ロベルトレヴァンドフスキの背番号は?年俸推移や移籍金も調査!

ロシアワールドカップが近づくにつれ、日本代表に対して期待が高まってきていますね~!

日本代表が予選リーグで最初に対戦する国の一つが、ポーランド代表!

正直、海外でどこが強いのか、あまり分かりませんが、ポーランドはFIFAランキング10位とかなり強豪なんですよね!

ちなみに日本は60位です・・・(;^ω^)

ただ、番狂わせがあるのがサッカーということですが、要注目のポーランド選手を押さえておこうと思うんですが、その中でも注目したい選手は、ロベルトレヴァンドフスキ選手!

ポーランド代表といえば、まずロベルトレヴァンドフスキなんですが、今回はロベルトレヴァンドフスキの背番号や年俸ほか移籍金について見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ロベルトレヴァンドフスキの背番号は?

ロベルトレヴァンドフスキの背番号ですが、9番になります。

現在、所属しているバイエルン(ドイツ)での背番号も9番ですので、覚えやすいですね^^

ロベルトレヴァンドフスキは非常に安定している、完成度の高いストライカーなんですよね~。

というのも、シュートの決定力が高く、それを可能にしているのが、シュートレンジの広さと精度ですよね!

また、身長が185cmもあり、センタリングからのヘディングでも得点できますし、フィジカルでも当たり負けしないので、ポストプレーで周りを活かすこともできるという、まさにセンターフォワードの鏡なんです!

2015年、2016年のゴール数を見てみると、ほぼ毎試合得点しているため、スコアラーといっても過言ではありませんし、ポーランド代表チームの攻撃の要ですよね!

このお方、ポーランド代表の歴代最多得点記録保持者なんですが、この国と戦う日本代表が心配になってきますね(;^ω^)

ロベルトレヴァンドフスキの移籍について

ロベルトレヴァンドフスキの移籍したチームについてですが、2006年にズニチュ・プルシュルク(?)に所属し、2008年にレフ・ポズナン(ポーランド)に移籍しました。

その後、2010年にボルシア・ドルトムント(ドイツ)に移籍し、2014年にFCバイエルン・ミュンヘンに移籍し、現在に至ります。

移籍金が気になる!

ロベルトレヴァンドフスキが2010年7月1日、ボルシア・ドルトムント(ドイツ)に移籍した際の移籍金が4年契約で、約400万ユーロ(約4億5,000万円)でした!

この時のロベルトレヴァンドフスキの年齢は21歳だったので、この時から期待されていたとなると、スゴイ選手ですし、現在第一線で活躍をしているので、この時から目を付けていた人はさすがですね!

また、FCバイエルンに移籍した際には、丁度4年契約の満了期間だったため、移籍というよりは加入で、移籍金も発生していませんでした!

そのため、バイエルン側としては、ロベルトレヴァンドフスキを良いタイミングで獲得できたので、よかったと思われます^^

スポンサーリンク

今後、移籍の可能性はある?

ロベルトレヴァンドフスキの今後の移籍について調べてみると、レアルマドリードの移籍を強く望んでいることが分かりました。

レアルというと、クリスティアーノ・ロナウドがいる超有名なクラブチームですよね~!

ただ、ロベルトレヴァンドフスキは現在、バイエルンで2021年まで契約をしているため、もし移籍をするとなると、かなり高額な移籍金が発生すると思われます!

ロベルトレヴァンドフスキの年齢も29歳で、現役でプレーできる期間は限られているため、レアルに移籍ということも現実的ではあります。

ただ、もしそうなるとバイエルンがストライカーを失うのは痛いですよね~(;^ω^)

ロベルトレヴァンドフスキの年俸は?

さて、みんなが気になるロベルトレヴァンドフスキの年俸ですが、どのくらいもらっているのか年俸を調べてみると、

なんと!1,500万ユーロ(約19億円)!!!

え、年俸ですよね?笑

ちなみに、週給にすると、22万5,000ユーロ(2,500万円)!!

やばw

世界のトップストライカーともなると、年俸はこのくらいになるんですね!

ロベルトレヴァンドフスキについてのまとめ!

  • ポーランド代表の背番号は9番で、所属チームであるバイエルンと同じ。
  • 21歳の時にドルトムントに移籍した際、移籍金約4億5,000万円が発生。
  • 25歳の時にバイエルンに移籍した際は契約満了だったため、移籍金は発生せず。
  • 現在の年俸は、推定約19億円。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です