魔王城でおやすみネタバレ203話(最新話)!考察や感想も!【君は王になる】

魔王城でおやすみの最新話203話は2020年7月15日の週刊少年サンデー2020年33号に連載されております!

ここでは、魔王城でおやすみの最新話である203話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

過去のネタバレはこっちだよっ

→魔王城でおやすみネタバレ202話!考察や感想も!【バグ取り姫】

→魔王城でおやすみネタバレ201話!考察や感想も!【アナザールート】

スポンサーリンク

魔王城でおやすみ203話のネタバレ

様子のおかしい魔王

チビ魔王は戴冠式前に部屋にいったん戻るーーー…係のものが式典の衣装をと話しかけてくるも、少し一人になりたいようで部屋から追い出すのだった。

「しっかりするのだ…我輩はこれから…誰にも頼らずやっていかねばならないのだぞ…!」

一人で…魔王として…魔王は鏡に向かってそう呟く。

そんな時、係の衣装を身に纏った姫とのろいのおんがくかが衣装を着替えましょうと部屋へと突入してきた。

魔王はさっきの係の人と違うことを不思議に思いながらも、2人を追い出すことはしないのだった。

のろいのおんがくかは姫の言っていた『様子がおかしいのは…魔王だよ。』という言葉が本当かと少々判断に苦しんでいた。

魔王があくましゅうどうし作のおはぎを発見した時、目の前から謎の女が出現したんだから普通に逃げ出す場面だろう…と、のろいのおんがくかは魔王の様子をおかしいとは思わなかったからだ。

しかし姫はレオのおはぎなら明らかな罠でも突っ込んで行くことを知っている。

それにあの時…魔王は姫を見るより前に辛い顔をしていた…姫はそれに気付いていた。

その姫の言葉を信じ、その魔王の様子のおかしさが未来の変わった原因なのならその理由を聞き出さないとなーーー…のろいのおんがくかはそう思うようにするのだったーーー…。

悩み?

原因を調べるため、のろいのおんがくかはまずは取り入っていこうと魔王の式典衣装を褒めた。

しかし魔王の反応はゲキ薄だった。

魔王の元気がなさすぎるのか…それとものろいのおんがくかの擬態が下手すぎるのか…。

そんな時姫がヘタクソとかいうレベルではない褒め方をした際、それでも魔王の反応が薄かったためのろいのおんがくかは魔王の元気がただないだけだと思うのだった。

でもこの状態はまずい…自然に聞き出せるのかとのろいのおんがくかは不安になる。

「………君、なんか悩んでない?」

そんな時姫がどストレートに魔王に質問する。

そんなストレートに聞いてもダメなんじゃないかとのろいのおんがくかは思うが、魔王は正直な子だったので姫の言葉に明らか動揺し始めた。

「………ね…なんでおはぎ食べなかったの?」

姫の問いに魔王は見ていたのかと驚きつつ、お腹が減っていなかったからーー…そう言おうとしたが、見事にお腹がなってしまった。

魔王は苦し紛れに『つぶあん派』になったためだ…レオの作るのはこしあんだからと説明する。

しかし2人は知っている…未来の魔王のあまりのこしあん好きを…。

「「それはウソ。」」

姫は実際の食べない理由はなんだと魔王にじりじり近寄っていくーーー…これに魔王は流石にこの2人が係のものではないと気付いて誰かを呼びに行こうとする。

「……また我輩は人に頼って…」

しかしハッとした魔王はそう呟いて立ち止まる。

魔王は昨日甘ったれを卒業したのだといい、2人は自分が撃退すると言って攻撃をし始めるのだったーーーー…。

相手を想う

このままではまた不穏な未来になってしまうーーー…もう一度姫は昨日の自分たちの行動を思い返してみる。

魔王の部屋荒らしをした…でも魔術的アイテムは取ってないしはずだとのろいのおんがくかは話す。

しかし姫は『いにしえのおふとん』を取ってしまっていたことを今思い出す。

のろいのおんがくかも姫が布団を持っていくのに馴れすぎて思考から完全に抜けていたのだ。

しかし布団のせいで未来があんな拗れ方するのかな…と考える。

そんな時魔王が昨日何枚もある布団だが、今日の戴冠式で『魔王』になるのが不安でその中の1枚だけあくましゅうどうしが裏にお守りふだを縫い付けてくれたと呟く。

魔王はそれで寝ようと思っていた…。

姫が持っていたのは『お守り札』がついていた布団…原因はこれである。

「…アイテム泥棒が出たってみんなは言ってたけど…我輩は、あくましゅうどうしが、自立を促すためにやってくれたんだと思う。」

魔王はあくましゅうどうしに頼ってばっかりだし、今までもきっと大きな負担をかけていたのではないかな…と思っていたのだ。

だから迷惑かけずにこれからは1人で頑張ろうと思ったそうーーー…それを聞いた姫は自分が布団を盗んでしまったと思わず言おうとする。

これをのろいのおんがくかに止められる…この時代で捕まったりしたらそれこそ元の魔王城には戻らないためだ。

2人は少し打ち合わせをし、実は出入りのクリーニング業者でふとんをフカフカに仕上げるように注文を賜っていたと嘘をつくことにする。

ふとんを受け取り、魔王はあくましゅうどうしが頼ることを拒んでいるわけではなかったのかと気づくことができた。

これで一安心…と、姫はさっきくすねたおはぎを、あくましゅうどう氏からの差し入れと言って魔王に差し出すーーー…しかし魔王は食べるのを躊躇った。

「でも…いくらあくましゅうどうしが頼ることを許してくれても 迷惑かけてることには変わりないのだ!…だからこれは…自立のチャンスと思って…」

そう言って魔王は受け取ったおはぎを戻そうとするーーー…これに姫は「だめ!」だと声を上げる。

あんなに楽しそうにおはぎを作ってる人を姫は見たことがないーーー…おはぎを作るのは大変…でも本当に楽しそうに作っている…それは10年先も。

「君だけが…相手を大好きなんじゃないよ…」

その姫の言葉に、魔王は涙を目にためておはぎを口にしたーーー…そのおはぎはとても美味しかった。

想ってくれる人がいるーーー…それだけで少し強く慣れた、そんな気がしたーーーー…。

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

魔王城でおやすみ203話の感想・考察

魔王城でおやすみの最新話はいかがでしたでしょうか♪( ´θ`)

今回は14ページと少し多めページ回でした!
しっかり大事なところまで読めたので満足です!

とりあえずチビ魔王がたくさん出てきたので可愛かったです…。
ほんとどのページ見ても可愛い…もちろんラストが最高潮ですがね。

魔王とあくましゅうどうし…相思相愛かよ…( ;∀;)

魔王はあくましゅうどうが大好きだからこそ…迷惑をかけているのでは…と心配していたんですね。

まだまだ幼いのに…立派だよ。

でもほんと…あくましゅうどうしは魔王大好きなんです。
これで魔王が離れてしまったらめちゃくちゃ悲しみますよ。

そんな姿…魔王も実際は望んでいないはずだし、2人が揃ってない未来はやっぱり嫌です。

魔王にそれを気付かせてあげられた姫はナイスです!
でも元の原因はてめぇだ!!!!!!笑

やっぱり布団がキーでしたね。

次回は巻頭カラーでの登場です(*゚▽゚*)
アニメの続報もあるとのことですので、より一層楽しみですね。

また1週間心待ちにしましょうϵ( ‘Θ’ )϶

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年サンデーの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年サンデーの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年サンデーネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、魔王城でおやすみ203話を含めた週刊少年サンデー2020年33号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
何かと話題のTIKTOKが気になる
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください