プルシェンコの首の傷跡はある?喉の手術痕や後遺症が気になる!【画像】

2019年3月16日㈯に放送されるテレビ番組「炎の体育会TV」に、氷の皇帝『プルシェンコ』が息子の『サーシャ君』と一緒に出演します(^^)/

2006年トリノオリンピック金メダル、2002年ソルトレークシティオリンピック&2010年バンクーバーオリンピック銀メダル、2014年ソチオリンピック団体戦金メダルとフィギュアスケートが大好きな人なら今回の放送も楽しみですよね~♪

ところで・・・日本でも大人気!!の『プルシェンコ』の首や喉に傷跡があるって知ってました!?喉の手術痕や後遺症・・・めちゃくちゃ気になりますよね(>_<)

ということで今回は、氷の皇帝『プルシェンコ』について、

・プルシェンコの首の傷跡とは?喉の手術痕について
・プルシェンコの手術経歴は?後遺症はある?

などについて見ていきたいと思います。
それではどうぞお読みください♪

スポンサーリンク

プルシェンコの首の傷跡とは?喉の手術痕について

2019年1月10日に、背中の強い痛みにより入院し、12日にはモスクワ市内の病院で【ヘルニア除去手術】を受けたと伝えられていたプルシェンコ。

夏頃から痛みに悩まされていたが、予定されている多くのアイスショー出演のために手術を延期していたこともこの時伝えられました(;_;)

元々現役の時からケガの多い選手でしたが、36歳になる現在でも数多くのアイスショーやメディアに出演していますよね。

神経を圧迫して痛みの原因となっていた脊椎にあるヘルニアを無事に除去できて良かったです・・・。

奥さんのルドコフスカヤさんも「痛みが彼を悩ませてきました。」とかなり心配していました(>_<)

しかし!!15日にインスタグラムを更新し、「すでに帰宅」と絵文字付きでつづり、退院して自宅に戻った様子が・・・Σ( ̄□ ̄|||)

ソファに寝そべり、笑みを見せるプルシェンコのお腹の上には愛犬が乗っかり、愛犬とくつろぐ元気そうな様子を画像付きで公開w

容体が良い方向に向かっていることがわかるのですが・・・首の傷痕は痛々しいですね・・・。

傷跡が気になる方はインスタグラムや番組でチェックしてみて下さい(^_-)-☆

プルシェンコの手術経歴は?

2014年現役最後に出場したソチ五輪の時点で、腰から破損したボルトを取り出すために13回目の手術を受けているプルシェンコ・・・現役時代からケガがつきものの選手でした。

鼠径ヘルニア除去、半月板除去、半月板改善、半月板修正、椎間板ヘルニア除去、椎間板置換、ボルト摘出・・・

そして今回のヘルニア除去手術。

少なくとも14回は手術を受けている事になしますね。これからもアイスショーなどでスケートを披露してくれると思いますが、無理はしないでほしいですね(;´・ω・)

後遺症はある?

驚くことに・・・【ヘルニア除去手術】からわずか7日でリンクに復帰したことを報告していました!!

今のところは後遺症は大丈夫・・・?なようですね!

きっと今回もケガに打ち勝ってこれからも数多くのアイスショーに出演し、すばらしい演技を披露してくれることでしょう♪

19日のインスタグラムでは、自分のことを『ターミネーターが記録を打ち破って戻ってきた』とつづり、動画付きで軽やかなターンなどを披露し、ファンを安心させたのです(゚Д゚;)笑

入院する報道が流れてから国内外を問わず心配する声が広がっていましたが、元気な姿を目の当たりにしたファンは嬉しかったでしょうね(^^♪

プルシェンコの傷跡や手術についてのまとめ!

  • プルシェンコの首、喉の傷跡は【ヘルニア除去手術】の痕!
  • 【ヘルニア除去手術】からわずか7日でリンクに復帰!!
  • 今のところは後遺症は大丈夫・・・?なはず!!!

というわけで今回は、『プルシェンコ』について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?
氷の皇帝『プルシェンコ』&息子の『サーシャ君』のこれからの活躍が非常に楽しみですよね!(^^)!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

どうぞ他の記事もごゆっくりお楽しみ下さい(^^♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です