放置少女にハマってるよ♪

魔王城でおやすみネタバレ224話(最新話)!考察や感想も!【メンタル紙装甲(本)】

魔王城でおやすみの最新話224話は2020年12月23日の週刊少年サンデー2021年4・5号に連載されております!

ここでは、魔王城でおやすみの最新話である224話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認して見てね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→魔王城でおやすみネタバレ223話!考察や感想も!【進撃!!海神ポセイドン】

→魔王城でおやすみネタバレ222話!考察や感想も!【ふやけた魔王様】

スポンサーリンク

魔王城でおやすみ224話のネタバレ

魔導書・アラージフ

こんにちは、ボクは『禁断の魔導書』アラージフ。

人類の味方で囚われの姫をお助けする、超・超偉大な魔導書の彼だが今日も今日とて姫は他の魔物(本日はさっきゅん)と仲良くしているので困っている。

本当に姫は魔導書の価値をわかっていない……数百年ぶりに目覚めた時から変わらずに、雑に扱われたり催眠魔法ばかりかけさせられたりしている。

大体!魔物なんかと話すより魔術の一つでも覚えて……なんてことを魔導書が考えているとき、さっきゅんが今日のご飯は自分が魔術で加熱をするから…という発言が聞こえる。

最近魔術を勉強しているというさっきゅん……一生懸命つけようとするも火はなかなかつかない。

魔導書は姫に魔術を学んで欲しいのになぜ魔物が……しかし所詮魔物なのでダメダメだと見ていたが、あまりのさっきゅんの酷さにもっとムラなく魔力を出すように指示してしまう。

指示を聞いたさっきゅんはうまいこと火をつけることができた。

姫は鍋に火がついたのでお鍋に合う薬味を出して〜と準備を始める。

しかしさっきゅんは精霊がいる魔導書があることに気づき鍋のことそっちのけで目を輝かし、アラージフのことを超超高位の魔導書なんじゃないか…と評した。

普段姫に枕として扱われたり、便利ブックとして扱われていた魔導書はそんなさっきゅんの反応が一瞬で魔物なんて…という気持ちから嬉しそうなチョロい反応を見せるのだったーーー…。

姫との落差

魔物にしては見込みがあるんじゃないかな……なんて一瞬思う魔導書であったが、しかし魔物は魔物!魔物は魔導書を数百年も封印した相手!関わるだけ損だと言い聞かせる。

姫は魔導書のことを『アラージフ』っていうんだってと紹介。

魔導書はあんまり軽々しく魔物に名前を言わないでほしい……と言おうとしたが、いったところで魔物が分かるはずもないかと大丈夫かな、なんて思う。

実際姫も一切アラージフという名前にピンと来ていなかった。

しかしさっきゅんは『魔導書アラージフ』の存在を知っており、知った上で目を輝かせるもんで魔導書は嬉しさが爆発する。

さっきゅんは「すご〜〜〜い」を連呼、世界の偉大な魔導書ランキングにも載っているアラージフに会えたことが嬉しそうだった。

姫はすごいものだと知り、「確かに」…とクッションとしてのレベルが高いかな…なんて失礼な発言。

しかしさっきゅんは偉大な魔導書だと知ってアラージフのことを『様』付家で読んだりと魔導書は悪い気はしないのであった。

そんなニマニマしている魔導書のほっぺを姫はつつき、魔導書キライなんじゃなかったけ……とぼそっと悪い顔で囁いてきた。

姫のなんともいえない邪悪な目ったら……魔物の方は目がめちゃくちゃしている分魔導書は目の輝き逆だろう…と感じた。

それに普段から魔導書をまるで友達のように(ぞんざい)に扱ってくるけど、自分はもっと崇高な扱いを受ける本なんですよ!と再度確認する。

姫がぼそっと言った言葉をさっきゅんは聞こえてしまったみたいですごくしゅん…とする。

これに衝撃を受けた魔導書は一生懸命それを否定、キライなのは無作法な!!無礼な魔物……だから別にさっきゅんのことは…と言おうとしたが我に返ってそこは口ごもる。

そんな魔導書の発言を聞いた姫は「ソウナンダ…」と悪い顔でにっこり……この人は仕えるべき姫、仕えるべき姫だと魔導書は一生懸命自分に言い聞かせるのだったーーー…。

魔物のくせに

さっきゅんは魔導書が無作法な無礼な魔物がキライと言っていたので、自分はもっと礼儀正しくしよう…と地面に「はは〜っ」と言いながら膝をついた。

魔物のさっきゅんは膝をついて寝そべり……姫の寝そべりなんて仰向けしかないのに……と、さっきゅんの敬意に払い方にえらい満足するのだった。

鍋も食べ終わり、姫は安眠ポイント5億点獲得……と幸せそうにした。

満腹になったし寝る時間……姫は魔導書にも一緒に寝るように言ってベッドへと向かう。

さっきゅんは姫が寝るとわかったので部屋を後にしていった。

今日は魔導書にとっていつもと違う日ーーー…崇められて懐かしい感覚になることができた。

でもさっきゅんんも悪魔で魔物ーーーー…そう思うと少し寂しく思えた。

姫はまた魔導書を枕にして眠りにつく……それがなんだか変な体勢で魔導書は苦しそうにする。

そんな魔導書に触れるものーーー…それはさっきゅんだった。

さっきゅんは魔導書の首に温めようのタオルを巻いてくれ、また魔術のコツを教えて欲しいと言って別れた。

そんなやさしさの塊の行動を受けた魔導書は、魔物のくせになかなか見どころのあるやつだなぁ……と完璧に魔物に対する印象を帰変えるのであった。

後日、さっきゅんは最近妙に、魔術が上手くいくし行く先々に魔導書が落ちているんだと話すーーー…それもそのはず、魔導書が自らさっきゅんの助けになるように動いているのだからーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

魔王城でおやすみ224話の感想・考察

魔王城でおやすみの最新話いかがでしたでしょうか( ^ω^ )

後ほど記載します。

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、魔王城でおやすみ224話を含めた週刊少年サンデー2020年4・5号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認して見てね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください