リチャードターナーの全盲はいつから?wikiプロフや経歴を調査!

2019年3月18日㈪に放送されるテレビ番組「1番だけが知っているSP」に、“世界一の全盲のマジシャン:リチャードターナー”が出演します(^^)♪

ところで・・・リチャードターナーがのマジシャンがすごすぎるΣ( ̄□ ̄|||)って知ってました!?リチャードターナーについて、めちゃくちゃ気になりますよね~( *´艸`)

ということで今回は、リチャードターナーについて、

・リチャードターナーの全盲はいつから?
・リチャードターナーのwikiプロフィールは?
・リチャードターナーの経歴は?マジックを始めたきっかけも気になる!

などについて見ていきたいと思います。
それではどうぞお読みください♪

スポンサーリンク

リチャードターナーの全盲はいつから?

リチャードターナーは9歳の頃に「猩紅熱(しょうこうねつ)」にかかってしまい、ターナーの目の黄斑(網膜の中心)は完全に破壊されてしまいました。
※猩紅熱は、全身に紅色の小さな発疹ができる&子供がかかりやすい病気ですが、抗生物質で治る病気です。

この病気をきっかけにリチャードターナーの視力は少しづつ悪化し、13歳の頃には当時盲目とされている定義よりもはるかにひどい状態でした・・・。

この頃、視覚障害者のための学校に進む事を勧められましたが、リチャードターナーは点字を学ぶことを拒否しただけでなく、学校に通うことも拒否したそうです。

見えていたものが見えなくなる恐怖と幼い時から戦ってきたリチャードターナー・・・人生なかなかハードモードだったんですね。

リチャードターナーのwikiプロフィールは?

調べてみたところ、英語で書かれたWikipediaを発見しましたので、自分で解釈した内容を以下に書きたいと思います(^^♪
※え?それ違うよ?ってところがあったらぜひ教えて下さいねw

カードしか使わないカーディシャンとして☆世界一☆のリチャードターナー。

本名は“Richard Edward Turner(リチャード・エドワード・ターナー)”は、サンディエゴで1954年6月16日に生まれました。
サンディエゴはアメリカのカリフォルニア州にある地域で、夏は暑すぎず、冬も寒すぎずとってもいいところなんですよね~♪

リチャードターナーのカードを使ったパフォーマンスはアメリカや日本だけでなくめちゃくちゃ有名です。

7歳の幼い時のターナーは、TV番組「Maverick(マーベリック)」に夢中だったそうです。天才ギャンブラーのマーベリックが賞金50万$のポーカー大会に参加するために躍起した姿を描いた作品ですが、この番組を見ながらカードの魅力に憑りつかれていったのかもしれませんね(^_-)-☆

1982年にマジックで【Golden Lion Award(ゴールデンライオン賞)】を受賞し、2014年と2017年には、【the Close-Up Magician of the Year award(クローズアップマジシャンオブザイヤー)】を受賞しています。

ちなみにリチャードターナーは弟と一緒に【和道会】で空手習っていたそうです!!

集中力のいる空手とマジック・・・どちらの才能もあったと共にものすごーーーく努力をしてきたんでしょうね!!

※YouTubeでリチャードターナーの空手動画を見ましたが・・・すごすぎました!とても全盲の方とは思えないキレキレの技の連発でした(;^ω^)
彼と普通に勝負したら一瞬で負けそうです・・・(笑)

ちなみに、リチャードターナーはキムミラーと結婚していて、アサスペードターナーという息子がいます♪

リチャードターナーの経歴は?マジックを始めたきっかけも気になる!

きっかけは、7歳の幼い時に見ていたTV番組「Maverick(マーベリック)」だったと思います!!

先ほども書きましたが、9歳の時にかかった猩紅熱がきっかけで視力を失ったリチャードターナーは障がい者としてバカにされることも多く・・・見返してやりたい!!という反骨心が芽生えたそうです。

目が見えなくなってから触覚が発達し、1日16時間以上、いついかなる時もカードを手放すことなく膨大な時間&量の練習でカードマジックを磨いていたそうです。

こういったところからものすごく努力をしてきた事がよくわかりますよね。尊敬しかないです・・・!

世界で有名なマジシャンから、“Richard Turner’s masterful, magical, manipulation of playing cards is incomparable.”
※「リチャードターナーの巧妙かつ魔法の様なトランプ操作は比類ないものだ。」

日本でおなじみのMrマリックから、「指先に目があることしか考えられないマジシャン。触覚が発達している。彼と同じことをやってくださいと言っても、誰もできない。」

と言わせるほど、リチャードターナーの腕前はものすごいという事がよくわかりますね(゚Д゚;)

リチャードターナーについてのまとめ!

  • 9歳の頃に「猩紅熱(しょうこうねつ)」にかかり、13歳の頃にはほとんど視力がなかった!
  • 弟と一緒に【和道会】で空手習っていた!!かなり上手!!
  • 1日16時間以上、いついかなる時もカードを手放すことなく膨大な時間&量の練習でカードマジックを磨いてきた!!!

というわけで今回は、リチャードターナーについて調べてみましたが、いかがだったでしょうか?
多彩な才能だけでなく、努力家であるリチャードターナーのこれからの活躍が非常に楽しみですよね!(^^)!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

どうぞ他の記事もごゆっくりお楽しみ下さい(^^♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA