七つの大罪ネタバレ313話(最新話)!考察や感想も!【宿命の兄弟】

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

七つの大罪の最新話313話は2019年6月5日の週刊少年マガジン2019年27号に連載されております!

ここでは、七つの大罪の最新話である313話「宿命の兄弟」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても七つの大罪 313話を漫画で見たい!!今すぐに見たい!!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

七つの大罪312話までのあらすじ

現世・精神世界で魔紳王を倒し、聖戦ついに終結!!

メリオダスも現世復帰を果たし、戦士たちはリオネス王国へと帰還する!!

ところが、ぜりドリスを依り代に魔神王が復活!!

弟を救うため、メリオダスはエリザベスと共に、

魔神王のもとへと向かう。

人物紹介

メリオダス…本作の主人公。豚の帽子亭店主かつ七つの大罪団長。 魔神王に身体を乗っ取られ、現世復帰のため精神世界で魔神王と戦った。

エリザベス…リオネス王国の王女で、メリオダスの恋人。3000年の呪いで、3日後に死に、転生する運命にあった。

エスカノール…傲慢の罪を背負う七つの大罪団員。昼は最強で、夜は最弱。現在はマエルに「太陽」を貸している。

ゲルダ…“千塵”の名を冠する吸血鬼。3千年前、ぜルドリスとは恋仲にあった。

ぜルドリス…(十戒)の一人で、メディオダスの弟。恋人・ゲルダのため父親・魔人王の命令に反したが、魔力を回収され、その一撃に沈んだ。

ホーク…魔人王がメリオダス監視のため拉致した煉獄の生物。ゆえに異常なまでの耐久力と回復力を持つ。

七つの大罪313話「宿命の兄弟」のネタバレ

リオネス王国

ホークちゃんとエスカルーノは、リオネス国王に、ゼルドリスの魔神王の復活を

リオネス国王と全聖騎士に警戒態勢を取るように告げた。

エスカルーノは、マエルに「太陽」を貸しているため本来の力を維持できない。

ホークちゃんはおっ母に、魔神王の復活を伝えて次こそは力を貸すようにお願いしたが・・・

寝ぼけているようだった

魔神王のもとへ

魔神王の居場所は、メリオダスは既に割り出していた

そこは、ブリタニアで最も魔力に満ちた場所ソールスズベリーの魔法の湖だった。

魔力を回復するためそして、一刻も早く器と完全に一体化するために違いないと思っていた。

エリザベス 「大丈夫・・・きっと助けられるわ ゼルドリスだってあなたの助けを待ってるはず」

メリオダス 「そうだといいけどな」

魔界を出るときの回想

メリオダスは、ゼルドリスに魔界に出る時に言った言葉を後悔していた。

ゼルドリス 「魔界を出る!?正気か兄者!?
      
        そんな行為父上が許すと思うのか??」

メリオダス「誰にも許しを請うつもりはねぇさ

       このまま十戒の統率者として争い続けたらいつか必ず

       この手でエリザベスを傷つけることになる・・・

      ゼル・・・ゲルダを連れてオレと来い!!」

ゼルドリス 「勝手に出て行け俺はもう貴様を兄とは思わん・・・!!

        次会う時は敵同士だ!!」

まったく考えなしに言ったことを後悔していた。

ゲルダは吸血鬼だ恋人を思えば魔界に留まるのが当然の話だったのに

バカだよな・・・なによりゼルは根が真面目すぎるから・・・・

ゲルダの恋人として・・・

十戒の統率者として・・・

魔神王の息子として・・・・

重圧に苦しめられていたんだと気が付き反省していた。

魔神王によって体を乗っ取られたゼル

魔神王に乗っ取られたゼルドリスは、真っ白な空間で

ゲルダの魂と出会う。しかしこれは魔神王の幻影かも知れないが・・・

というのも、本物のゲルダはメリオダスにより、再封印され今もエジンバラにあるはずだからである

からであった・・・

ゲルダ 「キミは嘘をつかれたんだよ・・・

      彼の目的は、自身の魔神王化・・・戒禁を集めるにはあたなを懐柔するのがてっとり早り

      早いから 私はとうの昔に殺されたわ・・・メリオダスとその仲間に・・・」

ゼルドリス 「な・・・なん・・だと」

ゲルダ 「でも、どうしても会いたい一心で、私は魂となりここまでたどりついたの

      よく聞いてゼル?魔神王様はね、私とゼルの仲をお許しくださったの

      だから私はこうしてキミとまた会えたの

      ずっと二人でいられるのよ 永遠に・・・・」

きっとこれは魔神王の幻影魔神王とゼルドリスを一体化させるの罠なのではないだろうか?

魔神王の前にエリザベスとメリオダスが対峙する。

運命で結ばれし二人と天運を握りし神

すべてに決着をつける時!

次回 無慈悲なる救済に続く
 

七つの大罪313話までを無料で読む

ということで、七つの大罪313話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、七つの大罪313話を含めた週刊少年マガジン2019年27号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

七つの大罪313話の感想・考察

魔界からエリザベスとメリオダスが出るときの話がようやく明らかになり、

それを、後悔していたメリオダス

そして、魔神王の体内でゲルダの幻影を魅せられ誘惑されてしまうゼル

このままだと、メリオダスはゼルドリスに誤解されて魔神王と一体化してしまうのではないか?

次回の戦いシーンがどうなるのか今からワクワクしますね。

七つの大罪313話についてのまとめ!

七つの大罪313話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、七つの大罪313話を含めた週刊少年マガジン2019年27号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA