魔界の主役は我々だ!55話(最新話)!考察や感想も!【悪魔的議論】

魔界の主役は我々だ!の最新話55話は2020年2月18日の週刊少年チャンピオン2021年12号に連載されております!

ここでは、魔界の主役は我々だ!の最新話である55話のネタバレについてや、感想・考察を紹介していきたいと思います!

最新刊の情報も確認してみてね~

過去のネタバレはこっちだよっ

→魔界の主役は我々だ!54話!考察や感想も!【生徒会の支柱】

→魔界の主役は我々だ!53話!考察や感想も!【我々の活動日誌】

⬇︎原作の最新話はこちら⬇︎

→魔入りました!入間くんネタバレ192話(最新話)!考察や感想も!【欲しがりギャリー】

スポンサーリンク

魔界の主役は我々だ!55話のネタバレ

討論会

『解散選挙(タイマン)』ーー…それは師団から生徒会への宣戦布告。

複数の生徒が現生徒会に不満を持った場合、代表の師団を選び現生徒会と一騎打ちの全校投票を行う。

敗れた師団は即時解散となる。

そして今回生徒会への宣戦布告を行なったのは、風紀師団代表ロノウェ・ロミーエル。

彼を支持する理由は何よりその公約の素晴らしさにある……ロノウェ派応援演説をウツは行う。

授業日数を半分に、旅行休暇やレジャー施設設置など娯楽の拡充、自分たち悪魔にとってこれほど魅力的な施策があるだろうか。

これにアメリ派応援演説を対抗してシャオロンが行う。

悪魔学校が学業と位階昇級を目的とした機関……その前提がある以上現生徒会による秩序ある統治子そが必要だと思うのだと主張した。

争う後輩たちにグルッペンは嬉しそう。

それは“弁舌“の強さは時に魔力や腕力に優れた悪魔をも圧倒するからだ。

それを理解するのに今回の解散選挙は実にいい機会……団員たちの言論能力強化のために存分に利用する考えであった。

さて今回の争点『どちらの陣営を支持するか?』……我々師団における現時点での派閥内訳はロノウェ派(ウツ・トントン・ゾム)、アメリ派(シャオロン・ロボロ・チーノ)、それに無回答が他2人だ。

本番hこれからーーー…反対派や無党派どもを説き伏せ懐柔し、自陣に引き入れてみせよ……と討論会はスタートするのだったーーー…。

悪魔的議論

まずはロノウェ派のゾムが『楽しい』について語る。

学校にレジャー施設があったら毎日通うのが絶対に楽しくなると主張……するとロボロがそんなに遊びたいなら学校に行かないとウォルターパークにでも通ったら、なんていうがそういう意味ではない。

ここでシャオロンがぼそっ…と、ゾムがロノウェ側につくならもう遊ばない…なんて呟く。

これにゾムは過去のトラウマを思い出し、簡単にアメリ派へと寝返った。

ロノウェ派派今のやり方は汚いと抗議するが、グルッペン派相手の弱みに漬け込むのは人身掌握の基本中の基本……隙を見せた方が“悪“なのだというのでウツたちは黙り込むのだった。

ここでアメリ派は畳み掛ける気でチーノが魔界で一番重要なものが何なのかを思い出してください…と話し始める。

それはズバリ位階!自分たちが媚びへらうべきはより高い位階『6』のアメリ会長……と言っているときに、ウツからアメリ会長は乙女すぎるという理由で2位階ダウンしたという話を持ち出される。

2位階ダウンで位階はロノウェの方が上……チーノは簡単に寝返った。(しかしウツが言ったことは嘘、詐欺師チーノは簡単に雑な嘘に引っかかった)

しかし虚言・流言…これも有効!相手を煽動するには極めて有効な戦術なのだ。

これはなんでもアリな戦いーー…脅迫・誘惑・洗脳・賄賂、利用できるものは全て使う……グルッペンは熱く語る。

正しい方が勝つのではない、相手の心を掌握した方が勝つ……それが悪魔的議論なのだ。

しかしそう言ってるグルッペン自身が無回答……トップとしての見解を示してくれと両派から言われたのでグルッペンは自身の考えを話すことにする。

己の野心を叶えるために自分を律することも、欲望の赴くままに愉しむことも、全ては個人の自由でありいかなる存在からも強制・介入されるべきではないと考えているのだそう。

これを聞いた我々師団メンバーは意外とええこと言うな…と思うーー…のだったが、「つまり」とグルッペンはそもそも生徒会自体要らないない?という結論でずっこける。

我々には第三の選択肢が残されている……解散選挙当日における武力蜂起ならびに与野党両党の制圧、さあ今こそ立ち上がる時ーーー…そんなことを言う異常者をみんなで取り締まり黙らせるのであったーーー…。

ただちょっと

あれから我々師団内で色々話し合っては見たものの、改めて考えるとやっぱり“ロノウェ“の方が強かった。

演説聴いた時のワクワク感がアメリとは全然違った。

無回答だったショッピも、欲に塗れて堕落したアホがいっぱい見られそうだから…と言う理由でロノウェ派を選んだ。

ロボロはアメリ派のままだったが、でもそうなるわな…と納得のご様子。

悪魔はみんな面白いものに惹かれる性質……正直今のアメリ会長にそこまでの牽引力はない。

でも…だからこそ、なんでシャオロンがアメリ会長を支持し続けるのかロボロにはわからなかった。

シャオロン子そ楽しさを求めるタイプじゃないのかとロボロは聞いてみる。

あんだけ我々師団とモメてた生徒会を擁護する理由がどこにあるのか…気になった。

これにシャオロンは別に大した理由はない…と言う。

ただちょっと応援したい人たちがいたーー…ただそれだけなのだ。

それにせっかくもうちょっとで生徒会に認められそうだったのに、いきなり全部なしとか言われたらそれこそ面白くない…そう付け加えるシャオロン。

ロボロも少し思うことはあったが、それもそうかも…とシャオロンと共に部室へと戻るのだった。

決戦の日はもう目の前ーーー…解散選挙はどうなる!?

わたしの感想も忘れずに見ていってねっ 
下に書いたよ~
スポンサーリンク

魔界の主役は我々だ!55話の感想・考察

魔界の主役は我々だの最新話いかがでしたでしょうか( ´∀`)

まぁ……やっぱりロノウェ派は強いですよね。
やっぱり悪魔は楽しいこと大好きですもん。

まぁ人間も大好きですけどね!!!!!!(大声)

でもシャオロンの応援したい人たちがいる……てのは少しぐっときましたね。
楽しいこと大好きのシャオロン……普段はバカばっかですけど、こういう時少し彼の良さが出るというか…好きになれる面があるとこが良きです。

それについてるロボロもまぁ可愛いこと。

次回あのかっこいいアメリさん見れるんですかね…!
アメリさん大好きな身としては西先生の描かれるかっこいいアメリさんも見たいところです!

来週も掲載予定ですので楽しみにお待ちください( ^ω^ )

戻らないで( ノД`) 他作品も見て行って欲しいな( ノД`)
お姉ちゃん、、無理言わないの笑

週刊少年チャンピオンの他の作品も見てみよう!無料で読む方法も教えるね!

週刊少年チャンピオンの他作品もネタバレ記事書いてます♪見ていってくださいね(*’ω’*)

→週刊少年チャンピオンネタバレ一覧

文字じゃなくて漫画でみたいよ泣
お姉ちゃん
無料でみれるんだよ?

今なら、U-NEXTを使えば、魔界の主役は我々だ!55話を含めた週刊少年チャンピオン2021年12号も今すぐ無料で読めるので、登録してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

※無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません!

\解約方法はこちら!/

ちなみに今なら登録無料で1ヶ月お試し期間がついてきますし、登録後にあらゆる作品が楽しめる600ポイントがもらえますよ!(*’ω’*)

また、すぐに解約もできますので、どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると、追加料金の心配はないですね!

忘れっぽいお姉ちゃんでも安心だね笑
忘れないもん><

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*’▽’)

最新刊の情報も確認してみてね~

最後まで見てくれてありがとう!
大好きだよっ
お姉ちゃん、、調子いいんだから、、
スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください