先生はコーヒーを飲みながら考え事をする。

先月の神奈川予選の時より苺は確実に強くなっている……この1ヶ月滝沢とパソコンソフトとずっと指してた成果が出ているのだろう。

普通は先月特訓して今月強くなることなんてことはないのだが……苺は格別だ。

しかし苺がくるのが遅い……トイレだけでいつまでーーー…と考えた時先生はハッとし、席をガタッと立ち上がるのだったーーーー…。

山野辺『竜王』

控室ーーー…山野辺竜王はまだお説教を食らっていた。

説教をしている守屋は将棋連盟の会長、守屋は山野辺と対峙したのは参加者で子供で女……ただ聞き流せばいいのになんでそれができないのか怒っていた。

あそこは公の場で山野辺は竜王……守屋は将棋連盟の会長だから、山野辺が竜王らしい振る舞いをする義務があると思ってるし、自分は山野辺を正す義務があるのだ。

しかし山野辺からしたらそれはただの理屈、そんなもの知ったこっちゃない。

売られたケンカを買った、理屈が入る余地なんかないのだ。

そんな控室にスタッフが2局目までの結果を持ってきたと言って扉を開けるーー…そんなスタッフの後ろに苺も一緒になってついてきており中へと入ってきた。

苺は山野辺にケンカの続きをしようというが、山野辺はがっかりさせやがる…と呆れた様子。

力の差に気づけないほどの苺がガキだったことに…だ。

苺が真っ当にプロへの道を進めばまだわからなかったが山野辺はもういい……そう言ってせっかくきたのだから引導を渡してやると勝負をしてくれるのだという。

時計はない、持ち時間なしの秒読み30秒…先手は苺ーーー…勝負は始まった。

苺は相手が竜王と言っていたことから、おそらく相手は伊鶴や海江田と同じくらい強いやつだと推測。

2ヶ月前は歯が立たなかったけど、あの時は自分も素人……でも今の自分は違うからと勝つ気でいるのだったーーーー…。

竜王は苺との勝負をしながら守屋のお説教を受けていた。

守屋はインターネットでの配信、最年少タイトルホルダー、そして女性の指しても増え続けここ10年で将棋界は大きく変わったと話す。

将棋の注目度は格段と上がってきている……もはや将棋は年配の娯楽にとどまらない。

山野辺はプロで『竜王』……周りから尊敬され、羨望の目で見られるのも山野辺の仕事だと守屋は言う。

そんな話の中苺は仕掛けるーーー…しかし山野辺は速攻でそれを返し、守屋に自分は“強い“のが仕事、人は強いやつに憧れると会話を返す。

守屋は25、6のガキが偉そうに…とため息、そんなセリフは強さを極めたやつだけが言えるのだと『竜王』を強調した。

たった1つのタイトルを守り続けているだけで頂点に立ってつもりかと言いたいのだろう。

確かにその通りだと山野辺は思うーー…山野辺は来年にもタイトルを独占してやる、このさき一生負けないと宣言した。

山野辺はほとんど苺との勝負の盤面を見ないまま苺への勝利を確実にしていくーー…苺は見向きもされない……全く歯が立たないのであったーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ
下に書いたよ~
スポンサーリンク

龍と苺27話の感想・考察

龍と苺の最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)

苺〜〜〜〜〜〜〜〜お前というやつは〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
ケンカの続き!だめ!絶対!!!!!

苺、強いんでしょうけどね。
そりゃあ竜王となる人は別格です。

流石にこの負け方は苺もキますかね…。
先生も騙されちゃって……でも女の子にあんな風に言われたら待つしかないですよね…。

苺はこの後も決勝の1回戦が残っています。
それにこの勝負が影響しなければいいのですが…。

この敗戦が苺を躍進させるものとなることを願います。

次回サンデーが2週間後に発売となるので、龍と苺もそこでの掲載となります。
楽しみにお待ちください(๑╹ω╹๑ )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、龍と苺27話を含めた週刊少年サンデー2021年2・3号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください