大迫勇也の年俸推移をチェック!ケルンの移籍金はいくら?

ロシアワールドカップに向け、期待を寄せており、キーとなる選手と言えば、FWの大迫勇也選手!

現在はドイツのケルンや、日本代表選手として活躍してきましたが、今回のワールドカップでもぜひ活躍してくれることでしょう!

そんな大迫勇也選手がどれくらいお金を稼いでいるか、みなさん気になりませんか??^^

ということで今回は、大迫勇也選手の年俸推移や移籍金など、みんな大好き『お金のハナシ』について、見ていこうと思います!

スポンサーリンク

大迫勇也の年俸推移は?

大迫勇也選手の鹿島アントラーズやケルンなど、年俸推移をチェックしていきましょう!

年俸推移は?

鹿島アントラーズ

2009年(19) ⇒  360万円
2010年(20歳) ⇒ 1,000万円
2011年(21歳) ⇒ 1,000万円
2012年(22歳) ⇒ 1,500万円
2013年(23歳) ⇒ 2,000万円

FCケルン

2014年(24歳) ⇒ 1億2,000万円
2015年(25歳) ⇒ 1億5,000万円
2016年(26歳) ⇒ 1億8,000万円
2017年(27歳) ⇒ 1億8,000万円
2018年(28歳) ⇒ ???

このようになっており、まずはJリーグ時代を見てみると、20歳で1,000万円はかなり高い方だと思います!

そしてケルンに移籍した年に、一気に年俸が6倍になっているのがすごいですよね^^

さすが海外のクラブチームということで、夢がありますよね~!

ただ、実力社会がもっと過酷になったり、コミュニケーションが大変だと思いますが、活躍すれば世界中のヒーローにもなれますからね~!

現在の年収は?

さて、大迫勇也選手の年俸ですが、現在はケルンでどれくらいの年俸をもらっているのか、調べてみたところ、約1億8,000万円もらっていることが分かりました!

確かに金額は多いですが、大迫勇也選手の年齢(28歳)と海外のクラブチームということを考えると、もしかしたら少ないと感じる人もいるのかもしれませんね~。

あと2年間ケルンに所属することになりますが、年俸がどれくらい上がるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

大迫勇也の移籍金は?

大迫勇也選手がケルンに移籍した時に、どれくらいの移籍金をもらっていたのかも気になりました!

その前に、大迫選手って鹿島からケルンに移籍する途中に1860ミュンヘンに移籍していたんですよね!

その時は、鹿島から約7,000万円で移籍していました!

その後、すぐにミュンヘンからケルンに、1億6,000万円で移籍しました!

移籍の予定はある?

大迫勇也選手の移籍が噂された時もありましたが、今はないようです。

2014年6月から2017年までFCケルンに3年契約で所属しており、「次はどこ?」というふうに騒がれていたんですよね~^^

ただ、2016年10月の時に、2020年まで契約を更新していました!

正直、ドイツのケルンのリーグはあまり強いところではないので、上昇志向があると、もっと大きなチームに移籍したいと思いますよね?

ただ、大迫勇也選手は、

ケルンはドイツでは大きなクラブですし、

日本の方々にも関心、好感を抱いてもらっていると思います。

それに僕は家族とともにここでの生活を好んでいます。

ここに残ることには幸せを感じます。

とコメントしており、このチームが本当に好きなんだなぁ~と思いましたね。

ただ、以前にケルンから移籍するとしたら、約8億円とまで言われていたので、2020年の移籍場所や金額が非常に気になりますね!

そのために、今回のロシアワールドカップで世界にアピールしなければいけませんね!^^

大迫勇也の年俸についてのまとめ!

大迫勇也の年俸推移や移籍金について調べてみましたがまとめは以下の通りになります。

  • 鹿島アントラーズ入団時の年俸は360万円だったが、5年間で2,000まで上がった。
  • 現在の年俸は1億8,000万円で、2020年まで在籍予定。
  • 移籍金は、ミュンヘンが7,000万円、ケルンが1億6,000万円。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です