ミステリと言う勿れネタバレ8話/5巻(最新話)!考察や感想も!

ミステリと言う勿れの最新話10話は2019年4月27日の月刊flowers2019年6月号に連載されております!

ここでは、ミステリと言う勿れの最新話である8話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

なので、どうしてもミステリと言う勿れ8話を漫画で見たい!、今すぐに見たい!という方は、下記のU-NEXTのサイトに登録し、見てみて下さいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

それでは、どうぞご覧ください!^^

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れ10話【天使の言い分】のネタバレ

炎の天使

「綺麗な送り火だね」

白檀の線香を焚き、送り火を見送る人影。
二つは大きく、一つは小さな人影だ。

綺麗な送り火……家が一軒燃え崩れようとしていた。

「おめでとうこれで君は自由になった」

猫を抱いた長髪の美しい青年が、穏やかに言う。

もう殴られることもない
水に沈められたり
熱湯をかけられることもない

それは、その子供が家で虐待を受け続けていたことを示唆しているようだ。

もう一人の眼鏡の青年が言う。

「俺もそうだった」
「この人に」
「 天使に 助けてもらったんだ 

箱の中のカブトムシ

本日の講義は、ウィトゲンシュタインの有名な思考実験。

一人一つずつ箱を持っていて、中には「かぶと虫」と呼んでいる何かが入っていると仮定する。
それぞれは、それぞれの箱の中しか見れない。
他人の箱の中には自分と同じようなカブトムシが居るのは確認できない。

それは、人は、本当の意味で他人の心や痛みを理解するのは難しいという事だ。

講義が終わると、久能が指導教官の天達に話しかける。

暗号で話しかけてくる女性がいる。関わるべきか無視するべきか悩んでいると。

それに対して天達は応える。

これからあなたは多種多様な人間と関わる。
理不尽な要求も理解不能なことも多いだろう。

でもそれに誠心誠意対応していかないといけない。

他人と関わっていくことをおおいに進めながらも、

「犯罪に絡むようなら逃げてくださいよ」

、と釘を刺すことも忘れない天達だった。

大隣総合病院でのメンドクサイ男との出逢い

入院費を払うために病院に引き返した久能は、患者と思しき青年に絡まれる。

ぶつかっただけなのだが、ひどい剣幕で

「土下座しろ」

とまで言い出す。

それに対して久能は問う。

「本当に土下座でいいんですか?」

久能にとっては土下座など「ただの動作で心がこもっていなくても出来る」簡単なもの

それでも良いのかと詰め寄り、少なくとも土下座を求めてきた青年こそが、それをすごくイヤなんだろうと口にした。

青年は悪態をつきながらも久能を解放した。

彼の迷惑行為はいつものことだと、他の患者たちから知らされた。

桜の幹にピン止めされたメモ

約束の15:00。

ライカは現れず、一枚の封筒が桜の木にピンで留められていた。

桜にピンは嫌だな

と久能は思った。

中身は2枚の写真と2か所の住所。

その一軒の家が夜中に燃えて、子供だけが一人助かったと現座に居合わせた人が教えてくれた。

気づくと刑事の池本がいた。

池本の先輩格の青砥刑事が、線香の香りに気が付く。

そして、連想される都市伝説。

炎の天使が子供を虐待する親を
焼き殺しに来る

天使は美しく
お香の香りをふりまく

親を殺してほしい子供は、家の壁にマークを描くのだという。

…燃えた家の壁には、火の象形文字もようなマークが残されていた…。

久能は、猫を抱いた長髪の青年に気が付く。

「火事は怖いですね 子供だけでも助かって良かった」

それだけ言って彼は去っていったが、久能は何かを感じ見つめ続けていた。

久能はもうひとつの住所も訪れた。

そこもまた火事の痕跡。

一か月前に燃えたのだと、現れたライカが告げた。

「子供だけが助かった」

彼女が約束の場所に現れなかったことやこの状況など、説明を求める久能の言葉は無視された。

タクシーで二人が病院に戻ると、そこにも例のマークがしるされていた。

それはそれとして、桜の木にピンを刺すなと諭す久能。

「桜には悪かった もうしない」

彼女は素直にそういった。

「ただ桜がこの桜が咲くころには」

この世にいないけどな

暗号で語った彼女の言葉に、久能は遅ればせながら気が付く…。

足湯での再会

そこに顔見知りの梅津が現れる。

温室を潰すのをやめて、足湯にするのだという。

すでに出来上がったそこに、昼に絡んできた眼鏡の男がいた。

彼はいつも不機嫌そうだ。

久能は気にせず、自分が気になったことを話し始める。

男の耳に数字の6が書かれた真珠のピアスがあるのが気になったのだ。

あちこちの痛みで病院通いしている男だから、ヒーリング効果のある真珠を付けているのかと予想する。

久能の話に付き合いたくない男が立ち上がった目の先に、赤いブーベンビリアの花があった。

それを見て、男が苦しみ始める!

彼は赤が苦痛の元なのだという。

真珠は海の生体鉱物。
赤いルビーの対象の力を持つと言われている。

「気休めではあるんですが 効くといいですね」

思ったままが口に出る久能の性質。

思わず、会話に反応した男だが、やはり悪態をつきながら、その場を去っていった。

猫を抱いた長髪の青年が、彼を陸ちゃんと呼び止める。

火事場にいた久能のことが気になったようだ。

警察の犬かもしれない。

「厄介だったら燃やしちゃえばいい」

青年はこともなげに言った。

毒親を殺してくれる天使

病院の壁のマークが気になった久能は、池本刑事に報告する。

都市伝説はかなり広まり、程度の差こそあれ毒親に悩む子供たちがあふれているのか、そこら中に同じマークが見つかっているという。

度重なる放火事件で、先輩の青砥刑事はすでに、ある人物にめぼしを付けていた。

14歳にして放火をはじめ、起訴された事件以外にも余罪があると踏んでいる青年。
2年間医療少年院に入り、昨年出所している。

井原 香音人(いはら かねと)

10歳で自宅の火事で母親を亡くしている青年だ。

それは、猫を抱いて、火事現場にいた彼だ。

虐待されている子供の前に彼は現れる。

そして問う。

「燃やしてあげようか」

加害者の親を。

久能は、都市伝説の話を刑事と続けていた。

彼が気がかりなのは、“天使”が子供に親殺しを決めさせる行為だ。

久能の中で暗く思い何かが渦巻いているのを井原は感じる。

翌日、また病院の足湯で、久能はライカと話す。
彼女の言葉の端々からは、暗くはないが明らかに死の音色が感じられた。

そこに、陸が現れた。

振り向くとライカは居ない。

陸が久能に話しかけてくる。

「ちょっと話あんだけど」

スポンサーリンク

ミステリと言う勿れ10話までを無料で読む

ということで、ミステリと言う勿れ10話のネタバレ見てきましたが、やっぱり漫画なので、絵があったほうがより伝わりやすくて面白いですよね!

何より、超気になりますし!笑

今なら、U-NEXTを使えば、ミステリと言う勿れ10話を含めた月刊flowers2019年6月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

ミステリと言う勿れ10話の感想・考察

大御所田村由美の最新作。
新章もスタートしましたが、また重いテーマが来ました。

虐待&親殺し

単純に言えばどちらも止められるべき行為でしょうが、

「箱の中のカブトムシ」が実に暗示的です。

他人の痛みを真に理解することは出来ない。
自分の痛みを真に他人に理解させることは出来ない。

それは今の所、永遠に無理な気がします。

今後、そこを久能が例のごとく、少しうざいくらいに(笑)突いてくるのでしょう。

ライカはまだ謎の女性のままですが、登場のたびに死の気配を漂わせています。

まだまだ謎は続きます。

ミステリにしてミステリと言ってはいけないこの作品(笑)
今後も目が離せませんね。

U-NEXTで定期購読がおすすめですよ!

ミステリと言う勿れ10話についてのまとめ!

ミステリと言う勿れ10話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^

ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね!

今なら、U-NEXTを使えば、ミステリと言う勿れ10話を含めたベツコミ2019年5月号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

どうぞ他の記事もご覧くださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA