モエカレはオレンジ色ネタバレ35話/9巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

モエカレはオレンジ色の最新話35話は2019年10月24日のデザート2019年12月号に連載されております!

ここでは、モエカレはオレンジ色の最新話である35話「紗弓と風間」のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもモエカレはオレンジ色 35話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

モエカレはオレンジ色 35話「紗弓と風間」のネタバレ

予行デートスタート

風間とバレンタインデートすることになった紗弓ーーー…

寒い中歩いていると風間は、さらっと紗弓のコートが可愛いと褒めてくれるのだった。

今日は紗弓プランのデート予行ーーー…と言っているが、そんなのは嘘。

チョコいつ渡せばいいのかな…そんあことを考えながら、紗弓たちはお店食べるところへ向かうのだったーーーー…。

“sorry CLOSED”

紗弓が考えていたお店は閉まっていた。

どうしようどうしよう…と紗弓が困った顔で考えていると、風間が「ちょっと歩くけどいい?」と言って、回転デザート食べ放題のお店に連れて行ってくれる。

かわいいデザートが回っている様子に、紗弓はテンションをあげる。

いかにも女子が大好きそうなお店ーーー…最初はキラキラしたような様子の紗弓だったが、なんでこんなお店知ってんだ…と思うようになる。

やっぱり女の影がーーー…そんな風に思っていると、

「おれ大学生の妹がいてさ ここに連れてけってうるさくて」

風間はそう話すので、紗弓はなるほど…それで女の子の扱いになれてるのかな、なんて都合よく考えたりするのだった。

「風間さんやっぱすごいな」

自分もそんなふうにさらっとスマートになれたら、人生イージーモードって感じ…と紗弓はスイーツを食べながら話す。

そんな風に言われる風間だが、本人は苦労も挫折もしていると言う。

仕事もプライベートも挫折ばっかり…現場の人助けられなかったり…と、でもそんなことを言ったら自分よりも悔しい思いしているヤツは山ほど…恭介とか…とも風間は話す。

「いやまあでもホントさ そんな完璧人間いやしないから」

だけど運良く試験一発合格したら調子乗ってねー、と風間は笑う。

「まぁそれでもおの同期達には敵わないかな」

こうとも話すのだったーーーー…。

ホラーハウス

スイーツを食べ、店をでる2人ーーーーー…

紗弓は風間も挫折したりするんだ…と、内心驚いていた。

どんな人なのか…趣味とか好きな食べものとか…何が嫌いなのか、何が好きなのかもっと知りたいと思うようになるのだった。

「おっおれこういうの好き」

風間の言葉に反応し、振り返る紗弓ーーーー…

そこはホラーハウスだった。

こういうのはちょっと遠慮したいかも…と息を飲む紗弓だったが、風間が行きたいのなら…と、「苦手?」と聞かれたのに、平気だと言って中にはいるのだった。

出てくるお化けに大っきいリアクションをする紗弓ーーー…思ったより自分は怖いのが苦手だと、紗弓は認識する。

前が見えない…という紗弓に、風間は火事現場よりはマシかな、と話した。

「か かじの時ってもっと暗いんですか?風間さん」

立ち止まってそう聞く紗弓だったが、紗弓が下を向いて歩いていたので、“進路”と書かれた看板を見逃し、はぐれてしまうのだった。

紗弓は風間がいないうえに、苦手なお化けがでてきてパニックになるーーー…こんなに苦手だったとは…新たなる気づきなんて言ってる場合でもなく、腰のぬけた紗弓はガクガクと震え出す。

「ごめん紗弓ちゃん!やっぱこういうの苦手だった?」

紗弓がいないと気づいた風間は引き返してくれた。

紗弓は泣きながら正直に、苦手であることを伝えるとーーーー…

風間は「もう大丈夫」と言って、お姫様抱っこをし出口のほうへと向かうのだった。

溢れる

苦手なら目を閉じてていいよ…と、出口に向かう風間は話す。

「す すみません…」と謝る紗弓に、風間はさっき話していた挫折の話を教えてくれる。

「おれ初めて出た火事現場で紗弓ちゃんくらいの歳の女の子を 助けられなかった」

しばらくそれがトラウマだった、と風間は話す。

火事になると上手く身体が動かなくて、足手纏いになって、本気でこの仕事を辞めたいって思ってた時期が彼にはある。

それで心の限界が来たころに、初めて風間は恭介に弱音を吐いたのだ。

『おせえよおめーは!もっと早く仲間に助けて求めろよ ヘタレかよ』

『もう無理かも』と溢した風間に、恭介はそう言ってのける。

風間が本音を言うのを恭介は待ってくれていた。

それから風間は『ああ弱音吐いていいのか』って救われた気がしたのだ。

紗弓も自分に似ていると思った風間は、図書館の時にもああ言ったけど、弱さを見せるのは勝ちとか負けとかじゃない、と伝える。

紗弓の周りの人はもっときみのことを知りたがってる…好きなものも嫌いなものも…

「恥ずかしいならさ まずはおれにくらい弱音吐いたって構わないでしょ?」

風間の言葉に気持ちが溢れる紗弓ーーーー…

これがベストなタイミングなのかとか、もうわからない…でも止められないのだ。

「今日は強がりたかったんです だってうち 風間さんのことが好きだから」

思いが溢れた紗弓は告白するのだったーーーーー…

救命士

一方恭介と萌衣は、隊長から呼び出しかかったためお開きになる。

「…今日楽しかった チョコもありがとな」

少し目線をはずし、照れた顔でそう話す恭介。

萌衣も楽しかったと伝えると、恭介は萌衣の頭を“ポン”とし、駅のホームへと向かっていった。

萌は1人になり、楽しかったのは嘘じゃないーーー…だけど、最後の『おれは絶対に反対だ』という言葉がひっかかっていた。

自分が救命士を目指すことに恭介は否定的ーーーー…それはもしかして、救命士の多岐川さんと過去になんかあったのかな…と考えるのだった。

いや、今多岐川さんは関係ないじゃん…とトボトボと歩いているとーーー…

「萌衣ちゃん萌衣ちゃん」と呼ぶ、姫野に気付く。

姫野は萌衣が、心臓マッサージで人助けしたことを多岐川に聞き、実行に移せるなんて偉い!と褒めた。

そしてちょうどよかった…と言って、自分のロッカーに入っていた『救急救命士標準テキストブック』の本を萌衣に渡した。

姫野は萌衣がわりと本気で向いていると思ってることを伝えるーーー…

すると本は受け取った萌は涙を目にためていた。

「…でも あの…蛯原さんに救命士になるのは反対だって言われました」

どうしてだろうって萌衣は考えたーーーー…自分がドジで危なっかしい…それに子供だからなのかな…と姫野に溢す。

少し考えたあと「萌衣ちゃんそれは…」と姫野が口を開くーーーー…

「おっ佐々木さんだ!」

しかし姫野の言葉は多岐川に遮られる。

萌衣は多岐川の姿を見ると「それじゃ失礼します!」と慌てて、その場を立ち去った。

どうしたのかな…と萌衣の様子を気にする多岐川に姫野は、

「エビちゃんって、やっぱりまだ…ーーーーー」

そうさっき萌衣に言おうととしたことを呟くのだったーーーーー…。

帰宅後

家に帰り、ベットに寝そべる萌衣ーーーー…あんな態度かわいくない…と萌衣は落ち込む。

姫野にも多岐川にも失礼だよ…と反省していた。

萌衣はさっき姫野にもらったテキストブックを見つつ、夢というにはまだ早いけどーーー…

『萌衣ちゃんも救命士目指してみる?』『佐々木さん救命士になってみない?』

ふたりの言葉が萌衣は嬉しかった。

自分が何かになれるかも…って思いはじめていたのに、一番認めてもらいたい好きな人は『やめとけ』…と、そうは思っていないみたいで、萌衣は辛かったーーー…

そんな時紗弓から『今 萌衣んちの前いるよ!ちょっとだけ出てこれるかな??』と連絡が入る。

萌衣はベットから飛び起き、外に出る。

「デートどうだった!?」

萌衣に気づき振り返る紗弓ーーーーー…どこかスッキリしたような、キリッとした表情をしていた。

果たしてどういう意味なのかーーーー…次号に続く。

スポンサーリンク

モエカレはオレンジ色 35話までを無料で読む

ということで、モエカレはオレンジ色 35話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、モエカレはオレンジ色 35話を含めたデザート2019年12月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

モエカレはオレンジ色 35話の感想・考察

モエカレはオレンジ色の最新話いかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

前半は紗弓ちゃんのターンです!
風間さんはほんとさらっとかっこいいですね…。。

しかし紗弓ちゃん!
思っていても『自分もそんなふうにさらっとスマートになれたら、人生イージーモードって感じ…と紗弓はスイーツを食べながら話す。』と言っちゃアウトでしょう…。

本人もいうように、人には知られない挫折もあれば苦労もありますーーー…

まぁ年下の女の子が言ったことにキレるような風間さんはないでしょうが…
もう少し他にいうことはないかなぁ…と紗弓ちゃんにムッとしちゃいました(⌒-⌒; )

でもそんな紗弓にも、思いを伝えたり、救ったりしてくれる風間さんは素敵な男性ですね☆

そして後半は萌衣のターン…。

好きな人から否定的な言葉をもらうのは辛いですよね(;´д`)
恭介には彼なりの事情があるのでしょうが…。

好きな子のことを素直に応援できないのってなんだかなぁ…
いや、恭介の気持ちがまったくわからんわけではないんですけどね(ノД`)

それでもきっと萌衣は救命士を目指すと思います。
ひとつひとつ彼女には今までの積み重ねがあり、成長してこれたから。

今後の2人の関係、そして次号、紗弓との会話が気になります!
楽しみに待ちましょう٩( ‘ω’ )و

モエカレはオレンジ色 35話についてのまとめ!

モエカレはオレンジ色 35話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、モエカレはオレンジ色 35話を含めたデザート2019年12月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA