【プリティが多すぎる】三田村詩織役の堀内敬子ってどんな人?出演ドラマもチェック!

ドラマ【プリティが多すぎる】にて、女優の堀内敬子さんが出演しています!

役柄は、主人公の新見は出版社で働く堅物エリートで異動先の原宿系ファッション誌編集部の上司役を堀内さんが演じます。

温かく見守る優しい役でイメージとあっていますね。

ここでは、【プリティが多すぎる】で三田村詩織役を演じる堀内敬子(ほりうちけいこ)さんについて、まとめてみました!

スポンサーリンク

堀内敬子ってどんな人?

ここでは、堀内敬子さんがどのような人物であるのか紹介していきたいと思います!^^

堀内敬子のプロフィール

生年月日 1971年5月27日(47歳)
出身地 東京都府中市
血液型:O型
身長 158cm
事務所:キューブ 1990年:劇団四季入団

おっとりしてそうなのに、とてもスポーツ抜群で、7歳からクラシックバレエを習い、運動神経が良く、中学時代はバスケットボールでキャプテンとして活躍し、全国大会にも出場した経験があるそうです。

堀内敬子の経歴

高校卒業後の1990年に、劇団四季入所。1991年に『ミュージカル李香蘭』で初舞台(アンサンブル)を踏んだそうです。劇団四季出身だとは驚きですね。

在籍中は『キャッツ』、『美女と野獣』、など数々のミュージカル作品でヒロインをつとめたというから演技がうまいのはこの時にみっちり鍛えられたのですね。

劇団四季退団後人見知りで引っ込みじあんな堀内さんで、女優として伸び悩んでいた時期に、舞台をたまたま観劇した三谷幸喜監督に高く評価されて、三谷の舞台『12人の優しい日本人』で「キーパーソンのおばさん」役に、初対面ながらその場で出演依頼されたそうです。

そこから知名度も上がりで、どんな役でもこなす女優さんになったのですね。

堀内敬子の出演ドラマ

ここでは、堀内敬子さんが出演された主なドラマと役柄を紹介します!

2015年『ようこそ、わが家』 下村民子 役

ひょんなことから家族全員トラブルに巻き込まれてしまう一家のお話で、主人公の相葉君のの母の陶芸教室の友人役。

面倒見がよくとてもやさしそうな主婦友達ですが、実は裏でいじめを助長するような陰湿な性格の持ち主を演じていました。

最後に大ドン伝返しがあるのですがそのキーパーソンとして活躍しています。実際はとても性格が良いと評判です。

2016年『砂の塔〜知りすぎた隣人』

菅野美穂さん主演の女たちの闇を描いたサスペンスドラマ。堀内さんはそのうちのセレブ主婦の一人。

バイリンガルのインテリハーバード卒の役で知的なセレブ妻の風格があり、とてもかっこいい女性ですが、どこか影がある役がはまり役でした。

スポンサーリンク

2018年 『99.9 -刑事専門弁護士-』

潤さん主演で日本の刑事事件における裁判有罪率99.9%でも、残された0.1%の無罪を信じて困難に立ち向かい、解き明かすドラマ。

堀内さんは1話の依頼人の妻で夫を思うあまり心労で倒れてしまう献身的な役柄。

実生活でも結婚、子供がいる優しい堀内さんにははまり役でした。

三田村詩織ってどんな役?

三田村 詩織は、主役の新見 佳孝 – 千葉雄大と同じファッション誌「ピピンPipin」編集部で働く同業者です。

不本意な異動を強いられふてくされている新見君を優しくサポートし他のモデルや編集員との軋轢や衝突をうまくサポートして見守ってくれる重要な役柄です、

まとめ

ここでは、【プリティが多すぎる】三田村 詩織役の堀内敬子さんについて、まとめてみました。

温厚で面倒見のよい編集部で働く女性を演じる堀内敬子さんですが、その演技力のうまさが度々話題になっています。憑依女優と三谷監督もべた褒めです。

キャストに、千葉雄大さん、佐津川愛美さん、杉本哲太さん、小林きな子さん、中尾明慶さん、と個性的な顔ぶれで描かれています。

どんな行方になっていくのか、気になりますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です