クイーンズクオリティ50話/10巻!最新話ネタバレと感想【青龍本部潜入作戦開始!蛇は居るのか居ないのか?!】

クイーンズ・クオリティの最新話50話は2019年10月12日のベツコミ2019年11月号に連載されております!

ここでは、クイーンズ・クオリティの最新話である50話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもクイーンズ・クオリティ50話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

クイーンズ・クオリティ50話のネタバレ

青龍本部潜入作戦

ついに藍丸の手引きで青龍本部ビルに潜入した文、玖太郎。

「賢者の仮面をつけよ」

正体がバレないように眼だけが開いた烏のくちばしのような仮面をつけて、彼らは走り出した先頭には藍丸。

そこに文と藍丸、そしてもともとの部下も続く。

 

目的は青龍の次期当主候補の東雲碧唯が「蛇」を宿しているかどうかの確認ただ一つ。

もしそれが確認されても、決して深追いはしない。

 

そう告げる藍丸に、玖太郎は約束はできないと返す。

理由は彼の中に眠る玄武の蛇の動向…。

残念ながら玖太郎はそれを抑えておくことはまだできないのだから。

それでも互いに協力体制を約束し、彼らは先を急ぐ。

 

たどり着いたそこは“正面玄関”だ。

不安がる文に、「いいのだ入れ、そして俺に続いて声を出せ」と藍丸。

バア~ンと勢いよくドアを開けた藍丸が叫ぶ。

「こんばんは、失礼します」

…そこにはベテランのどこかノホホンとした者たちが詰めていた。

外の非常階段よりも、この正面玄関の方が攻略し安かったわけだ……。

ベテラン勢の相手は、藍丸の部下に任せて、藍丸と文、玖太郎は暑苦しい仮面を取り、奥へ急ぐ。

 

エレベーターで5階まで上がると、三白眼の桐が協力してくれて、彼らを碧唯の部屋まで案内する。

「失礼、代行どの」

コンコンとドアをノックして彼は続ける。

本部内に侵入者が潜入した件について話したいと告げると、中から「どうぞ」と声がかかった。

青龍の”蛇”を宿す碧唯

…藍丸は「失礼します。不審者と言うのは我々のことです」と緊張した面持ちながら、堂々と碧唯の前に立った。

がそこにいた碧唯の表情に文は拍子抜けする。

両手でクリームどら焼きの袋を捧げ持ち、にこにこと笑う青年…それが碧唯だ。

「あれ、藍丸じゃないか久しぶりー」

藍丸は動じずに、自分の用向きは、正式に面会を申し込んでも会えなかったので、強行突破したのだ伝える。

そんなやりとりの中、秘書のセイラが扉から顔を出して驚く。

来客を知るとお茶のためにすぐに姿を消す彼女。

なんの変哲もないやり取りが続いていたが、その隙にも玖太郎の様子は変わっていたことに、文も気が付いた。

 

「おまえにはわからないか」

碧唯を見た瞬間から、玖太郎の中の「蛇」がずっと暴れていたのだ。

意識を乗っ取られそうになりながらも難とか抑えていたが、そろそろ限界らしい。

…ヤツより早く出せと告げる蛇に抗っている様子の玖太郎を、碧唯が「どうしたの彼。なんかつらそうだけど」と訝るが、すぐに彼も正体を現した。

顔の前面を左手で覆い、

「なんてね 知ってたよ 蛇だねその子も」

玖太郎の中の蛇がアラートを出し続ける!

「わかった 出てこい!」

玖太郎のその言葉と共に、空間に振動が走り、花器にひびが入り、窓もぎしぎしときしんだ…。

そして玄武の“蛇”が顔を出した…。

一方、青龍の“蛇”はまだ出てこない…ようだ。

文は玖太郎の体を操る“蛇”を制止するが、先手必勝とばかりに碧唯との間を隔てるローテーブルを蹴り飛ばして、彼に襲い掛かった!!

ぼけっとしたまま食われろと告げて、碧唯に「じゃああな青龍の」と跳びかかろうとした玖太郎の“蛇”…。

が決着は思いもつかぬ形で一瞬にしてついた。

碧唯が飛び上がった玖太郎の体に右腕を出すとパシイインと衝撃が走り、玖太郎は一瞬にして白目をむいて床に転がった……。

「哀れな子だ 全部忘れてしまったんだね」

そう言いながら玖太郎、文たちに近づく碧唯。

彼は、文たちもろとも玖太郎を喰い、己の一部にするつもりだ。

『碧唯さまじゃない 蛇だ 喰われる』…藍丸は固まったまま動くことも出来ない。

しかし、文は違う。

「動くな 青龍の蛇」

彼女の制止に、伸ばした右手をのばしたまま碧唯が動かなくなった。

文の女王の力が効いたのだ!

緊張する面持ちの2人…‥‥。

 

がそこに、「お茶入りました~」とのんきな様子の秘書のセイラが現れた。

玖太郎が倒れていることに驚いた彼女に、それまでの雰囲気をかなぐり捨てた碧唯がにこやかに言う。

 

「相撲相撲 久しぶりに稽古つけるか~みたいな事でね」と誤魔化す。

その言葉に藍丸も乗じる。

「久々のぶつかり稽古ありがとうございます」

文句を云いそうな文を黙らせ、玖太郎を担いで、その場を後にするのだった……。

めちゃくちゃ弱い?玄武の蛇

ビルから出て、移動する車の中で、玖太郎は目覚める。

文の膝枕で眠っていた彼が意識を取り戻したのを知ると、その後ろの座席に座っていた藍丸の部下たちも良かったと喜びをあらわにした。

安心して玖太郎に抱き着かれている玖太郎に、藍丸が言う。

「危険な作戦に参加してもらい感謝している」

そう、この計画は、青龍側からの申し出だった。

色々なことが明らかになった有意義な作戦。

何より、碧唯に“蛇”がついていることが確認できたのだから。

 

しかしとても言いにくそうに、「あのな 堀北」藍丸は付け加える…。

「おまえについてる蛇 たぶんめっちゃくちゃ弱いわ」…と。

スポンサーリンク

クイーンズ・クオリティ50話までを無料で読む

ということで、クイーンズ・クオリティ50話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、クイーンズ・クオリティ50話を含めたベツコミ2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

クイーンズ・クオリティ50話の感想・考察

どこの世界も良い人悪い人居るのは、生きていると実感しますが、青龍本部もその典型でしたね。

正面玄関の受付嬢のおばさまたち、ベテランの叔父さんの長話…基本的にいい人オーラがでていて、藍丸の計画通りに、簡単に本部に侵入出来ました(*´∀`)

また、碧唯の様子に不安を持つ者は多分近しい人ほど多いのだろうと思えたのが桐さんの存在です。

碧唯の側近風でしたが、実質、藍丸を彼の前まで案内しています。

そうしてやっと会えた碧唯ですが……なにこのホンワカ男子!(゜ロ゜)

噂とはかけ離れていて、文出なくともビックリですが、もちろんすぐに仮面を剥がします。

いきなり襲い掛かった玖太郎から出た蛇も瞬殺するパワー(いえ、死んではいませんけど…)。

というか、玄武の蛇はどれだけ弱いのか???

そちらの方が個人的にはビックリでしたが…。

それでも、藍丸はその玄武の蛇にも敵わなかったことを思うと、青龍の蛇の強さはいかばかりか…。

なんか玄武と一部ではありますが青龍のメンバーも仲良くなっているようで、今後はむしろ“蛇”同士の過去が気になってきます(;`O´)o

なお、今回は白猫さんは登場ならず。

そこだけが残念でした(T▽T)

クイーンズ・クオリティ50話についてのまとめ!

クイーンズ・クオリティ50話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、クイーンズ・クオリティ50話を含めたベツコミ2019年11月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください