七つ屋志のぶネタバレ46話/12巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

七つ屋志のぶ宝石匣の最新話46話は2020年5月25日のKiss(EKiss)2020年7月号に連載されております!

ここでは、七つ屋志のぶ宝石匣の最新話である46話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→七つ屋志のぶネタバレ45話/11巻!感想&あらすじもチェック!

→七つ屋志のぶネタバレ44話/11巻!感想&あらすじもチェック!

スポンサーリンク

七つ屋志のぶ宝石匣46話のネタバレ

菖蒲と瞳

“親父の話とか北上くんにはしてないよな?“

“オレの邪魔をしたら北上くんが危ないからな“

乃和はそう菖蒲から脅されたことを鷹臣に電話で伝える。

しかし鷹臣はそれがはたして『脅し』なのかと疑問に感じるーー…自分には『こちら側に来るな』という警告に聞こえるからだ。

鷹臣はこの電話で顕定が菖蒲をパーティーに呼んだことを知る。

菖蒲の話によれば2人とも乃和の引退の話しかしなかったと話しているが乃和は少し心配そう…でも鷹臣は顕定もそこまで警戒心がないわけじゃないだろう…とは思っている。

「それより引退の話 僕も君は引退しない方がいいと思うよ」

鷹臣はドラマの『キモノ警察』がよかったと言ってくれたので、乃和は見ていたのか…と恥ずかしそうにするのだった。

2人は電話を終え、鷹臣は菖蒲の恋人(?)のことを気にしていた。

志のぶから瞳が倉田家に宝石を売りにきたという話を鷹臣は聞いた。

宝石から変な気が出ていなかったから普通に接客していた志のぶだが、元彼にもらった人いう宝石がどれも合成とか…鑑定書も嘘だった。

お安く見積もったら帰ってしまってそれだけだったのだけど……本当にそれだけだったのかと志のぶは疑問に感じているようだった。

銀座には他にも大きな買取店だってあるのにわざわざ瞳は倉田家へーーー…そんな偶然があるのか??と鷹臣は考えるのだったーーーー…。

馬場光香

志のぶの高校ーーー…志のぶは結局鷹臣にだけ報告し、その日のことを思い返す。

“隠し事はしない!心が離れたら家族はだめになっちゃうんだぞ“

そう言った武蔵の言葉も思い出し志のぶに刺さっていた。

「倉田ちゃん!今日倉田ちゃん家に行ってもいい?」

そんな時クラス3人いる派手グループの1人の馬場光香が話しかけてきた。

いつも流行の遊び場やお店、彼氏の話をしているそんな彼女が何でうちに…ということを志のぶが聞いてみると、光香は一度質屋を見てみたいからだという。

一度見てみたくはあるがなんか怖くて入ったことがない…友達だしいいでしょ…という光香の強い押しに、友達七日はわからないと思いつつも志のぶは了承するのだった。

そんな2人の様子を普段一緒にいるグループのことたちは、笑いながら眺めているのだったーーー…。

光香とは友達ではないかもしれないけど、質屋の“怖い“イメージはちゃんと変えておかないとね…と思いながら志のぶは放課後倉田屋に光香を案内する。

光香の入った第一声は「思ったよりフツー」だった。

そして買取をする椅子に座る光香ーーー…

「じゃあコレ このネックレスいくらで買い取ってくれる?」

まさかの客に衝撃を受ける志のぶーー…そもそも高校生は売れないので断る。

光香は友達なんだからいいじゃない…というが、決まりなのでそういうわけにはいかない。

「お願い!わたし今晩の宿代が必要なの!!」

光香は昨日はカラオケBOXに泊まったけど今日はシャワーを浴びたいし、2500円の格安カプセルホテルに泊まりたいのだと話す。

…つまり彼女は家出をしているということなのだったーーー…。

家出少女

「親とめっちゃケンカして…帰りたくないの!」

光香はそう話し、ネックレスを買い取ってくれないならここに泊めてという。

でも志のぶからしたらカプセルホテルやこの家に泊まるくらいなら、いつも一緒にいる南とか仲の良い友達とかの方に…という疑問が生じる。

しかし最近光香の友人は急に受験態勢に入って、毎日塾だの勉強だの忙しいのだという。

光香もちょうど彼氏と別れたから、これから大学受験がんばろうと思ったその矢先ーーー…

『ごめんね光香 塾のお金は無理…大学も奨学金でいけるかな?』

そう両親が言ってきたのだそう。

光香の家は都内に6店舗を出している人気のナポリピザ店をやっている…と志のぶは教室で光香が大声で話しているのを知っていたから驚いた。

それに光香のお弁当にはデパ地下の“吉祥“の惣菜が入っていたこともあったしそんなに困っているようには見えなかったのだ。

でもそんな弁当も一学期までだったと光香はいうーー…人気のピザ店だったのに、何を思ったのか光香パパが突然『今流行りのスパイスカレーも出す!」とか言い出して、ピザ店がスパイス臭くなった。

結局求められていないことをやってしまい、あれよあれよと業績悪化ーー‥今はもう2店舗をギリギリのところで…という感じらしい。

今ごろ勉強始める光香が塾なし受験とかもう絶望…詰んだーー…光香はまさか自分が親のせいでこんな事になるとは思っていなかった人呟く。

「ちょっ…」

何か光香に言いたそうな志のぶーー…なのだったが、百合江がサルサの人たちと飲みに行きたいから店番代わってほしいと部屋に入ってくるのだったーーー…。

自分と同じ年なのに

昨日も出かけたけどどうしても…という百合江に志のぶはしょうがなしに急いで夕ご飯を作って店に出ていくのだった。

百合江は食べて行こう…と言っていただきますをする、そんな時光香がいる事に気がついた。

2人は一緒にご飯を食べ話をし、光香は家に泊めてもらえる事になる…光香の両親には百合江が連絡してくれるという。

百合江は懐かしんだ…自分も光香くらいの時はよく家出をしたことを。

遊びたかったし質屋も嫌だと話す百合江に、でもこの店を継いだんじゃ…と光香は不思議そうにする。

「私は離婚して出戻りよ 継ぐのは志のぶね」

そう百合江は光香に教えてくれるのだったーーーー…。

志のぶが店番をするーーー…するとミュージシャンのユウジがやってきた。

またギターを預けにきたと思いケースを開くーーー…しかし中にギターは入っておらずケースのみだった。

「今修理に出してるんだよーっ 絶対帰ってくるからあるってことにしてくれない!?」

家賃だけは払いたいと涙を流すユウジーーー…志のぶは「もうっ」と言いつつも対応するのだった。

そんな様子を暖簾から覗く光香ーーー…志のぶが本当に働いているんだ…と自分の目で確かめるのだったーーー…。

質屋に来る人たち

翌日志のぶは朝から雑巾を絞って店のガラスを拭き、洗濯を済まして味噌汁を作る。

これをみた光香は志のぶが修行僧に見えた。

光香は志のぶが用意したご飯を食べながら、今日は学校休みだしこの近くに新しい話題のりんごスイーツ店ができたから一緒にチェックしに行こうと持ちかける。

「わたし店番 勉強もあるしごめんね」

志のぶはそう言って断るのだった。

ずっと店番しなければいけないことに驚く光香ーー…これじゃ百合江が昔家でするわけにも納得がいった。

大体質屋って今はフリマアプリもあるしお客さんってそんなにいるもんかと光香が考えた時ーーー…新井さんがやってきた。

新井さんは今日は絶対当たるから…と馬券を預かってくれ…という冗談をいうが、本当はいつもの受け出し。

それは今日が年金の日だからーーー…年金の日だと気づいた志のぶは城山さんもそろそろ…と思ったその時に城山さんはやってきた。

そこから年金隊の受け出しがやってくるーーー…光香はその需要に裏で驚いた。

「えっ 1万6千円も……いいんですか!?」

驚く前にも一度きたシングルマザーの小林は驚く。

プラチナダイアのネックレスなので値段に申し分はないと志のぶがいうと、小林はこれでご飯は食べられると嬉しそうに泣いた。

小林はでももう学費が払えない…せっかく高校に入った娘になんて言えばいいのか…と次は悲しそうに涙を流し始める。

「娘さんが高校生なら『児童扶養手当』を申請してはいかがですか?ひとり親で借家でしたら住宅手当も出るかもしれません」

そう言って志のぶは小林に資料を渡すーーー…そして娘さんのためにもちゃんと申請した方がいいと小林に話す。

すると小林はその資料を大事そうにもち、頑張る…と言ってくれるのだったーー…。

間違いない 間違えそう

「すごいな…倉田ちゃん あんなに冷静に…助言までして」

店番が落ち着いた時に光香は志のぶに話しかける。

志のぶは日々の生活でいっぱいいっぱいだとこういう支援の情報を知らなかったりするから、できるだけ教えらせしたいのだという。

それにいつか行政書士の資格も取れたら…とも考えているのだそう。

それを聞いた光香はいつも自分のことばっかりで、親のことなんか考えていなかったことに気づく。

自分の親も小林みたいに苦しんでいるのかなーー…自分が大好きだった店は今どうなっているのか…自分にも何かできる事はないのかーー…と光香は考えるようになるのだったーーー…。

「あ…ちょっとごめん だれ?君」

夜になり店にきた顕定が光香に声をかける…光香は突然のイケメンに驚いた。

顕定の声を聞きつけて志のぶもやっと来たと顕定と顔を合わすーー…しかし顕定は帳簿を見に来ただけですぐ帰るのだという。

志のぶはレッドベリルを持ってて…というが顕定が受け取らないので、やっぱりなんか隠し事しているのでは…と疑う。

顕定はそれはお前だろ…と言って、虎徹と何かこそこそ話していたことを指摘する。

志のぶはやっぱり知ってたんだ…とうっとするも、自分は隠し事してもいいけど顕定はダメだとキッパリ言った。

は?と固まる顕定ーーー…

「だって顕ちゃん間違えそう」

しかし志のぶのこの言葉に、自分が百合江に言った『志のぶは間違えませんよ』という言葉を思い出した。

レッドベリルじゃなくても触ったらわかるとかないのかなーー…そんなことを考えた志のぶはふと鷹臣が『僕に何をさせてるのかな?』と自分に触れてきたことを思い出す。

「顕ちゃん わたしには話してくれるよね?」

鷹臣のように真似をし、顕定の手をぎゅっと掴んで志のぶはそう問いただす。

顕定は気が動転し、やかんに火をかけたままだったから帰ると言って店を出て行ってしまうのだった。

志のぶはうまくいかなかったと舌打ちするーーー…そんな様子を見ていた光香は、杏奈大人のイケメンを手玉にとる志のぶってーー…!?となるのだったーー…。

覗いた先には

「今晩は〜 志のぶちゃんいた〜♡』

そんな時銀座のクラブのホステスのマコちゃんと、クラブのママがやってきた。

ママが宝石を売りたいというから、マコが倉田屋なら高くつけてくれると紹介してくれたのだった。

「すごい…倉田ちゃん 宝石が鑑定できるなんて」

鑑定をしている志のぶに光香はそう呟くが、志のぶが一番得意なのは宝石だ。

光香は志のぶが自分の人生の倍生きているような感じがしたので聞いてみるが、志のぶはよく“昔の人“とは言われるが光香が何を言っているのかイマイチわからなかった。

今まで光香は志のぶのことを“遅れている“とか“子供ね“と思っていたことが恥ずかしくなるーーー…志のぶはそんなのとっくの昔に過ぎていたのだ。

「あ せっかくだからルーペで見てみなよ 宝石」

そう言って志のぶはエメラルドリングを渡してくれ、宝石は大体内包物がない方が良しとされているけど自分は内包物を見るのが好きだと話してくれる。

光香がルーペを覗くと、緑の海の中にイカが泳いでいることに気がついた。

これは三相インクルージョン…個体と液体と気体が入った地球の記憶だという。

次はブラックオパールを覗かせてもらい、まるでそれは宇宙だと感じる光香。

こんなに小さな穴の向こう側にも自分の世界が広がってるーーー…今まで覗こうともしてこなかったことに気付くことができたのだった。

光香はもう夜も遅いが、急に自分家のピザが食べたくなったから帰るのだという。

まだぎりラストオーダーに間に合いそうなのだとか。

そして別れ際、光香はいい社会勉強になったいってお礼を言う。

「質屋さんは社会だよ」

光香はあと…自分も志のぶのように自分の店を手伝っていつか盛り返せるようになりたいと思ったことを話してくれる。

これに志のぶは光香はいつも食べ物や流行りの店とか詳しくてすごいな…と思っていたから、その職種は向いていると思うと背中を押すのだった。

光香は今度自分とこのピザを食べにきてと話し、もう一つ顕定のことで思い出したことを教えてくれる。

「どっかで見たことあると思ったら、乃和のインスタに出ていた人だね!乃和の彼氏とりにいくなんてすごいよ!倉田ちゃん」

そういって光香は帰っていったーーー‥。

『乃和の彼氏』ってそれは世間の標準認識になったのかな…と志のぶは不安になり、ネットでチェックする。

すると乃和が『引退しない』というネットニュースが目に入るーーー…同じ頃顕定にもそのニュースに気づくのだった。

引退を撤回した乃和ーーー…しかし顕定が感じた違和感は依然として残り続けるのだったーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

七つ屋志のぶ宝石匣46話の感想・考察

七つ屋志のぶの最新話いかがでしたでしょうか(*゚▽゚*)

光香ちゃん…嫌いじゃないです。

高校生の頃…自分が親の苦労を渡っていたか…と言われるとそうではなかったなぁ…と思い返していました。
自分ばっかりだった…わたしも…(⌒-⌒; )

そう思うと志のぶは出来過ぎですよね…確かにもう先を行ってます。

パッとキャベツの千切りして生姜焼き作っちゃうとこもまたステキ…。

志のぶは朝、汁物と漬物だけっていって朝食を出してくれましたが…朝なんてそんなんでいいよ…と凄みを感じました( ˘ω˘ )

そんな志のぶを見て変わっていく光香はよかったです!

今後店をきっと盛り返せる…そんな気がしましたよね。

そして乃和引退撤回!!!
まぁ顕定のことを思って…のことですが、菖蒲の思惑はなんなのでしょうね…。

でも鷹臣が言うように、自分から乃和を遠ざけようとしているように感じます。

菖蒲もなんだかんだ乃和のことは大事そう…な気がします。

でも自分が危ないことしているなら、近づけたくはないですもんね…大切なら。
真相…気になります。

また来月も掲載予定ですので、楽しみに待ちましょう( ´ ▽ ` )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

Kiss(EKiss)の他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

Kiss(EKiss)の他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→Kiss(EKiss)ネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、七つ屋志のぶ宝石匣46話を含めたKiss(EKiss)2020年7月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください