ランウェイで笑ってネタバレ112話(最新話)!考察や感想も!【私情と遠回り】

ランウェイで笑っての最新話112話は2019年10月04日の週刊少年マガジン2019年45号に連載されております!

ここでは、ランウェイで笑っての最新話である112話「私情と遠回り」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもランウェイで笑って112話を漫画で見たい!今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ランウェイで笑って112話「私情と遠回り」のネタバレ

美依の提案

最初はTGCへの出展を反対していましたが、一転TGC出展を勧めるようになった美依。

育人「どうしたんですか…

美依さんも最初聞いたとき反対してたじゃないですか」

美依「あ…あー…あれね!あれ!うんうん。

よく調べたらノービスの年齢層にぴったりだったから…

なんか変なこと言ってるかな⁉︎ウチ⁉︎」

育人「い…いえ。でも大丈夫ですか?

TGCとファッションウィークは別物だから

新しくコレクション考えなきゃですけど…」

美依「え…そうなの…?」

TGCは秋冬服、東京ファッションウィークは春夏服のショーなんです!

半年ずれていることを忘れていた美依は頭を抱えます。

そんな美依を見つめる育人。

育人は美依に交渉するだけしてみようと提案します。

育人「俺も…ちゃんと社長に話してないので

あ、後で花丘くんがくるみたいなんでこのカバンのサンプル、見せといてもらえますか⁉︎」

そう言って部屋を出て行く育人。

ボスとの交渉

社長である綾野の部屋を訪れる育人。

育人「ノービスがTGCに出るのってダメですか?」

綾野は育人の提案にどうしてそう思ったのかを問います。

育人「ノービスがターゲットにしてる”若い女の子”とTGCの客層が近いから」

綾野「なるほどね。言いたいことはわかった。

育人。何か私情でもあるの?

私情でもなきゃこんな提案しないでしょ」

綾野の言葉にハッとする育人。

そんな育人を尻目に綾野は続けます。

綾野「ベルリンで活躍する一流のクラシック楽団が

そうね…野外ロックフェスで演奏すると思う?

演奏してフェスの客を湧かせられる?

ベルリンに連れてこれる?

客層は近いかもしれないけど、”ジャンル”が全く違う

流石に無理よねぇ…TGCの出展は。

育人、”結果”急いでるんでしょ?」

育人は自分が遠回りしてる時間がないと感じていて…

今自分がしなきゃいけないことは、カバンのコレクションに全力を注ぐべきと気が付きます。

一方その頃の美依と花丘。

花丘が試しに作ってみたカバンを手に話を始めます。

花丘「か…カバン作れるか試してみたんだが、これは相当難しい」

流動的な服と固形なカバンの製作工程の違いに戸惑っている花丘。

育人は美依に、ボスの言葉を伝えます。

カバンは専門家にお願いすることに決めた美依。

そして美依自身もボスに相談してみることを育人に伝えます。

美依と千雪

帰宅した美依。

すかさずTVを点けると、映し出されたTV番組に映る千雪に気が付きます。

千雪は端っこに映っている。

そんな千雪を見て美依は身長が小さいからだと思います。

テルミにTVを見た感想を送る美依。

美依は千雪の出番が少なかったと口に出します。

テルミから帰ってきた返事には…⁈

テルミ「千雪の存在感が強すぎてセイラが引き立たなかったから端に寄せられたの」

そう教えてもらった美依。

美依「千雪ちゃんも…すごい子なんだ…

もう少しだけTGCのこと調べてみよ…」

そう呟くとTGCの客層について調べ始めました。

そして千雪のことも検索してみる美依。

美依「あんなに小さくて…努力してないわけないよね…

連絡先聞いとけばよかった。

もう一回お話ししたい」

美依は自分が今できることについて考え始めます。

翌日。

美依は社長に直談判しに向かいます!

次号(46号)に続く…!

スポンサーリンク

ランウェイで笑って112話までを無料で読む

ということで、ランウェイで笑って112話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ランウェイで笑って112話を含めた週刊少年マガジン2019年45号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ランウェイで笑って112話の感想・考察

始めは反対していたTGC出展に前向きになった美依。

育人の背中を押してみますが…。

美依からTGC出展を勧められた育人はボスに交渉に行く育人でしたが、ボスである綾野からはいい返事がもらえず…

き育人から綾野からいい返事がもらえなかったことを聞いた美依は諦めモード。

自宅へ帰った美依が何気なくTVを点けると、そこには端の方ではあるが映っている千雪いました。

美依は千雪の身長が低いことから端にいると思いますが…

実は、千雪の存在感が強すぎるがあまり端に寄せられてたんです。

千雪のすごさを再認識した美依は、TGCについてもう少し調べ始め…。

その後、”藤戸千雪”についても調べる美依。

あんなに小さい千雪がなんの努力もしていないなんてありえないと認識する美依。

そして美依は千雪の連絡先を聞いていなかったことを後悔します。

もう一度話しがしたいと呟く美依。

そして自分には何ができるのか、今できることは何なのかを考え始めます。

翌日。

美依はボスである綾野を尋ねます。

美依の交渉の結末は…⁈

ランウェイで笑って112話についてのまとめ!

ランウェイで笑って112話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ランウェイで笑って112話を含めた週刊少年マガジン2019年45号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA