ワンピースネタバレ942話(最新話)!考察や感想も!【”白舞の大名”霜月康イエ】

ワンピースの最新話942話は2019年週刊少年ジャンプ24号に掲載!
ここでは、ワンピースの最新話である942話「”白舞の大名”霜月康イエ」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもワンピース 942話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ワンピース942話までのあらすじ

トの康の正体は、元白舞大名の康イエだということが判明!
しかし康イエはすでに囚われの身で、処刑真近の磔の状態になっていた…!

現場へ駆けつけようと急ぐゾロ・おトコ・ヒヨリの一行!
果たして彼らは間に合うのか…!?

処刑寸前の絶対絶命のピンチの中、康イエは始終笑っている…

ワンピース942話「「白舞の大名」霜月康イエ」のネタバレ

康イエとおでん

処刑真近の絶対絶命の中!

康イエは、オデンとの過去に思いを巡らせます。

康イエが生まれたのは白舞という場所。

そこで康イエは屈強なワノ国最強の侍達を束ねる大名でした。

そのころの康イエは、現在の解れたニヤけ顔とはうってかわり、まさに侍!武将!といった表情です。

そして、そんな康イエの元へ入り浸るようになっていたのが、あのおでんでした。

おでんは将軍の息子ですが、世継ぎには興味がない様子で、

「いつまでここに入り浸っておるのだ」と彼を咎める康イエに対して、

おでん「みんな言ってるぞ、光月スキヤキの亡き後はおでんにあらず!!
    康イエ将軍だって!!」

と笑いながら話す始末です。

若きおでんには海に出たいという思いがあるだけなのでした。

デマ

場面は変わって処刑場。
オロチの部下が康イエがどういう犯罪を犯したのかを民衆に説明しています。

処刑台を警護しているのがドレークとホーキンスたちです。

康イエの罪とは、ワノ国の人々に対してオロチの支配に屈せずに行動するように煽り導いた反逆罪であり、それにより今回処刑されるとのことでした。

康イエは自分のことを丑三つ小僧だとふかして捕まりました。

しかし康イエは今わの際でそれを否定します。

ここで捕まるために、皆をかく乱するためにデマカセをふいたのだと。

処刑場に押し寄せる民衆

場所は変わり、花の都、入り口。
えびす町の大勢の人々が首都へ入ろうとしています。

康イエがまだ死んでいない、そして彼はなぜか喜んでいるということを知り、康イエに再び会おうと試みているのです。

康イエの口上

康イエは血まみれの磔のまま、民衆へ大声で話し始めます。

康イエ「まず詫びたいことの一つ目!」

わしは、光月家がいなくなったことを受け入れることができなかった。

だから花の都で噂を広めたのだ…もうすぐ光月家が帰ってくると!

しかしそれは大きな嘘、皆に詫びなければならないのだ…。

ここでオロチが籠にのって登場します。

康イエを睨み付けるオロチ。それを見返すように康イエもまたオロチをじっと見て、口上を続けます。

康イエ「ここで再びお前を悩ませている呪文を言ってやろう!」
    貴様のような小心者は、永久におでん将軍の域に達しない」

この言葉が引き金となり、処刑は実行されてしまいます!

処刑の瞬間も、康イエの表情は「笑顔」です。

康イエ「子供らの目を塞げ!!光月に使えた最後の大名が!!」
    いやさ えびす町のお調子者が!!

    あの世へ参るぞ!!!歌ってゆこうか!!!あらよっと♪」

そして処刑されてしまう康イエ…。

かけつけたゾロたち。しかし康イエはもう…

その直後!

おトコ達が処刑場へ到着!えびす町の人々が泣き笑いしているのを目にします。

それを止めたいゾロですが、制止してきたのはヒヨリでした。

涙と鼻水を垂らしたぐしゃぐしゃの顔でゾロの胸に突っ伏し、

「カイドウとオロチが持ち込んだSMILEという果実のせいで感情を奪われたため、えびす町の民衆は悲しくても笑うことしかできなくなっている」

と涙ながらに説明するのでした…。

今回はここまでて終了となりました…。
「ワンピース」次号は休載になります。
再開は26号予定とのことです!

ワンピース942話までを無料で読む

ということで、ワンピース942話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ワンピース942話を含めた2019年24号 号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ワンピース942話の感想・考察

霜月康イエは民衆の目の前で騒然たる死を迎えてしまいました…。
しかし彼は処刑の間、始終笑っていました。
かつてローグタウンで処刑された海賊王ロジャーも、死に際まで笑っていましたよね。あわや処刑されそうになったルフィもまたそうでした。英雄というものは、そういうものなのかもしれません。

そういえば霜月という名でピンと来たのですが、そういえばゾロが生まれ育った故郷は「シモツキ村」ですよね。
もしかしたら今後、ゾロの生まれ故郷が絡んでくる展開が期待されるかもしれません!ますますワンピースから目が離せなくなってゆきますね!

ワンピース942話についてのまとめ!

ワンピース942話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ワンピース942話を含めた週間少年ジャンプ2019年24号 号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です