七つ屋志のぶネタバレ37話/9巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

Amazonで毎回10%以上安く買える 秘密の方法はこちら

七つ屋志のぶ宝石匣の最新話37話は2019年7月25日のKiss(EKiss)2019年9月号に連載されております!

ここでは、七つ屋志のぶ宝石匣の最新話である37話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしても七つ屋志のぶ宝石匣37話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

七つ屋志のぶ宝石匣37話のネタバレ

叔父さんのジュエリー

5年前ーーーーー…虎徹は顕定に、高校卒業したら宝石の学校に行きたいことを告げる。

虎徹は顕定が家宝の石を探すために宝石関係の仕事をしているなら、自分もその手伝いがしたかったのだ。

それに『晴子さん』…自分の母であろう人物も、『石』が好きだったから虎徹はそっち方面の仕事に興味を持ったのだ。

その後 虎徹は高校卒業後に状況ーーー…顕定が資金援助して直ぐに入学、1年で宝石鑑定士の資格をとってバイヤーの道へ進むのだったーーーーー…。

「晴子さんはそのあと見つかったの?」

志のぶは顕定に質問する…が、

熱海やその周辺に何度も行って手がかりを探そうとしたけど、だめだったそう。

しかし最近、晴子さんが合成ダイアの研究者ということがわかったことを顕定は志のぶに告げる。

「まさか あのダイアの!?」

実際はどうかわからない…でも顕定には偶然とも思えなかった。

「ただ あのダイアを『合成』だと言うのは志のぶだけだ」

…そう、変な気のしたダイアは合成ではないと鑑定されている…しかしこの口ぶり、顕定だけは志のぶのことを信じているようだった。

顕定は少し考えたあと、叔父さんの残したジュエリーに何か感じたりすることはあるかを志のぶに聞く。

しかし志のぶ顔は暗いーーーー…

ジュエリーたちはみんな幸せそうな気を放っていたーーー…これはもしや…

「顕ちゃんこれ… 鷹さんに見せた?」

そう、浄化されていたため宝石からは幸せの気以外感じられなく、志のぶはお役に立てず涙を流した。

それを見た顕定は何か良からぬものが見えたのか…と心配そうにするが、志のぶは時間が経ってるせいで気とかよくわからない…という設定にするのだった。

顕定はこれを聞き残念そうにため息をつくのだった。

志のぶは叔父さんのジュエリーを見、ステキなものばかりで楽しそう。

「あ こっちのリングもアール・デコ?」

志のぶの目についたのは“ジオメトリックのアール・デコ”

それはダイアにルビー…昔のローズカットがとてもステキにあしらわれていた。

「欲しい」

志のぶは思わず声がでていた…自分でも突然のことで驚くのだった。

しどろもどろしていると、顕定は志のぶに宝石をやる…と言って手にとった。

志のぶがジュエリーを『欲しい』って言うのを顕定は初めて聞いたし、箱の中にいるより志のぶが持っているほうがいいだろ…と言ってリングを志のぶの左手の中指にはめてくれた。

流石はデュガリーの店員…!と志のぶは頰を少し赤らめる。

志のぶはジュエリーを見ながらウットリするーーーー…宝石からは愛を感じた。

きっと叔父さんは自分と同じ気持ちでこのリングを見ていたはず…そう感じるのだった。

そんな叔父さんに志のぶは会ってみたかったーーーーだから希望をつながなきゃいけないのだーーーーー…。

志のぶも自分にできることを探したい、そう思うのだった。

虎徹の母の晴子さん

志のぶは学校が終わり、ふと虎徹があれからどうなったのかが気になった。

落ち込んでいたからちょっと心配…そんなことを考えながらHULALUへと足を運ぶ。

するとそこには秋元夫人がいた。

秋元夫人は、明日が摂子の誕生日のためプレゼントを選びにきたのだった。

鷹臣は秋元夫人と一緒にプレゼント選びを始める…志のぶはというと、机に突っ伏している虎徹を見つけるのだった。

「わたしも晴子さんの家に行ってみたいな」

志のぶは虎徹にそう話しかける。

晴子さんはすごい石好き…と聞いたので、そしたら志のぶなら何かわかるかもしれない…と考えたのだった。

二人は鷹臣に晴子さんの家に一緒に行きたいことを告げる…がこの二人じゃ何かが起きるに決まってると感じた鷹臣は了承してくれないのだった。

「“晴子さん”……って?」

“晴子”の名前を聞きつけた、秋元夫人が話に入ってきたので…鷹臣は虎徹が晴子の息子…かもしれないと紹介をする。

虎徹をみた秋元夫人は、眉との太さや猫目の感じが似ていると感じるのだった。

晴子のことを聞かれた秋元夫人は「石好きの会で…」と虎徹に答えた時、“石”ときいて鷹臣はあることを思い出す。

晴子の家にあった石をすこし拝借したので、それを持ってきてくれたのだ。

晴子の家にあった石は原石ーーー…

宇宙みたいなマトリックスオパールにレインボーガーネット…志のぶと虎徹は石を見て盛り上がる。

「なんか…本人の写真みるより、石を見ていたほうが母さんのことがわかるような気がするな」

それに志のぶは共感した…顕定の叔父さんのジュエリーにたいし、そう感じたからだ。

石を見て楽しそうな二人を見た秋元夫人は、晴子と義実もこんな感じだったと話す。

鷹臣はふたりは恋人だったかを質問するが、そういうのはすぐわかった秋元夫人は「違うと思う」…本当の石友だったと否定する。

だとしたら虎徹の父親はだれーーーー…謎は深まる。

秋元夫人も虎徹の父親についての心当たりはなかった…それも晴子とは店でしかあっていなかったから…と思った時、

「北上家のパーティに晴子さんがいた!」

顕定の一歳のお祝いにお披露目会も兼ねたパーティで晴子さんを秋元夫人は見かけた。

北上家の親族、親しい友人が集まっていたその場。

秋元夫人は顕定のお父さん目当てで、ほぼ彼の事しか覚えてなかったから忘れていたけど…トイレに行った時中庭を通ったら男にグイグイされていたような…イチャイチャしていたような晴子さんを見たのだった。

しかしその男は秋元夫人の知っている人ではなかった。

そのパーティーの参加者がわかる名簿は配られなかった…それに北上家は燃えてしまったので真相は謎に包まれるのだったーーーー…。

まんまる亭の晴子さん

ところかわって倉田屋ーーーーー…顕定が店番をしていると、まんまる亭で働いている晴子がやってきた。

晴子は百合江に差し入れを…とお惣菜をもってきてくれたのだ。

顕定は以前ストーカーの一件で、通報してくれたことにお礼を…そして百合江は今日ダンス教室の発表のため帰りは遅いことを伝える。

晴子はお惣菜を置いていき、百合江や志のぶ…そしてしょうちんにもよろしく言っておいてね〜と出て行くのだった。

晴子は自宅に帰りカーテンをしめるーーーーー…そしてメイクを落とすと…

猫目な晴子が現れるのだった。

「もしもし終わったわよ」

晴子じゃ菖蒲に電話をかける。

菖蒲はロスで晴子を待つと話す。

「あなたの我儘を聞いてやったんだから この時間のロスは ロスできっちり返してくれよな」

菖蒲と話している晴子の顔は少し暗い。

(ごめんね顕定くん ごめんね)

そう心の中で謝るのだった。

家族に近い人

志のぶはHULALUで聞いた話を顕定に伝える。

秋元夫人が覚えていた参加者を書き出してみるも、顕定は小さかったし家族に近かった人なども覚えてはいなかった。

『顕定さまの産着は 私がご用意したんですよ』『顕定さまが虫捕りがお好きだからとお母様が』

“家族と近い人”というので、顕定は長尾さんを思い出すのだった。

二人は翌日長尾さんの家をたずねる。

顕定の一歳のお祝いの会のことを長尾さんはもちろん知っていた。

お祝い返しや記念品は講談デパートで用意したし、パーティーの手配をしたのも長尾さんだったのだ。

「これは そのパーティーの芳名帳です」

お祝い返しなどの作業のため長尾さんは北上家から預かったままだったのだ。

しかしそこに『加治木晴子』という名前はなかった。

叔父さんが友達ということで無断で連れてきた可能性がある…と長尾さんは話す。

晴子の事が分からないなら、晴子と一緒にいた男も長尾さんはわからない…と顕定は少し俯く…。

しかしこの芳名帳の中に、晴子さんと繋がりのある叔父さん以外の人間がいるかもしれない…と希望はもてた。

残された晴子のかけらを集めて、真実につなげることはできるのかーーーー…次号表紙&巻頭カラーで登場です♪

スポンサーリンク

七つ屋志のぶ宝石匣37話までを無料で読む

ということで、七つ屋志のぶ宝石匣37話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、七つ屋志のぶ宝石匣37話を含めたKiss(EKiss)2019年9月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

七つ屋志のぶ宝石匣37話の感想・考察

今回の表紙は虎徹と豆柴の一人と一匹でした!
つぶらな目がとても可愛らしい表紙でした(*゚▽゚*)♡

いろんなことをついに志のぶに打ち明けてくれた顕ちゃん…
志のぶ自身も顕ちゃんの力になりたいのがよく伝わります。

そしてジュエリーを志のぶの指につける下りは素敵でした!
志のぶもいったけど…さすがはディガリー社員…さらっと素敵なことしおる…。

とっさに志のぶが「欲しい」というほど、大事にされた石を持っていた叔父さん…無事であることを願わずにはいられません。

そしてまんまる亭の晴子さんは、虎徹の母である晴子さんで間違いなさそうですね!

顔がなんだか違うよな……とは思っていたのですが、化粧でしたか!
まぁたしかに知ってる人にあったら困りますんもんね…。

菖蒲と晴子さんの間でなにかが起ころうとしています…晴子さんが顕定に謝っているということは、北上家になにかよくないことをやはりしている…?

晴子は虎徹のこともあるし、死ぬわけにはいかないと思っているはずです。
なにかを守るために、悪いことをしてるとか…その真相も今後気になりますね( ・∇・)!

芳名帳を手に入れた顕定たちーーーー…すこーしずつ前に進んでいますね。

次回は巻頭で登場です!楽しみに待ちましょう♪( ´θ`)

七つ屋志のぶ宝石匣37話についてのまとめ!

七つ屋志のぶ宝石匣37話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、七つ屋志のぶ宝石匣37話を含めたKiss(EKiss)2019年9月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA