【プリティが多すぎる】レイ役の黒羽麻璃央ってどんな人?出演ドラマもチェック!

ドラマ【プリティが多すぎる】にて、俳優の黒羽麻璃央さんが出演しています!

役柄は、主人公の新見の出版社で働く堅物エリートの異動先の「Pipin」の原宿系男子。

ドラマの中ではりゅうちぇるのようなバリバリの原宿ファッションに身を包みジェンダーレスの役柄ですが、いつものスッピンの素顔はめちゃくちゃカッコイイんです!

原宿系ファッションを着こなす可愛い姿が楽しみですね。

ここでは、【プリティが多すぎる】でレイ役を演じる黒羽麻璃央(くろばまりお)さんについて、まとめてみました!

スポンサーリンク

黒羽麻璃央ってどんな人?

ここでは、黒羽麻璃央さんがどのような人物であるのか紹介していきたいと思います!^^^

黒羽麻璃央のプロフィール

生年月日:1993年7月6日
出身地:宮城県
身長:180cm
血液型:AB型
左利き
事務所:ヴィズミック
第23回JUNON SUPERBOY CONTEST準グランプリ

黒羽麻璃央さんの経歴

高校2年生の時に友人に勧められたことがきっかけで、『第23回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募し、準グランプリを受賞し、芸能界入りされたそうです。

きれいな顔をしているので納得の準グランプリですね~

2012年に「ミュージカル・テニスの王子様」で菊丸英二役(7代目)で俳優デビューし、話題の漫画の舞台「黒子のバスケ」ブレイク!!

ドラマ『監獄のお姫様』や『スカッとジャパン』のキュンキュンする話に出て、人気が爆発しました。

2018年ドラマ『プリティが多すぎる』で、かっこかわいい姿を見れるのは注目ですね。

黒羽麻璃央の出演ドラマ

ここでは、黒羽麻璃央さんが出演された主なドラマと役柄を紹介します!

2012 テニスの王子様 菊丸英二役

テニスの名門校・青春学園中等部のお話で、主人公の越前リョ-マは天才テニスプレーヤー。

クールで生意気な態度で誤解(ごかい)され先輩達から睨まれますが実力はぴか一、一筋縄ではいかないレギュラー陣との戦いなどを描いていくスポーツの話ですが、

黒羽さんはそのレギュラーのダブルスプレイヤーで、右頬の絆創膏が特徴のこれまた天才肌と評されているプレーヤーの役柄です。

性格は気分屋で天真爛漫で、当時は今よりあどけない少年で見ていて癒されますね~ブログを見てみると役作りに励んでいる姿が素敵でしたね~

2017.1 NTV『男水!』(龍峰高校・仁科譽役)

松田凌一さん主演の男子水泳部の部員が足りず廃部直前の東ヶ丘高校水泳部の打倒水泳名門校で奮闘していく成長青春ストーリーですね。

黒羽さんはそのライバルの名門校のキャプテンで努力家の水泳選手役ですよ~鍛え上げられた肉体美はほれぼれしてしまいますね~~

本人も役つくりにはストイックで努力家なので通じるものああったのではないでしょうか~~☆彡

スポンサーリンク

2017.10 TBS『監獄のお姫さま』

小泉今日子さん主演の監獄で出会った女たちの復讐ストーリーで笑いあり、涙ありの豪華キャストと宮藤官九郎さんが脚本ということでとても注目を集めた作品でしたね。

そこで演じていたのは、監獄に入れられた主要キャストが見ている恋愛ドラマに出演していたのです!

「この恋は幻なんかじゃないはず、だって私は生きているから、神様ありがとう」というタイトル。阿佐ヶ谷姉妹のお姉さんとのラブコメはキュンキュンして羨ましくなった女子続出でしたね☆彡

少しダメ男の役がまた母性本能をくすぐる役でしたね。

レオってどんな役?

レイは、主役の新見 佳孝 – 千葉雄大の異動先の「Pipin」という雑誌の編集会社で働く原宿系男子です。

悩んだときは思いもよらない1言で問題の解決につながるヒントを与えてくれる存在になるのではないでしょうか。

まとめ

ここでは、【プリティが多すぎる】にて、レイ役の黒羽麻璃央さんについて、まとめてみました。

今回、黒羽さんは「Pipin」という雑誌の編集会社で働く原宿系男子に挑戦しています。

テニスの王子様などの王道のミュージカルから、ドラマ、バラエティまで原宿系まで活躍の場がますます広がって注目が集まっています!

見た目が今までのイケメン像と一気に雰囲気が変わり驚いてしまいましたが、原宿系男子をどんな風に演じるのか今からとっても楽しみですね!

キャストに、千葉雄大 さん、堀内敬子さん、杉本哲太、中尾明慶さん、山谷初男さんと個

性的な顔ぶれで描かれています。

「Pipin(ピピン)」の職場での黒羽さんと千葉さんの掛け合いや話のゆくえが気になりますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です