NEM財団とは何?どこの国の組織(規模)ほか活動内容について調査!

NEM財団が、コインチェック580億円流出事件発生のため、原因究明のため探っております。

NEM財団ってあんまり聞かない名前ですので、どのような団体なのか分かりませんよね?

ということで今回は、NEM財団とはどのような財団なのか、見ていきたいと思います!

それではどうぞご覧ください!

スポンサーリンク

NEM財団とは何?どこの国の組織なのか気になる!

NEM財団について調べてみると、NEMの事業を進めるために存在する核国の法律で認められている法人、となっています。

NEM財団は、非営利の公益事業で、社会に意味のある活動を行い、資金を投下していることから、「透明性の高い財布」とも言われております。

NEM財団の大統領は、創立理事である「ロン・ウォン」さんで、他にも創立理事や評議員が在籍しています。

評議員の中には、日本人である「浅山隆雄」さんも在籍していますが、ほとんどが日本以外の国の人で構成されているグローバルな組織なんですね。

NEM財団の具体的な活動内容は、明らかになっていませんが、今後の目標として、

「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」

と発表しており、プロジェクトが着々と進んでいるようでしたが、その矢先に・・・といった感じですよね。。。

早急な問題解決を祈っています。


こちらの関連記事もどうぞ!↓↓

▶コインチェック社最高執行責任者、大塚雄介ってどんな人?謝罪会見は空耳だったの?

▶和田晃一良社長のツイート炎上した理由ははカイジ?過去のつぶやきでさらに炎上!

▶コインチェックの犯人は誰!?内部犯行の可能性や補償金について調べてみた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です